ホットクック【特におすすめの美味しいレシピ30選】ランキング形式にしました!

ホットクックランキング30選アイキャッチ画像・オレンジホットクック

実際に作ってみておいしかった、ホットクックの人気レシピ1位~30位をランキング形式でお伝えします!

※ランキング更新日:2020年10月7日

以前のランキングは20位までだったのですが、おいしかったレシピが増えてきたので30位に増やしました。

ミッキー
ミッキー

ぜんぶおいしいのでランキングの順番はいつもすごく迷います。

ホットクックをお持ちでまだ作っていない方は、ぜひ作ってみてくださいね!

ランキング1~3位の画像

ランキング発表!!

スポンサーリンク

1位:豚丼

豚丼

ランキング1位の王冠アレンジレシピです。

不動の1位です。とにかくカンタンにできておいしい!

冷蔵庫に豚バラ肉と玉ねぎを用意しておけばすぐに作れます。お手軽ランチにもぴったりです。

ご飯がどんどんすすんでしまうおいしさなので、ご飯はたくさん炊いておいてくださいね。紅ショウガがあるとさらにおいしいです。

ぜひ一度作ってみてくださいね。

豚丼の記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【豚丼の作り方】美味しいのに準備がとても簡単
美味しい豚丼が手軽に簡単にできるので、豚バラ肉と玉ねぎだけは常に冷蔵庫に保存しておいて、献立に悩んだ時などは、何も考えずにサッとつくれるようにしておきたいです。使う食材は「肉と玉ねぎ」だけ。ホットクックの調理時間もわずか12分で助かります。

2位:トマトリゾットとトマトリゾット(改)

トマトリゾット食卓

ランキング2位の王冠

なんだか火加減が難しそうで自分で作るとおかゆができてしまいそう…。
ホットクックが我が家に来るまで一度もリゾットを家で作ったことはありませんでした。

ホットクックで最初に作った料理がトマトリゾットでしたが、これは間違いなく「イタリアンレストランの味」です!

どんなに疲れていても、どんなに食事を作るのがめんどくさくても、材料を入れるだけでラクチン。

玉ねぎを入れなくてもトマト水煮缶だけでも十分においしくできてしまいます。上にパルメザンチーズをかけるとさらに本格的!

その後、レシピをいろいろと試してみて一番おいしくできたレシピを「トマトリゾット(改)」として公開しました!

シンプルな具材とコンソメを使わず塩だけで調理するのですが、前よりさらにおいしくなったと思います。こちらのレシピも試してみてくださいね。

トマトリゾットの記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【トマトリゾット(改)の作り方】勝間和代さん推奨の輪島の海塩で!
約1年前にホットクックを購入して、最初につくった料理がトマトリゾットでした。簡単に本格リゾットが楽しめるのでこれまで、何回もつくってきました!結果、その中でも、いちばんおいしくできたレシピを具材、調味料、分量、写真と一緒に改めて公開します!
ホットクック・レシピ【トマトリゾットの作り方】本格イタリアンの味!
玉ねぎの甘み、きのこのうまみ、そしてソーセージの味が十分に出ています。パルメザンチーズ、タバスコをかけていただきました。きのこは、エリンギ、シイタケ、マッシュルームなど、なんでも美味しくできそうです。

3位:チキンと野菜の無水カレー

無水カレー

ランキング3位の王冠

無水調理はホットクックの得意料理です。

カレーは正直言って圧力鍋でも短時間でおいしく煮込めますが、圧力鍋は無水だと焦げてしまいますよね。

ホットクックはセンサーがかしこく判断して調理を進めるので、焦げることは一切ありません。

朝タイマーで予約調理をしておいて夜帰宅してから食べるだけ、というホットクックならではの便利な調理もできます。

玉ねぎからの甘みととり肉のうま味がたっぷり出て本格的な味わいです。

チキンと野菜の無水カレーの記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【チキンと野菜のカレー (無水カレー)の作り方】野菜だけの水分でつくる絶品カレー!
水を入れずに野菜からでる水分だけでつくります。野菜の甘みとカレーのコクが相まって何時間も煮込んだような深い味わいになります。材料を投入してしまえばあとはほったらかしなのに美味しいカレーができあがるので本当に便利です。野菜もたっぷりとれます。

4位:参鶏湯(サムゲタン)スープ

サムゲタンスープ

煮物が得意なホットクックならではの料理です。

鶏手羽元から出る鶏肉のうま味がぎゅっと濃縮されて、にんにくと相まってほっこりするとても深い味わいに仕上がります。

我が家では元々のレシピをアレンジしてお米を大目に入れてしいたけもプラス。スープではなく主食にしていただいています。こしょうを多めに入れてもとってもおいしいです。

ナツメやクコの実を入れた本格派のスープも作りましたが、こちらもさらに深い味わいでとってもおいしかったです。

サムゲタンスープの記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【参鶏湯(サムゲタン)風スープの作り方】とり肉の旨味とにんにくの風味がスープにたっぷり出ています!
鶏肉はとてもやわらかくなりますので、手羽先、手羽元、もも肉でもどれでもOKです。「もち米」より「普通のお米」の方が美味しいというのが我が家の感想です。なつめ、クコの実、松の実はなかったので今回は入れませんでしたが十分においしくできます!
ホットクック・レシピ【サムゲタン風おかゆスープの作り方】ナツメ、クコの実、松の実を入れると、さらに美味しくなります。
疲れている時や食欲がない時などにつくると無理なく美味しく食べられます。普通のスーパーでもクコの実と松の実は「中華コーナー」などで見つけることができます。ナツメは近くのスーパーでは見つからず、百貨店の調味料コーナーで見つけることができました。

