Google Search Consoleの【ERR_INVALID_REDIRECT】エラーの対処法

ERR_INVALID_REDIRECT アイキャッチ画像パソコン

あるときから、Google Search Consoleのカバレッジのところにリダイレクトエラーが出るようになってしまいました。

でも、リダイレクトエラーが出ているURLは、「https://indoor-enjoylife.com/2019/08/24/」のように最後に日付が付いているページで、記憶ではこれまでそんなページを作成したことはありません。

Googleの検索窓に先ほどのURLを入れるとこのようなエラーが出てきてしまいます。

このページは動作していません。
Indoor-enjoylife.comから無効な応答が送信されました。
ERR_INVALID_REDIRECT

存在するページなら、そのURLから正しいURLにリダイレクトすればいいのですが、存在しないページなので、どうすればいいかわからない!

そうこうしているうちに、このようなページが12ページに増えてしまいました。

ミッキー
ミッキー

ググっても、なぜか同じような悩みを解決した人がいません。

しばらく放置していたのですがやっと解決策がわかったので、同じように悩んでいる方向けに、エラーをなくす手順を詳しく説明します。

スポンサーリンク

Google Search Consoleに表示されたリダイレクトエラー「ERR_INVALID_REDIRECT」

Google Search Consoleに表示されたのはこのようなエラーです。

20190824エラー・Google-Consoleカバレッジ

投稿一覧で探してみても、https://indoor-enjoylife.com/2019/08/24/というURLは使ったことがありません。

ただ、一つ思い当たることといえば、最初にパーマリンクの設定でURLの末尾に日付が入る設定にしていたので、この関係で作られたURLかも知れない、ということでした。

このURLをGoogleの検索窓に打ち込むとこのような↓エラーが出ます。

このページは動作していません。
Indoor-enjoylife.comから無効な応答が送信されました。
ERR_INVALID_REDIRECT
20190824エラー・無効な応答

エラー名はERR_INVALID_REDIRECTということがわかりました。

ググっても同じようなエラーを解決している記事がなくてしばらく放置していたところ、だんだんこのエラーが増えてきました。

しかも、2019年と半年くらい前のURLなのに、急に最近エラー表示されたりして意味がわかりません。

調べに調べたところ、取りあえずこのページを削除してしまえばいいのだ、ということがわかりました。

「404」ではなく「410」でウェブページを完全に削除

ページを削除する方法は2つあります。

  1. 404「Not Found」(ページが見つからない)を返す
  2. 410「Gone」(ページ消滅)を返す

このうち、「404」のほうが一般的ですが、「404」というのはページがなくなったわけでなく、アクセスできない状態を示しています。

「404」にしてもペナルティがあるわけではないようですが、今回は完全にないページですので、このウェブページが完全になくなったことを示す「410」で消滅させたほうが、SEO的には良い、ということがわかりました。

「410」を返すとGoogleがクロールすることはなくなりますし、「404」よりも速くインデックスから削除されます。

ミッキー
ミッキー

でも、このことがわかった後も、どうやって410を返すのかわからず…汗

もともと、先ほどの末尾に日付が入ったパーマリンクから普通のパーマリンクへのリダイレクトなどに、Wordpressのプラグイン「Redirection」を使っていました。

でもいろいろみても「410」を返す方法がわからず、また試行錯誤してやっとわかりました!

プラグイン「Redirection」を使うとカンタンに410設定ができる

プラグイン「Redirection」をインストール

まだ使っていない方は、Wordpressの左側のダッシュボード、プラグインの新規追加で追加しましょう。

プラグインの新規追加

検索窓でRedirectionを検索してインストールします。

プラグインRedirectionのインストール画面

インストールした後に有効にしておきます。

Redirectionを使って410を設定

① 管理画面→ツール→Redirectionを選ぶ

管理画面→ツール→Redirection

② 左上にある新規追加をクリック

Redirectionの新規追加の画像

③ 歯車のところをクリック

Redirectionの歯車のところ

④ 歯車を押すとメニューが増える

Redirectionの歯車を押してメニューが増えたところ

⑤ 410を設定したいURLを入力

URLを挿入してエラー404のところを押した画像

ソースURLのところにリダイレクトしたいURLを入力します。Query Parametersのところはそのままにしておきます。

次に、タイトルのところに、自分があとでわかりやすいようなタイトルを入力します。タイトルはなんでもいいですよ。

一致条件もデフォルトのままです。

「マッチした時」をクリックしてエラー (404)を選びます。

⑥ 410-消滅を選択

エラー404→410を選ぶ画像

⑦ 「転送ルールを追加」をクリックして完了!

410-消滅→転送ルールを追加を押す画像

⑧ 登録一覧に追加されているか確認

410消滅を登録した後の外観の画像

すると一覧にこのように表示されます。追加されていることを確認して完了です。

⑨ 念のために設定ができたかどうかを確認

20190824エラー・404

「410」設定をした場合、最初は「404(NOT FOUND)」と表示されます。Googleの検索窓に設定したURLを入れてこのように404と表示されていることを確認します。

Googleがインデックスした後にこのページは完全に削除されます。

410設定をした後にGoogle Search Consoleで修正完了を報告

修正が終わったので、Google Search Consoleの該当のエラーのところで【修正済み】のところをクリックしておきます。

ミッキー
ミッキー

この画像を取り忘れてしまいました…スミマセン。

クロールはなかなかこないので気長に待ちましょう!

410にリダイレクトしてリダイレクトエラーがなくなった!

エラー修正の場合、Googleのクロールはなかなか来ないんですよね。先ほどのエラーは1か月半くらいかかってやっとなくなりました。

リダイレクトエラーが減ってきたところの画像

この画像をみていただくと、2020年の1月にエラーが1つ、そして3月後半から徐々に増えて12個に増えていたのがわかります。

まだ別のURL(2019/08/06)のエラーが1つ残っていますが、ほかのエラーはちゃんとなくなっていますね。

Google Search ConsoleのERR_INVALID_REDIRECT エラーの対処法まとめ

ミッキー
ミッキー

プラグイン「Redirection」を使うとカンタンにエラーをなおすことができました!

エラーが出たのはすべて2019/月/日というパーマリンクで、なぜ急にエラーが出るようになったのかは謎のままですが、とりあえずエラーが解消されたので大満足です。

ERR_INVALID_REDIRECT エラーが出て困っている方はぜひ試してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました