ホットクック【特におすすめの美味しいレシピ30選】ランキング形式にしました!

ホットクックアイキャッチ画像 202205ホットクック

実際に作ってみておいしかった、ホットクックの人気レシピ1位~30位をランキング形式でお伝えします!

※ランキング更新日:2022年5月14日

ひさしぶりにランキングを更新しました!

今回は、人気の「サラダチキン」や「オープンオムレツ」のほか、「シュクメルリ」というとってもおいしいジョージア料理、台湾屋台の定番「ルーローハン」などもランクインしています。

さらに、美味しい「お菓子」もランキングに入っていますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

ミッキー
ミッキー

ぜんぶおいしいのでランキングの順番はいつもすごく迷います。

ホットクックをお持ちでまだ作っていない方は、ぜひ作ってみてくださいね!

なお、ランキングの他にもこの記事のいちばん最後「まとめ」のところで、我が家でこれまで作ってきた300種類以上のレシピを和食、中華、どんぶりなど、カテゴリー別にぜんぶご紹介しています。興味のある方はぜひこちらもチェックしてみてくださいね!

ランキング1~3位の画像

ランキング発表!!

スポンサーリンク

1位:豚丼

豚丼

ランキング1位の王冠アレンジレシピです。

不動の1位です。とにかくカンタンにできておいしい!

冷蔵庫に豚バラ肉と玉ねぎを用意しておけばすぐに作れます。お手軽ランチにもぴったりです。

甘辛でご飯がどんどんすすんでしまうおいしさなので、ご飯はたくさん炊いておいてくださいね。紅ショウガがあるとさらにおいしいです。

ぜひ一度作ってみてくださいね。

豚丼の記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【豚丼の作り方】美味しいのに準備がとても簡単
美味しい豚丼が手軽に簡単にできるので、豚バラ肉と玉ねぎだけは常に冷蔵庫に保存しておいて、献立に悩んだ時などは、何も考えずにサッとつくれるようにしておきたいです。使う食材は「肉と玉ねぎ」だけ。ホットクックの調理時間もわずか12分で助かります。

2位:トマトリゾット

トマトリゾット食卓

ランキング2位の王冠

なんだか火加減が難しそうで自分で作るとおかゆができてしまいそう…。
ホットクックが我が家に来るまで一度もリゾットを家で作ったことはありませんでした。

ホットクックで最初に作った料理がトマトリゾットでしたが、これは間違いなく「イタリアンレストランの味」です!

どんなに疲れていても、どんなに食事を作るのがめんどうでも、材料を入れるだけでラクチン。

玉ねぎを入れなくてもトマト水煮缶だけでも十分においしくできてしまいます。上にパルメザンチーズをかけるとさらに本格的!

その後、レシピをいろいろと試してみて一番おいしくできたレシピを「トマトリゾット (改)」として公開しました!

シンプルな具材とコンソメを使わず塩だけで調理するのですが、前よりさらにおいしくなったと思います。

こちらのレシピも試してみてくださいね。

トマトリゾットの記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【トマトリゾット(改)の作り方】勝間和代さん推奨の輪島の海塩で!
約1年前にホットクックを購入して、最初につくった料理がトマトリゾットでした。簡単に本格リゾットが楽しめるのでこれまで、何回もつくってきました!結果、その中でも、いちばんおいしくできたレシピを具材、調味料、分量、写真と一緒に改めて公開します!

こちらは最初に作ったときのレシピです。

ホットクック・レシピ【トマトリゾットの作り方】本格イタリアンの味!
玉ねぎの甘み、きのこのうまみ、そしてソーセージの味が十分に出ています。パルメザンチーズ、タバスコをかけていただきました。きのこは、エリンギ、シイタケ、マッシュルームなど、なんでも美味しくできそうです。