5位:ローストビーフ

ローストビーフ

ローストビーフは大好きで、ホットクックが我が家に来るまではフライパンで焼いて作っていました。

焼き具合は、ミディアムレアで中をピンク色にしたいのですが、焼きすぎると固いウェルダンになってしまいますし、焼きが甘いと今度は中が生になってしまい、なかなかうまく作れませんでした。

でも!ホットクックで作ってみてびっくり!「低温調理」機能があるため、肉のうまみを閉じ込めながら時間をかけてゆっくり焼き上げます。

出来上がりの切り口は全体が同じほど良いロゼ色に仕上がります。野菜と一緒に低温調理するので、野菜の香りが牛肉のほうにほどよくうつります。

口に入れるととても柔らかく、肉のうまみと野菜の香りが口いっぱいに広がります。ぜひ作ってみてくださいね!

ローストビーフの記事はこちら↓

【ローストビーフ ホットクック】低温調理もすべて自動でおまかせ。
ローストビーフの切り口は全体が同じほど良い赤色、焼きムラもなく綺麗に仕上がりました。口に入れると柔らかく、肉のうまみが口いっぱいに広がります。牛肉と一緒に鍋に入れる野菜のうまみも肉にしっかりとしみこみ、ソース無しでも美味しくいただけます。

ローストビーフの応用編で牛肉のたたきも作ってみましたが、これも大成功!

やわらかくてジューシーでとてもおいしかったです。しそと味ぽんでいただきます。和風がお好みの方はこちらをどうぞ↓

牛肉のたたきの記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【牛のたたきの作り方】60度の低温で焼き上げます。切り口はちょうど良いピンク。ポン酢とわさび醤油で。
作り方はローストビーフと同じです。違いはローストビーフが肉と野菜を一緒に調理するのにたいして、牛のたたきは肉だけで調理するところ。しその葉(おおば)を薬味に使い、ポン酢とわさび醤油の2種類でいただきました。とても柔らかく美味しかったです。

↑目次に戻る

6位:チンジャオロース

チンジャオロース食卓-500x375

中華定食の定番、チンジャオロースです。中華料理もホットクックで簡単においしく作ることができます。

もちろん、CookDoなどの市販のソースは必要なく、家にある調味料で作れますよ~。

具材を鍋に入れてしまえば、ほったらかしでわずか10分ちょっとでできあがり!肉も野菜もたっぷりとれる、白ご飯と相性抜群の一品です!

チンジャオロースの記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【チンジャオロースの作り方】昔食べた中華定食の味を再現!
中華定食の定番、チンジャオロースもホットクックで簡単に、おいしく作ることができます。具材を鍋に入れてしまえば、ほったらかしでわずか10分ちょっとでできあがり!肉も野菜もたっぷりとれる、白ご飯と相性抜群の一品です!

7位:スペアリブ

スペアリブ

スペアリブもアレンジレシピです。

「孤独のグルメ」の「スペアリブ」があまりにおいしそうで作ってみたのですが、これがもう本当に絶品のスペアリブなんです。

やわらかくて味もちょうどよくて、付け合わせのマッシュポテトと一緒に食べるとバツグンのおいしさ!

スペアリブ、玉ねぎ、調味料があればカンタンに作れますので、ぜひ作ってみてくださいね。

スペアリブの記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【スペアリブの作り方】もう肉がトロトロです!
脂身のところは口に入れるだけですぐに溶けてなくなってしまいます。トマトケチャップをベースにしたシンプルな味付けですが、お酢の酸味があいまってどこか昔なつかしいほっとするおいしさです。つけあわせのマッシュポテトも抜群のおいしさでした!

8位:クリームシチュー

クリームシチュー

市販のクリームシチュー用のルーは必要ありません!

ルーを使った以上に味わい深く、ホッとするおいしさの絶品シチューが手軽にできあがります。

びっくりしたのはジャガイモ。ホットクックを使う前はお鍋で作っていたのですが、そのまま煮ているとジャガイモがどろどろになってしまうので、いったん取り出して最後にまた加えていました。

でも、ホットクックは自動センサーがあるので、もちろん煮崩れすることもまったくありません。これが本当に不思議なんですよね…。

ジャガイモだけでなく、玉ねぎはトロトロ、鶏肉もやわらかく、ニンジンもほどよいかたさに仕上がります。

これから寒い時期には心も体もあたたまる一品ですね。

クリームシチューの記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【クリームシチューの作り方】じゃがいもが絶品です。
市販のルーは使いません。それなのに味わい深くホッとするおいしいシチューができあがりました。特にじゃがいもが絶品です。もちろん煮崩れもしていません。スープはとろみがありながらも喉にひっかかるようなことはなく、とてもなめらかに仕上がりました。

9位:ラタトゥイユ

ラタトゥイユ

ラタトゥイユといえば、野菜たっぷりでトマトも使ってヘルシーで特に女性に大気のレシピ!

