古くて安っぽい照明器具をアイアンペイントでアンティークにリメイク!

古い照明器具のシェードをアンティーク調にリメイクしたアイキャッチ画像生活・健康
ミッキー
ミッキー

こんにちは、DIYが大好きなミッキーです。

ちょっと前は断捨離をしたこともあったのですが、最近は「なるべくいまあるものは捨てずに、工夫しておしゃれにリメイクする」のが我が家のいまのモットー。

気に入らないものを断捨離したらまた新しく買い直さないといけないので、環境にもおさいふにも優しくないですしね!

ということで、今回は、20年くらい前にダイエーで買った古いペンダントライトを、アンティーク風でおしゃれな照明器具にリメイクしていきたいと思います。

スポンサーリンク

リメイクするダイエーで買った古いペンダントライト(照明器具)

リメイクする前のペンダントライト(照明器具)

こちらがリメイクする予定の照明器具です。

これをペンダントライトというのか、シェードというのか、ライトというのかよくわからないのですが…。

お花のデザインのカバーでシャンデリア風なのですが、プラスチックなのでなんだか安っぽい感じ。

電球は、丸いタイプが4つでこれは結構気に入っています。LEDの電球色を使っています。

我が家は、最初は自分たちがどんなインテリアが好きなのかわからなくて試行錯誤したのですが、いまは、ミッドセンチュリー風+北欧風が好き。

ミッキー
ミッキー

なので、この照明器具はいただけません。

買った当初も、ものすごく気に入って買ったという訳ではなく、予算的に安かったので買ったという感じでした。

途中でもっとおしゃれな北欧タイプに何度か買い替えようとしたのですが、たまたまそのままに。

せっかくこんなに長い間我が家で使っていて、まだライトの機能もぜんぜん使えます。

すでにその存在自体がアンティーク!いうことで、見た目もアンティークに変えて、壊れるまではさらに長く使ってあげたいと思います。

目標とするアンティークな照明器具

照明器具のリメイクの目標とする画像

こんな風になったらいいなぁ、という希望の画像はこんな感じ。あくまでも希望です(笑)。レトロでおしゃれですてきですよね~。

このようなアンティークなシャンデリアやライトは、シェードの端がアイアン素材でデコレーションしてあることが特徴。

でも、我が家のお花のプラスチックのシェードにアイアン素材を巻き付けるのは、技術的に絶対に無理…。なので、一見アイアン素材にみえるペイントを塗ることにしました。

シェードの留め具や金具の部分も、同じくアイアン素材に見えるペイントを塗っていこうと思います。

シェードのリメイクに使用するターナーのアイアンペイント

今回のリメイクに使用するのは、わたしの愛用品、ターナーのアイアンペイントのブラックアンティークゴールドです。

ターナーのアイアンペイントの特徴は?

ターナーのアイアンペイントの特徴をまとめました。

アイアンペイントとは何かを示すインフォグラフィック

  • 塗るだけで鉄や金属のような質感になる水性ペイントです。
  • 水性なので臭いが少なく安心・安全。
  • 乾燥後は耐水性になります。
  • 木部や紙だけでなく塩ビパイプにもそのまま塗れます。
  • マルチプライマーを使用することでガラスや金属にも塗れます。
  • アイアン風の家具や雑貨へのリメイクにおすすめです。

8色展開。200mlで定価は1,200円です。

画像特徴
アイアンブラックまるで金属の鉄のようなブラック色に仕上がります。
アイアンブラウンアンティーク調の鉄っぽい茶色になります。
アンティークゴールドアンティーク調の深いゴールド色になります。
アンティークシルバーアンティーク調のシルバー色になります。
アンティークブロンズアンティーク調のブロンズ色になります。
ライトゴールドアンティークゴールドよりも明るめのゴールドです。
ブロンズグリーン時代と深みを感じる青銅のような質感を表現できます。
グリーンパティナブロンズグリーンよりも明るめの緑色の質感です。

ターナーといえばミルクペイント

ターナーといえばミルクペイントのほうが有名。原材料がミルクで安全・安心なので、いろいろな用途に使えるすぐれものです。

今回のリメイクではミルクペイントは使っていません。

ミルクペイントを説明するインフォグラフィック

くわしくはこちらをどうぞ

【DIYで大人気】オールドビレッジとターナーのミルクペイント♪
ミルクペイントはミルクが原料。においがなくて水性ですぐ乾き、環境に優しい安全性の高いペイントです。カラーも豊富で色々なところに塗れてとても便利。オールドビレッジのバターミルクペイントと、愛用のターナーのミルクペイントについてお伝えします!

照明器具にターナーのアイアンペイントを実際に塗っていきます

アイアン風にする部分はアイアンペイントのブラックでペイント

アイアンペイントを塗るシェードのアップの画像

まずは、シェードの端の部分とお花の切れ目のところにアイアンペイントのブラックを約5mm塗っていきます。

上の画像のような感じですね。

はみ出したくない方はマスキングテープを貼ってから塗るときれいに塗れますよ。

わたしは結構アバウトなのでそのまま塗っちゃいました。なので、ちょっとはみ出しているのはご愛敬♪

鉄の感じを出すためには滑らかに塗るのではなく、どちらかというと荒い感じに塗ったほうがニュアンスが出ていいと思います。

ミルクペイントと同様に、アイアンペイントも20分程で指で触ってもつかないくらいになります。

シェードの金属部分と留め具のプラスチックをアイアンペイントのアンティークゴールドでペイント

シェードの金具の部分をアイアンペイントで塗る前後の画像

次に、シェードの金具と留め具のところを塗っていきます。

このシェードは金具のところはもともとはライトゴールドの金属製。取付具のところのカバーはもちろんプラスチックです。

アイアンペイントは、金属にもプラスチックにも塗れるすぐれものです。プラスチックはものによっては直接塗れませんが、その場合はターナーのプライマーを下塗りするとしっかり密着してくれます。

ということで、アンティークゴールドをひたすら塗っていきました!金具のところもニュアンスを出すために、ちょっと粗めに塗っています。

アイアンペイントを塗ってリメイクが終了した照明器具

アンティーク調にリメイクしたライトの画像

ミッキー
ミッキー

乾燥できて仕上がりました!いかがですか?

所用時間は1時間くらい。そんなにかかりませんでした。

けっこう思ったよりもうまくアンティーク風になったと思います。金具のところもまるで最初から

金属だったような感じで、シャビーなゴールドになっていていい感じになっていると思います。

自己満足ですが(笑)。

ターナーのアイアンペイントを使った照明器具のリメイクのまとめ

古い照明器具のシェードのリメイクのまとめ:アイキャッチ画像

ターナーのアイアンペイントを使って長年使っている古い照明器具をおしゃれなアンティーク風なシェードにリメイクしました。

アイアンペイントは、いろいろなところに使えてとっても便利です。

家にあるものをリメイクすると、環境にもお財布にもやさしいので、ぜひ試してみてくださいね。

ほかにも天井の丸いシーリングライトと本当に昭和な照明器具をリメイクしましたので、また記事にしたいと思います!

タイトルとURLをコピーしました