3位:チキンと野菜の無水カレー

無水カレー

ランキング3位の王冠

無水調理はホットクックの得意料理です。

もちろん、カレーなら圧力鍋でも短時間でおいしく煮込めます。でも、圧力鍋で無水にすると焦げてしまいますよね。

ホットクックはセンサーがかしこく判断して調理を進めるので、焦げることは一切ありません。

朝タイマーで予約調理をしておいて夜帰宅してから食べるだけ、というホットクックならではの便利な調理もできます。

玉ねぎからの甘みと鶏肉のうま味がたっぷり出て本格的な味わいです。

チキンと野菜の無水カレーの記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【チキンと野菜のカレー (無水カレー)の作り方】野菜だけの水分でつくる絶品カレー!
水を入れずに野菜からでる水分だけでつくります。野菜の甘みとカレーのコクが相まって何時間も煮込んだような深い味わいになります。材料を投入してしまえばあとはほったらかしなのに美味しいカレーができあがるので本当に便利です。野菜もたっぷりとれます。

ほかにもおいしいカレーのレシピをたくさんご紹介しています。

我が家で作ったホットクック・カレーの全レシピはこちらからどうぞ!

ホットクック【カレー】我が家で作った全レシピをご紹介します!
カレーの日はなぜか心がうきうき!簡単に作れるカレーから、ちょっと手間をかけて作るカレーまで全20品をまとめました!ホットクックで作るカレーは具材のうまみを引き出してくれてとても美味しく仕上がります。やっぱりホットクックは凄いです!

4位:参鶏湯(サムゲタン)スープ

サムゲタンスープ

参鶏湯(サムゲタン)スープは、煮物が得意なホットクックならではの料理です。

鶏手羽元から出る鶏肉のうま味がぎゅっと濃縮されて、にんにくと相まってほっこりするとても深い味わいに仕上がります。

我が家では元々のレシピをアレンジしてお米を大目に入れてしいたけもプラス。スープではなく主食にしていただいています。こしょうを多めに入れてもとってもおいしいです。

ナツメやクコの実を入れた本格派のスープも作りましたが、こちらもさらに深い味わいでとってもおいしかったです。

サムゲタンスープの記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【サムゲタン風おかゆスープの作り方】ナツメ、クコの実、松の実を入れると、さらに美味しくなります。
疲れている時や食欲がない時などにつくると無理なく美味しく食べられます。普通のスーパーでもクコの実と松の実は「中華コーナー」などで見つけることができます。ナツメは近くのスーパーでは見つからず、百貨店の調味料コーナーで見つけることができました。

こちらは、ナツメやクコの実がなくてもおいしい、簡単に作れるサムゲタンスープです。

ホットクック・レシピ【参鶏湯(サムゲタン)風スープの作り方】とり肉の旨味とにんにくの風味がスープにたっぷり出ています!
鶏肉はとてもやわらかくなりますので、手羽先、手羽元、もも肉でもどれでもOKです。「もち米」より「普通のお米」の方が美味しいというのが我が家の感想です。なつめ、クコの実、松の実はなかったので今回は入れませんでしたが十分においしくできます!

5位:ローストビーフ

ローストビーフ

我が家オリジナルの作り方です。この方法で作ると野菜のうまみがお肉にしみ込んで絶品の仕上がりになります!

ローストビーフは大好きで、ホットクックが我が家に来るまではフライパンで焼いて作っていました。

焼き具合は、ミディアムレアで中をピンク色にしたいのですが、焼きすぎると固いウェルダンになってしまいますし、焼きが甘いと今度は中が生になってしまい、なかなかうまく作れませんでした。

でも、ホットクックで作ってみてびっくり!「低温調理」機能があるため、肉のうまみを閉じ込めながら時間をかけてゆっくり焼き上げることができます。

出来上がりの切り口は、全体がほど良いロゼ色に仕上がります。また、野菜と一緒に低温調理するので、野菜の香りも牛肉の方にいい具合にうつりますよ~。

口に入れるととても柔らかく、肉のうまみと野菜の香りが口いっぱいに広がります。ぜひ作ってみてくださいね!

ローストビーフの記事はこちら↓

【ローストビーフ ホットクック】低温調理もすべて自動でおまかせ。
ローストビーフの切り口は全体が同じほど良い赤色、焼きムラもなく綺麗に仕上がりました。口に入れると柔らかく、肉のうまみが口いっぱいに広がります。牛肉と一緒に鍋に入れる野菜のうまみも肉にしっかりとしみこみ、ソース無しでも美味しくいただけます。

ローストビーフの応用編で牛肉のたたきも作ってみましたが、これも大成功!