ホットクックの得意技「無水調理」で作るので、水は入れず野菜から出る水分だけで調理します。

おいしくつくる味付けのコツは、コンソメを使わないこと!素材のうまみをそのまま引き出すことのできる、勝間和代さん式の「塩のみ」で調理するところです。

野菜からのうま味とコクが出て、野菜たっぷりの体によくておいしいラタトゥイユがカンタンに出来上がります!

ラタトゥイユの記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【ラタトゥイユの作り方】無水調理と勝間和代さんの塩は最強!
ホットクックのラタトゥイユは、調理に水を使いません! 野菜からでる水分だけで調理する、ホットクックの得意技、「無水調理」でつくります。使う調味料は勝間和代さん式の塩だけ。野菜たっぷりのおいしいラタトゥイユができあがりました。

10位:蒸し野菜のバーニャカウダ

バーニャカウダと野菜

蒸し料理もホットクックの得意料理です。

野菜をゆでるとビタミンやうま味ががお湯に溶けだしてしまいますが、ホットクックだと野菜の持つ甘みやうま味、素材の味をしっかり残しつつ蒸すことができます。

また、センサーでそれぞれの野菜の固さを検知するので、やわらかくなりやすい野菜でもやわらかくなりすぎないように、固い野菜はほどよいかたさに仕上がります。スゴイっ!

蒸し野菜にはバーニャカウダがおすすめ。特に女性に人気のバーニャカウダですが、普通に鍋で作ろうとすると、生クリームを入れてから弱火にかけて焦げないように混ぜ続けないといけません。

ホットクックなら材料を投入するだけ!15分で出来上がります。

生クリームではなく牛乳でも作れるのであっさり目のソースも作れます。

アンチョビを冷凍庫に保存しておきさえすれば、冷蔵庫にある食材でいつでもおいしいバーニャカウダソースを作れてほんと便利ですね~。

蒸し野菜のバーニャカウダの記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【蒸し野菜のバーニャカウダの作り方】固さの違う数種類の野菜が、ちょうど良い加減で蒸しあがりました。
それぞれの野菜が持つ甘み、素材の味をしっかりと楽しむことができます。何もつけなくて蒸し野菜だけでもとても美味しくいただけます。あっさりしているので、ワインやビールにはホットクックで別にバーニャカウダソースをつくって食べるともう最高です。
ホットクック・レシピ【バーニャカウダソースの作り方】調理時間はわずか20分。牛乳でおいしくできあがります。
美味しいソースが「牛乳」でも「生クリーム」でも簡単にできます。牛乳ベースのバーニャカウダソースは生クリームベースよりもあっさりしています。それでいてアンチョビとにんにくの味つけはしっかりしていますし、ソースのとろみも申し分ありません。

 ここで一息お役立ちメモ

ミッキー
ミッキー

待ちに待ったホットクックのフッ素コート専用内鍋が別売りで発売スタート!

これで、くっついて困るような料理も気にせず作れるようになりました。気になる方は要チェック!

型番の末尾がFBになっているのがフッ素コートですので、購入するときは念のため間違えないようにしてくださいね。Fが「フッ素のF」を指すみたいです。

1.6Lはこちら(型番:TJ-KN1FB)

2.4Lはこちら(型番:TJ-KN2FB)

↑目次に戻る

11位:オイスターソースを使った中華炒め煮

オイスターソースを 使った中華炒め煮 3品

甲乙つけがたかったので、3つの中華炒め煮をまとめて11位にしました!

ホットクックとオイスターソースはとても相性が良くて、中華炒め煮はとてもおいしくできますし、失敗することもありません。

それぞれ使っている野菜と調味料の分量が違うので、似ているようで違う味わい!ささとカンタンにできますので、オイスターソースを準備してからぜひ作ってみてくださいね。

ごはんが進んで止まらなくなる3品です。

1品目:鶏とカシューナッツの炒め煮

鶏とカシューナッツ

メニュー名は炒め煮となっていますが、れっきとした中華料理の炒め物です。

やわらかくなったカシューナッツと鶏肉に片栗粉のあんがちょうどいい具合にからんで、なんともいえないおいしさです。

カシューナッツでもアーモンドでも試してみましたが美味しくできました。わたし自身はカシューナッツのほうが好みでした。

シンプルですが奥深い味わいになります。ごはんと一緒にどんぶり風にしてもおいしいですし、お酒のおつまみにも!

鶏とカシューナッツの炒め煮はこちら↓

ホットクック・レシピ【鶏とカシューナッツの炒め煮の作り方】安心のおいしさ!
ホットクックの得意技、無水調理でつくります。中華街で食べているような幸せな気分にさせてくれる熱あつの一品。お酒のおつまみにも良いですし、もちろん白ご飯にかけて丼ぶり風にいただいてもOK。何回つくってもまったくあきることのないおいしさです!

