ホットクック・レシピ【ヨーグルトの作り方】1回で550gできました。

ヨーグルトアイキャッチホットクック

我が家の味採点
★★★★★  調理時間:約8時間  Hot Cook 6時間 + 冷蔵庫で冷やす 2時間


ケン
ケン

市販のヨーグルトと牛乳でつくります。酸味もちょうど良い美味しいヨーグルトができあがりました。ハチミツをかけていただきました。

低温調理の機能を使って42℃で作ります。ホットクックの調理時間は6時間。けっこう時間がかかります。でもいつものように材料を鍋に入れてスタートボタンを押してしまえば、後はほったらかしなので、調理時間の長さはまったく気になりません。美味しいヨーグルトが出来上がりました。

材料は市販のプレーンタイプのヨーグルト50gと牛乳500mlだけです。これだけでヨーグルトが約550gできました。

市販のヨーグルトの値段はだいたい150円前後(400g入り)、牛乳は200円前後(1000ml)だと思うので、作ったヨーグルトの原価計算をすると ホットクックでは約120円で550gのヨーグルトができあがることになります。

わが家では毎朝フルーツグラノーラにヨーグルトをかけて食べています。ですので今回初めてつくったヨーグルトの一部50gを次の材料に使って、2回目のヨーグルトもおいしくできるかどうか検証してみようと思います。

これがうまくいけば、もう市販のヨーグルトは買う必要なくなるかもしれません。

3日後に、今回作ったヨーグルトを使って2回目のヨーグルトづくりに挑戦、検証してみました。結果は大成功でした!

またこの中から50gをつかって3回目を作って。。。を繰り返していけば、もう市販のヨーグルトを買う必要はありません。

材料原価も2回目以降は、牛乳500mlだけなので、約100円です。これでヨーグルトが550gできます。

スポンサーリンク

ホットクック・レシピ【ヨーグルトの作り方】: ワンポイント・アドバイス

  • 今回はじめてつくったヨーグルトの出来上がりの色は真っ白で酸味もちょうど良くできました。
  • ホットクックの正式レシピによると、もし酸味が強すぎたり、黄色くなる場合は次回から調理温度を1℃~3℃下げると良いようです。
  • ホットクック自動調理の低温調理では、スタートボタンを押した後1分以内であれば温度を±3℃まで変更できます。

「ヨーグルト」材料 * できあがりは約550g

  • 市販のヨーグルト:50g(プレーンタイプ)
  • 牛乳:500ml

「ヨーグルト」作り方

STEP 1:鍋・フタ・まぜ枝・スプーンを消毒する
  • 消毒は念のためやりましょう。思っていた以上に簡単です。特に煮沸消毒がおすすめです。
  • 内鍋、フタ、まぜ枝ユニット、材料をかき混ぜるスプーンを「アルコール消毒」または「煮沸消毒」します。
  • <アルコール消毒の場合>市販の台所・まな板用アルコール除菌液などをスプレーします。
  • <煮沸消毒の場合>内フタ、まぜ枝ユニットをセットして、鍋に材料をかき混ぜるスプーンと水200mlを入れます。

手動で作る → スープを作る → まぜない → 20分

→ スタート

加熱終了後は内鍋を本体から外して湯を捨て、保存用フタ

をして冷まします。

 

STEP 2:具材をホットクックの鍋に入れる

鍋に材料をすべて入れます。

 

STEP 3:スタートを押して調理開始♪

メニューを選ぶ → カテゴリーで探す → 発酵・低温調理 → ヨーグルト → スタート

 

STEP 4:完成!!

出来上がり後、鍋をとりだしフタをして常温で冷まします。鍋が手でさわれるほどになったら冷蔵庫でさらに冷まして完成です。

 

たくさんできるので、保存容器に移し替えて冷蔵庫で保存します。次回は、この保存分から50gを使って2回目のヨーグルトづくりに挑戦します。

 

ホットクック1.6L (2~4人家族用)

 

ホットクック2.4L (2~6人家族用)

ホットクック・レシピ本

タイトルとURLをコピーしました