やわらかくてジューシーでとてもおいしかったです。牛肉のたたきはしそと味ぽんでいただきます。和風がお好みの方はこちらをどうぞ。

牛肉のたたきの記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【牛のたたきの作り方】60度の低温で焼き上げます。切り口はちょうど良いピンク。ポン酢とわさび醤油で。
作り方はローストビーフと同じです。違いはローストビーフが肉と野菜を一緒に調理するのにたいして、牛のたたきは肉だけで調理するところ。しその葉(おおば)を薬味に使い、ポン酢とわさび醤油の2種類でいただきました。とても柔らかく美味しかったです。

↑目次に戻る

6位:サラダチキン

サラダチキン食卓

初登場でなんと6位にランクイン!

コンビニで売っているサラダチキンは、気軽にたんぱく質が取れてヘルシーな人気メニューですね。でも、もうコンビニのサラダチキンは食べれませんよ(笑)。

ホットクックで作ると「チキンってこんなにジューシーなんだ」とびっくりすること間違いなしです。

ジューシーでやわらかいサラダチキンがカンタンに出来上がります。ホットクックを持っていてよかったと思える一品です。

サラダチキンは、2020年9月以降に発売されたホットクックで「自動調理」できるメニューですが、前の機種でもおいしくできるように研究を重ねました!

多めに作って冷蔵庫に入れておくと、サラダ・パスタ・お弁当など、いろいろな用途に使えて便利です。出来立てもおいしいですが、冷めてもおいしい一品です。

サラダチキンの記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【サラダチキンの作り方】新機種でも旧機種でも美味しく作れました!
サラダチキンを作りました。ジューシーでやわらかく、とても美味しくできました。調味料は自分好みの調味料で味付けできるのでいろいろな味のバリエーションを楽しめそうです!簡単に出来て2~3日であれば冷蔵庫で保存できるので、これまでに何回も作っています!

7位:スペアリブ

スペアリブ

スペアリブもアレンジレシピです。

「孤独のグルメ」の「スペアリブ」があまりにおいしそうで作ってみたのですが、これがもう本当に絶品のスペアリブなんです。

やわらかくて味もちょうどよくて、付け合わせのマッシュポテトと一緒に食べるとバツグンのおいしさ!

スペアリブ、玉ねぎ、調味料があればカンタンに作れますので、ぜひ作ってみてくださいね。

スペアリブの記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【スペアリブの作り方】もう肉がトロトロです!
脂身のところは口に入れるだけですぐに溶けてなくなってしまいます。トマトケチャップをベースにしたシンプルな味付けですが、お酢の酸味があいまってどこか昔なつかしいほっとするおいしさです。つけあわせのマッシュポテトも抜群のおいしさでした!

8位:オープンオムレツ

半自動オープンオムレツ食卓

こちらも初登場で8位にランクインです!

オープンオムレツはもちろんフライパンでも作れます。でも、卵料理って火加減が案外むずかしいですよね。

ホットクックで作ると具材を入れてスイッチを押すだけで、あとは自動で作ってくれるのでおまかせでラクチンです。

冷蔵庫の中のあまった野菜を入れて作ることもできますし、ケチャップをつけて食べてもおいしい!

お子さまからお年寄りの方まで、万人に愛されるメニューだと思います。

我が家も初めて作ってからおいしくできるまで研究を重ね、いろいろ具材を変えながらもう何回も楽しんでいます。

ぜひ作ってみてくださいね♪

オープンオムレツの記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【オープンオムレツの作り方】一番のおすすめは半自動でつくる方法!でもどれも美味しいです!
出来上がったオムレツを切り分けて食べてみると、中がふんわりと仕上がっていてとても美味しいです。具材を色々変えることで違った味のバリエーションを楽しめそうです!週末は朝からワインを片手に楽しんでしまいました!ホットクックの新しい機種でも、旧機種でも、どちらでも美味しく作ることができました!