2品目:鶏とブロッコリーのオイスター炒め

鶏とブロッコリーのオイスター炒め

鶏とブロッコリーのオイスター炒めは本当においしいんです。ぜひ作ってみてください。

使用する調味料はにんにくとオイスターソースだけなのですが、野菜ととり肉からうま味がいっぱい出て深い深い味わいに仕上がります。

ブロッコリーはやわらかすぎることもなく、かと言ってかたすぎることもなくちょうどいい炒め具合。とり肉はやわらかくジューシーでいくらでも食べられるおいしさです。

パプリカを入れると彩りもはなやかになりますが、ブロッコリーだけでもおいしいです。

鶏とブロッコリーのオイスター炒めの記事はこちら↓

ホットクック【鶏とブロッコリーのオイスター炒め(改)】おすすめレシピ!
ビタミンC豊富なブロッコリーをおいしく頂ける絶品料理。野菜と鶏肉からでた旨味にオイスターソースとにんにくが加わった、あっさり系なのに深い味わい。油を使わない炒め料理なのでカロリーも抑えられます。ダイエットをしている方にもおすすめの一品です。

3品目:中華風彩り野菜と牛肉炒め煮

彩り野菜牛肉

アレンジレシピです。

アレンジレシピは、「いかに時短で楽においしくできるか」というのをコンセプトにチャレンジしているマイレシピです。

今回は、残りものの牛バラ肉と野菜でチンジャオロースをイメージして作ってみました。

どんな風にできるかドキドキだったのですがアツアツで味がしっかりしていて「本当においしい」。お酒にもごはんにもぴったりで、ごはんがどんどん進む味です。

中華風彩り野菜と牛肉炒め煮の記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【中華風彩り野菜と牛肉炒め煮の作り方】絶品本格中華!
中華の定番チンジャオロースを意識して調味料を配合しました。赤黄ピーマンは少し値段が高めですが調理すると柔らかく香りも良いので、普通のピーマンの食感や独特な香りが苦手な方でも美味しくいただけると思います。もちろん牛肉との相性もとても良いです。

12位:チリビーンズとチリコンカン(チリ)

チリビーンズ

ウエンディーズのチリビーンズが大好きだったのですが、近くのお店が閉まってしまい、もう食べれなくなってしまいました。

カルディでポークチリビーンズの缶詰を買ったりしていましたが、やっぱり缶詰はおいしくなくてイマイチ。

ホットクックでチリコンカンのレシピがあったのですが、最初はキドニービーンズやスパイスがなかったので、水煮大豆で作ってみました。

その後、ホットクックのレシピでキドニービーンズとチリパウダーやクミンを使うと、ウエンディーズ風のチリビーンズを簡単に再現することができました!

もう本当においしくておいしくて、毎日食べてもいいくらいです(笑)。野菜もトマトも豆も入って体にもよくておいしい!

メキシカンが好きな方も、チリコンカンを食べたことがないという方も、ぜひとも作ってみてほしいレシピです♪

チリビーンズの記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【チリビーンズの作り方】ウエンディーズの味をお家で再現
ホットクックで豆と野菜たっぷりの、ウエンディーズ風チリビーンズをたった40分で簡単につくることができます。栄養満点、香辛料もきいていて、ダイエットにも最適の一品。今ではキドニー豆をネットでまとめ買いしておき、いつでも作れるようにしています!

こちらは最初に作ったチリコンカンの記事です。

ホットクック・レシピ【チリコンカンの作り方】メキシカンな味わいが広がります!
深みのあるメキシカンの味わいが口の中いっぱいに広がります。 近くのスーパーで初めてチリパウダー購入しました。大学時代の南米の友人の影響でメキシカン料理は昔から大好きだったのですが、チリパウダーを買ったことはありませんでした。

13位:ナポリタン

ナポリタン

ホットクックに材料を入れておくだけでおいしいパスタができるなんて信じられないですよね?

野菜やベーコンだけでなくパスタも鍋に入れておけばいいだけなんて信じられない楽ちんぶりです。出来上がったナポリタンを初めて食べた時には「え~!!」もうびっくり!

ちゃんと鍋でゆでたように本当にアルデンテにできているんです。味付けもおいしくて、ほったらかしで作ったとは思えない仕上がりです。

ホットクックはまちがいなく文明の利器ですね、断言します!

ナポリタンの記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【ナポリタンの作り方】昔懐かしい素朴な味です!
パスタもそのままホットクック鍋に入れて作れます。パスタをゆでずに材料と一緒にホットクック鍋に投入するだけで美味しいナポリタンが出来上がるなんて、本当にホットクックはス・バ・ラ・シ・イ…。昔懐かしい素朴な味です。

14位:クラムチャウダー

クラムチャウダー

クラムチャウダーというと家で作るのが難しいイメージ。すぐに吹きこぼれてしまうし焦げたりすることもあります。

我が家でもずっとキャンベルのクラムチャウダー缶を愛用していました。

でも、ホットクックでクラムチャウダーを作ってみてびっくり!あさりのうまみがいっぱいのおいしいクラムチャウダーが出来上がります。

食べる前は、クラムチャウダーのコクがうまく出ないのではないかと心配していたのですが、とろみもちょうど良く、あさりはもちろん野菜のうまみもたっぷり味わえます。

ボリュームが結構あるので、クラムチャウダーとパンやライスだけでも夕食にじゅうぶんかもしれません。これから寒くなる季節にぴったりのレシピですね。

クラムチャウダーの記事はこちら↓

ホットクック【クラムチャウダー】市販のスープ缶では味わえない素材のおいしさ!
スープはあさりのうまみいっぱいです。とろみもちょうど良く、温かく幸せな気持ちにさせてくれます。野菜の味が最高。じゃがいものホクホク感、にんじんの甘さ、玉ねぎのうまみ。市販のスープ缶とは違う、素材のもつおいしさをたっぷり楽しめる絶品スープ!

15位:アクアパッツァ

アクアパッツア

作るのが大変そうだったので、ホットクックがなければ間違いなく一生作ることのなかったメニューです。

魚介類の出汁がじっくりと出ていて完全に高級レストランの味です。魚も全くぱさぱさすることもなく、ジューシーに仕上がります。

パーティで出せば料理上手と大絶賛されること間違いなし!

材料を投入するだけでカンタンなのに、ものすごく手間をかけて作ったように見えます!ぜひぜひ作ってみてください。

アクアパッツァの記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【アクアパッツァの作り方】魚やあさりからでたスープが絶品!
魚やあさりからでたスープが絶品です。スープはパンにつけて残さずたべてくださいね。 アクアパッツァなんて、ホットクックがなかったら一生作る機会がなかったかも知れません。こんなに簡単でおいしくてびっくりしました。包丁とまな板は必要ありません。

↑目次に戻る

16位:勝間和代さん式味付けトマトソースパスタ

トマトソーススパゲティ

アレンジレシピです。パスタをゆでるのがめんどうな方は必見です!

楽にほったらかしで美味しいトマトソースパスタが出来上がります。味の決め手は「塩」。勝間和代さんおすすめの塩分量である素材の0.6%を参考にしてつくりました!

仕上がったトマトソースは、絶妙な塩加減で絶品です。また、フタを開けたらそのままパスタを皿に盛り付け食べることができるので、本当に楽で助かります。

疲れたときにも作ってみてくださいね。

勝間和代さん式味付けトマトソースパスタの記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【勝間和代さん式味付けトマトソースパスタの作り方】パスタゆでが面倒な方は必見!
パスタゆでが面倒な方は必見!美味しいトマトソースパスタです。ホットクックの鍋にゆでる前の固いパスタをそのまま入れます。パスタを大きな鍋にお湯を沸かしてゆでる必要ありません。味の決め手「塩」は、勝間和代さんの塩分量を参考にしてつくりました!

17位:野菜スープ

野菜スープ

勝間和代さんの推奨されている「塩」だけで味付けした野菜スープです。

コンソメを入れないでどうして深いコクが出るの?と不思議なのですが、これがホットクックの得意分野。

野菜からうまみをひきだして、ふつうにお鍋で作るスープよりもとってもおいしいスープにしてくれます。

野菜を切って水と塩を投入してあとはスイッチを押すだけ。胃に優しくて、風邪のときや二日酔い、体調の悪いときにも最適のスープです。

冷蔵庫に残った野菜があるときもぜひ作ってみてくださいね!

野菜スープの記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【野菜スープの作り方】コンソメは必要ありません!
勝間和代さんの塩分量で味付けると野菜からでたうまみが口の中いっぱいに広がるおいしい野菜スープができあがります。我が家では近ごろ料理の味付けでコンソメを使うことが減りました。朝からいただいてもお腹にやさしい野菜たっぷりの健康スープです。

18位:筑前煮

筑前煮

筑前煮は体によくておいしいので大好きなのですが、色々な野菜を準備して皮をむいて切るのは結構大変です。

今回は、あらかじめ一口サイズに切ってあるスーパーのパックの野菜を買ってきて作ってみました。でも、パックの野菜で作った筑前煮は以前に鍋で作ったときにあまりおいしくない記憶が…。

でも、食べてみてびっくり!「あれ、野菜自分で切ったっけ?」と一瞬思ってしまうほどのお味だったんです。じっくり味がしみ込んでいてほどよく柔らかくて本当においしかったです。

こんにゃくはあく抜きのもの、鶏肉も切ってあるものを買ってくれば、ホットクックにパックの野菜、ちぎったこんにゃく、鶏肉、調味料を投入するだけでカンタンにできます。

スーパーのお惣菜は味が濃かったり保存料が入っていたりするので、「疲れたけれど野菜が食べたい!」というときにぜひ作ってみてくださいね。

筑前煮の記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【筑前煮の作り方】野菜もたっぷりいただけます
温かいのはもちろん、冷めても美味しいのが筑前煮の良いところです。野菜やこんにゃくは、あらかじめ一口サイズに切ってあるパック野菜を買ってつくりました。野菜パックを使うとさらに大幅に出来あがりまでの時間を短縮することができます。