9位:親子丼

親子丼食卓

アレンジレシピの親子丼です。

親子丼といえばフライパンで作るのが定番ですが、ホットクックのいいところは具材を入れたらあとはほったらかしにできるところ。

材料も玉ねぎ、たまご、鶏肉だけ。お昼ご飯にさっと作れる便利な一品です!

準備と調理時間もわずか15分ちょっとで、おいしいどんぶりものを気軽に作ることができます。

めんつゆがあるとささっとコクがある味で作れるので、できればめんつゆを使うことをおすすめします。

親子丼の記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【親子丼の作り方】めんつゆでさらに味に深みがでます!
ホットクックで親子丼をつくりました!ホットクックであれば何といってもほったらかしで、火加減など気にする必要なし!鍋に具材をいれてしまえばあとはほったらかしでOKです。溶き卵を加えて加熱延長2分。半熟卵のおいしい親子丼を楽しみました!

10位:定番中華料理:青椒肉絲・エビチリ・回鍋肉・麻婆豆腐・酢豚

中華料理はホットクックの得意料理です。今回はどれも甲乙つけがたかったので、5つの定番の中華料理をまとめて10位にしました!

ごはんがすすんで止まらなくなる5品です。

1品目:チンジャオロース(青椒肉絲)

チンジャオロース食卓-500x375

中華定食の定番、チンジャオロース(青椒肉絲)です。ホットクックで簡単においしく作ることができます。

もちろん、CookDoなどの市販のソースは必要なく、保存料無添加、家にある調味料で作れますよ~。

具材を鍋に入れてしまえば、ほったらかしでわずか10分ちょっとでできあがり。お肉も野菜もたっぷりとれる、白いご飯と相性抜群の一品です!

チンジャオロースの記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【チンジャオロースの作り方】昔食べた中華定食の味を再現!
中華定食の定番、チンジャオロースもホットクックで簡単に、おいしく作ることができます。具材を鍋に入れてしまえば、ほったらかしでわずか10分ちょっとでできあがり!肉も野菜もたっぷりとれる、白ご飯と相性抜群の一品です!

2品目:エビチリ

エビチリアイキャッチ

エビチリもアレンジレシピです。

甘辛い海老チリソースがもう本当にびっくりするほどおいしくて絶品のレシピです。

トマトケチャップがとてもいい仕事をしていて、海老チリソースだけでごはんが食べれるくらいです(笑)。エピもぷりぷりでした。

豆板醤が小さじ1で少な目なのでそれほど辛くはないと思いますが、お好みで調節してみてくださいね。

エビチリの記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【エビチリの作り方】本格中華料理の味が家で簡単に再現!
エビがぷりぷりの食感に仕上がります。甘辛いエビチリソースも絶品です。中華料理の定番のひとつエビチリがこんなに簡単に自動で作れるのは嬉しい限り。短時間で作れるので、ホットクックで2品以上作りたい日にもおすすめです。

3品目:ホイコーロー(回鍋肉)

回鍋肉

フライパンで油をひいて炒めなくてもおいしい中華料理ができて、初めて作ったときはびっくり!

キャベツと味噌の甘みと豆板醤の辛さが効いていて、とてもおいしかったです。

キャベツも柔らかくなりすぎずほどよくシャキッと仕上がります。

使う油が少ないのでダイエットにもぴったりですね。材料と調味料を入れるだけなのに、なぜこんなにおいしくできるのか不思議です!

回鍋肉の記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【回鍋肉の作り方】野菜たっぷりスタミナ料理の定番!
キャベツの芯など固い野菜もたったの20分で食べやすい固さにできあがります。油を使っていないのにまるでフライパンで炒めたような本格中華の味。味噌の甘みと豆板醤の辛さがきいていて野菜をいっぱいいただけます。スタミナもつくダイエット料理です!