19位:鶏のふっくらつや煮

鶏のふっくらツヤ煮

お弁当のおかずにも最適な鶏のふっくらつや煮です。

鶏皮のところどころに感じる香ばしさがたまりません。それでいて肉はびっくりするほどふっくらとやわらかくできあがります。

フライパンで作ると、つい硬くなりすぎたり焦げたりするのでコンロの前でずっと見ていないといけないですよね。

このレシピでは、いったん皮のところをフライパンで焼いたら、あとは調味料とともにホットクックに入れるだけ。

味付けは醤油ベースの少し甘みのあるやさしい味。隠し味のトマトケチャップがほのかに酸味を効かせていてとてもおいしい一品です。

鶏のふっくらつや煮の記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【鶏のふっくらつや煮の作り方】お弁当のおかずにも最適!
鶏皮のところどころに感じる香ばしさがたまりません。肉はふっくらとやわらかくできあがっています。味付けは醤油ベースの少し甘みのあるやさしい味。隠し味のケチャップがほのかに酸味をたしていて、とてもおいしい一品です。お弁当のおかずにも最適です。

20位:キーマカレー

キーマカリー

キーマカレー…カレーとカリー、一体どっちなんでしょう(笑)。

キーマカレーが好きなので元々よく作るのですが、フライパンで作るときは、焦げないように野菜を長い間炒めたりして結構手間がかかっていました。

ホットクックで作るキーマカレーはいろいろな野菜から出る水分で調理するので、調味料が少ないのにもかかわらずしっかりと本格的な味わいに出来上がります。

野菜をたくさん取れるので体にもいいですし、冷蔵庫に残っている野菜を使い切ってしまうこともできるので一石二鳥ですね。

キーマカレーの記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【キーマカレーの作り方】野菜・お肉・カレールーでOK!
野菜とお肉と市販のカレールーがあればカンタンにキーマカレーが作れます。基本の野菜のトマト(水煮缶でもOK)と何かお肉があれば、あとはどんな野菜を入れてもおいしくできますので、冷蔵庫の整理をする際にも便利なメニューですね。

 ここで一息お役立ちメモ

ミッキー
ミッキー

ホットクックの料理はいつも夫のケンが作ってくれてわたしはおいしく食べるだけ(笑)。

ホットクックが我が家に来るまでは電子レンジの使い方も知らなかったのですが、ホットクックにはまってくれて嬉しい限りです。

そんなホットクックの一番すごいところは「塩」だけで野菜や肉のうま味を引き出してくれること。コンソメはもう必要ありません!

これを教えてくれたのも勝間和代さん。勝間和代さんおススメでホットクック愛用者の御用達のオリーブオイルと塩を我が家もゲットして使ってみました。

まだ試したことのないかたは、一度は試してみてほしい調味料です!

↑目次に戻る

21位:ミートソース

ミートソース

ミートソースといえば、長い間弱火にかけて煮込まないとおいしくできない料理です。しかも鍋が焦げ付いたりトマトがコンロに飛び散ったりと後片づけも大変。

パウチやびんづめの市販のミートソースを買う方も多いと思いますが、ホットクックをお持ちの方ならぜひこのレシピで作ってみてくださいね。

材料を投入するだけで、30分でおいしいミートソースが手軽に仕上がります。

小分けにして冷凍しておいても食べられるので作っておくと何かと便利です。

ミートソースの記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【ミートソースの作り方】じっくり煮込んだ味が30分で
ミートソースといえば、長い間弱火にかけて煮込まないとおいしくできない料理でした。鍋が焦げ付いたりトマトが飛び散ったりで後片づけも大変!そんな悩みを解決してくれるのがホットクック。たったの30分でじっくり煮込んだしっかりした味が出ます。

22位:回鍋肉(ホイコーロー)

回鍋肉

フライパンで油をひいて炒めなくてもおいしい中華料理ができて、初めて作ったときはびっくり!

キャベツと味噌の甘みと豆板醤の辛さが効いていて、とてもおいしかったです。

キャベツも柔らかくなりすぎずほどよくシャキッと仕上がります。

使う油が少ないのでダイエットにもぴったりですね。材料と調味料を入れるだけなのに、なぜこんなにおいしくできるのか不思議です!

回鍋肉の記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【回鍋肉の作り方】野菜たっぷりスタミナ料理の定番!
キャベツの芯など固い野菜もたったの20分で食べやすい固さにできあがります。油を使っていないのにまるでフライパンで炒めたような本格中華の味。味噌の甘みと豆板醤の辛さがきいていて野菜をいっぱいいただけます。スタミナもつくダイエット料理です!

23位:シーフードのクリームパスタ

シーフードクリームパスタ

アレンジレシピです。

今回は、ホットクックのレシピ通りのコンソメは使わず、勝間和代さん式の「塩の量」で調理しました。

冷凍シーフードミックスを使ったのですが、心配だったのが冷凍ミックスのくさみ。冷凍シーフードミックスのくさみがいやで、フライパンで調理するときは必ずバターで炒めてから使っていました。

ホットクックでは、炒めずにそのまま投入するので、臭みがあるんじゃないかととっても心配でした。でも大丈夫!臭みはなぜかぜんぜんありませんでした。

魚介類のうまみが塩とオリーブオイルによって引き出されていて、とってもおいしかったです。

パスタも一緒に投入するので、別ゆでする必要がない時短レシピです。

シーフードのクリームパスタの記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【シーフードのクリームパスタの作り方】勝間さんの塩分量で!
コンソメは入れずに勝間和代さん式の「塩分量」で調理。使ったシーフードは冷凍ミックス。魚介類のうまみが塩とオリーブオイルによってひきだされた、おいしい魚介スープパスタを楽しむことができました。アスパラガスは絶品なので多めにいれてもOKです。

24位:八宝菜

八宝菜

八宝菜も回鍋肉と同じで、フライパンで炒めていないとは思えないおいしさに仕上がります。

フライパンで作る場合と違って油を使わないので、間違いなくダイエットにもいいですね。

びっくりしたのが、センサー機能でそれぞれの野菜の固さを調節するので、一つの野菜だけ柔らかくなりすぎるということもなく均等に仕上がっていることでした。

お肉もやわらかくなぜか臭みがなく仕上がります。ほんとうに臭みがないのはなぜでしょう…。

野菜がたっぷり取れてとてもヘルシーなのに濃厚なお味です。

ホットクックのおすすめレシピです。

八宝菜の記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【八宝菜の作り方】野菜もたっぷり本格中華の味!
調理時間は20分ですが、調味料の味がしっかりと野菜に染み込んで本格的な八宝菜の味になります。油を入れないのにこげません!とろっとしたあんが何ともいえずおいしく出来上がります。野菜がたっぷりとれるヘルシーメニューです。

25位:いなり煮こみ

いなり煮こみ

いなり煮こみのホットクックでの煮込み時間は55分と通常の煮物よりちょっと長めです。

というのも、いなり煮込みはふつうの鍋で作るとかなり長く煮込まないと、だしがじゅうぶんにしみ込まない料理なんです。

味付けはいなりずしのように甘辛い味ではなくもっと優しい味付けです。だし汁で時間をかけてじっくり煮込んだ、料亭で出てきそうな味に仕上がります。

いなりに詰めた「豆腐あん」との相性も抜群で、おいしいだし汁と良くあいます。

口に入れるとやわらかい豆腐あんとだし汁がじゅわっと出てきてとっても優しいおいしい味です。

いなり煮こみの記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【いなり煮こみの作り方】あっさりおいしくいただけます
だしを吸って煮こまれたいなりから、ちょうど良い甘さに仕上がった汁が口の中いっぱいに広がります。その次にくるのが豆腐あんのやさしい食感。にんじんのアクセントも加わり、あっさりとおいしくいただける料亭ででてきそうな一品です。

↑目次に戻る

26位:大根と豚肉のとろ~り煮物

大根と豚ひき肉のとろーり煮

ホットクックに大根と豚肉を切って入れるだけで、じっくり煮込んだ本当に優しい味わいの和食が味わえます。

片栗粉でとろみをつけているのでお汁もすべていただけます。

豚肉がレシピですが、手羽元や鶏肉と一緒に煮込んでももちろんおいしくできますよ。

三つ葉やしそなどの薬味を添えると一段とおいしさがアップ!柚子こしょうを少し添えても美味しいです。

大根があまってしまったときなどにもぜひ作ってみてくださいね。

大根と豚肉のとろ~り煮物の記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【大根と豚ひき肉でとろ~り煮物の作り方】優しい味!
調理時間は35分間だけですが、長い間煮込んだように大根がやわらかくほろほろになります。優しい優しい大好きな味です。風邪を引いたときなどに食べてもいいかも知れません。食べるときに混ぜると三つ葉がしなっとしてちょうどいい具合になります。

27位:牛肉のしぐれ煮

牛肉のしぐれ煮アイキャッチ

牛肉のしぐれ煮といえばごはんの定番のおかず。常備菜やお弁当に欠かせません。

ご飯がとまらないおいしさです。入れる調味料の種類は「牛丼」とほぼ同じですが、まったく違った「和食」の味わいになります。

牛肉バラ肉の場合は脂抜きを最初にしないといけないので、ちょっとめんどうな感じがしますよね。

でも、ささっとざるに入れて熱湯をかけるだけなので、実際やってみるとそんなに手間ではありませんでした。

安い切り落とし肉でも作れるのでコスパもいいですね。おすすめレシピです!ごぼうを入れてもよさそうです。

牛肉のしぐれ煮の記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【牛肉のしぐれ煮の作り方】水あめの代わりにハチミツで
牛肉は油抜きにて余分な脂やあくは鍋に入れる前に取っておくことをおすすめします。牛肉のしぐれ煮は少し味が濃い目の方がより美味しいので、しょうゆは多めにいれました。定番レシピは「水あめ小さじ2」とありますが、ハチミツと砂糖で代用できます。

28位:酸辣湯(サンラータン)

酸辣湯

我が家ではもともと酸辣湯(サンラータン)が大好きです。

ホットクックが家にきてから、もちろん何回も作ってみました。そうめんを入れて大失敗したり、麺をいれて酸辣湯麺を作ってみたり。

麺を入れるバージョンはまだ成功とはいえないのですが、この酸辣湯はとてもおいしくできました。お酢の酸味が何ともいえずいいんですよね。

豚肉と野菜のビタミンとお酢で、疲れた時の疲労回復にもぴったり。たまごでたんぱく質も取れます。

辛い物が好きな方はラー油をかけたりこしょうを大目に入れるとさらにおいしくいただけます!

酸辣湯(サンラータン)の記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【酸辣湯(サンラータン)の作り方】疲労回復にもおすすめ!
海外のレストランでは「ホット&サワースープ」と呼ばれています。直訳すれば「辛くて酸っぱいスープ」。疲れたときなどはとくにおすすめの一品です。豚肉と野菜が持つビタミンで疲労回復、そして「お酢」が疲れた体をやさしくいやしてくれます。

29位:いわしの骨までやわらか煮

いわしの骨までやわらか煮

ホットクックの得意な煮物料理です。小骨まですべておいしく食べられて口の中で骨がささるようなことがありません!

調理時間は2時間30分とすこし長めですが、ほったらかしでOK。出来上がり時間を設定できる予約調理ができるので早めに予約しておくといいですね。

以前作った「いわしの梅煮のレシピ」のように梅干しを入れてもとてもおいしいです。カルシウムが豊富で体にいい一品!

いわしの骨までやわらか煮の記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【いわしの骨までやわらか煮の作り方】予約調理も可能です!
小骨まですべて美味しく食べられます!口の中で骨がささるようなことがありません!ホットクックの調理時間は約2時間30分と長めですが、火加減の調整は不要、ほったらかしでOKなので気になりません。出来上がり時間を設定できる予約調理も可能です。
ホットクック・レシピ【いわしの梅煮の作り方】甘酢っぱさがやみつきになります
もう白ご飯がとまりません!梅干しだけでなく、梅干しから出たトロトロのエキスも、いっしょにホットクックの鍋に加えて調理したところ、梅の甘酢っぱさがさわやかな、おいしい「いわしの梅煮」ができあがりました。

30位:切り干し大根

切り干し大根

とてもおいしい切り干し大根がカンタンにできあがります。

切り干し大根と油揚げからジュッワっとおいしいおだしの味があふれてきて、濃さも甘さもちょうど良いレシピです。

切り干し大根はカルシウムなどの栄養素が高く、牛乳を飲むよりも効率よくカルシウムを摂取できるそうです。

また食物繊維も豊富で、腹持ちも良いためダイエットにも良いそうです。美容にもばっちりですね。

お惣菜として冷蔵庫に保存しておいて箸休めの一品にいかがですか?

切り干し大根の記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【切り干し大根の作り方】戻し汁も使います!
とてもおいしい切り干し大根ができあがりました。切り干し大根と油揚げからジュッワっとおいしいダシの味があふれてきて、濃さも甘さもちょうど良い感じです。にんじんは正式レシピにはありませんが、味がしみておいしいので、入れるのをおすすめします。

↑目次に戻る

ホットクック・ランキング1位~30位のまとめ

ホットクックランキングまとめ

ホットクックを購入してから作った中で、我が家の人気のレシピを1位~30位まで厳選してご紹介しました。

特におすすめのおいしいレシピばかりなので、ぜひ作ってみてくださいね。

ケン
ケン

これからもいろいろなレシピを試してみて、もっとアレンジレシピにも挑戦していきたいと思います!

ホットクックは、時短で手軽にできるのに、野菜たっぷり、油を使う量が少なくてヘルシーと、本当に言うことなし。

とてもおススメの調理器具です!

ランキングにのせたメニュー以外にも130以上のレシピをご紹介しています。カテゴリー別に料理を探したい方はこちらも併せてごらんくださいね。

【ホットクック・ レシピ】これまでに作ったメニューのリスト♪
これまでに記事にしたホットクックの料理メニューは130以上。ホットクックで作った料理をリストにしました。レシピが見つけやすいようにカテゴリー別になっています。オリジナルレシピのメニューも載せていますので、献立作りの参考にしてみてくださいね!

1年間ほぼ毎日のように使って感じた、ホットクックの魅力、選び方、2020年最新モデルの情報についてまとめた記事もあります。

ケン
ケン
これからホットクックの購入を検討されている方は、こちらも良かったら是非ご参考にしてみてください!
2020新機種【ホットクック5つの魅力】感想・レビューと選び方
今では我が家にとってなくてはならない存在となった「ホットクックの魅力」を実際に使ってみた感想・レビュー形式で紹介します。そしてホットクックをこれから購入してみようと考えられている方へ、おさえておきたい「選び方のポイント」について解説します。
2020年ホットクック最新モデルが、9月17日(土)発売開始!

人気の1.6Lタイプ、2020最新モデルです

こちらは人気の2.4Lタイプ、2020最新モデルです  

タイトルとURLをコピーしました