4品目:マーボ豆腐(麻婆豆腐)

マーボー豆腐改アイキャッチ

やっと納得のいく麻婆豆腐ができました!!こちらもアレンジレシピです。

麻婆豆腐はもともと大好きなのですが、レシピ通りだと味もあんのとろみも納得がいかず、何十回も試行錯誤をくりかえしました。

いろんな方法を試してやっと思った通りの味になったので今回(改)レシピを公開しました。

レストランやテイクアウトでいただく麻婆豆腐に勝る自信作です!麻婆豆腐が好きな方はぜひ作ってみてほしい一品です。

辛い物が苦手な場合は花椒粉(ホワジャオフェン)は抜いて豆板醤を減らしたり、逆にしびれがほしい場合は多めにしたりとお好みで調節してみてくださいね。

マーボ豆腐の記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【マーボ豆腐(改)の作り方】フッ素コート鍋の力で本格麻婆豆腐!
はじめてホットクックで麻婆豆腐を作ってから、これまで何回も試行錯誤を繰り返し、おいしくできるように工夫してきました!今回やっと満足できる一品ができあがりましたのでレシピを公開します!レストランやテイクアウトの麻婆豆腐にも勝る自信作です!

5品目:酢豚

酢豚食卓

中華で定番の人気料理「酢豚」です。

お子さまでも食べやすい、トマトケチャップとお酢で作った素朴でやさしい味の酢豚です。

酢豚というと作るのが大変そうですが、豚肉を油で揚げなくていいのがこのレシピのポイント。

自宅にある調味料で手軽に作れるので試してみてくださいね。

酢豚の記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【酢豚の作り方】豚肉は揚げなくてもOK!昔懐かしい味です。
味付けの主役はトマトケチャップと酢。昔懐かしい素朴な味の酢豚です。豚肉は油で揚げなくてもおいしくいただけます。最初に豚肉だけホットクックで軽く炒め、次に野菜と調味料を入れて加熱延長4分で出来上がりです。

↑目次に戻る

 ここで一息お役立ちメモ

ミッキー
ミッキー

待ちに待ったホットクックのフッ素コート専用内鍋が別売りで発売スタート!

これで、くっついて困るような料理も気にせず作れるようになりました。気になる方は要チェック!

ケン
ケン

わが家も、早速購入しました!

フッ素コート内鍋が家に届いてから3カ月の間使ってみた感想、レビューは、こちらをどうぞ!

ホットクック【ステンレスvsフッ素コート内鍋】3か月使ったレビュー!
この記事では、ホットクックから新発売された「フッ素コートの内鍋」を使い続けてみた感想・レビュー、さらにステンレス製の内鍋で作った場合との比較についてお伝えしています。特に違いのある料理については、写真も使って詳しくご紹介します。

フッ素コート内鍋は、型番の末尾がFBになっています。購入するときは念のため間違えないようにしてくださいね。Fが「フッ素のF」を指します。

1.6L用フッ素コート専用内鍋(型番:TJ-KN1FB)

2.4L用フッ素コート専用内鍋(型番:TJ-KN2FB)

1.0L用フッ素コート専用内鍋(型番:TJ-KN05FB)

↑目次に戻る

11位:煮込みハンバーグ

煮込みハンバーグアイキャッチ

アレンジレシピです。お肉がジューシーで味も深みがあってすごくおいしい!

今回はホットクックで作っておいたデミグラスソースを使いましたが、もちろん市販のソースでも作れます。

ただ、ホットクックのデミグラスソースは、玉ねぎとキノコがあれば市販のソースの3缶分が1回でカンタンに作れちゃいます。

多めに作って小分けして冷凍庫に入れておけばいろんな料理に使えるすぐれものです。ぜひ作ってみてくださいね。

急いでいるときはフライパンで焼き目をつけないでそのまま煮込んでもOK!子供から大人まで大好きな味だと思います。

煮込みハンバーグの記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【煮込みハンバーグの作り方】肉はやわらかくソースは絶品!
ハンバーグは煮込むとおいしくなります!肉が固くなってしまうのではと思っていましたが、ホットクックで煮こめば、自動でことこと弱火でにこんでくれるので、肉はやわらかく、ソースは絶品の仕上がりです!レストランにも勝る味を簡単に自宅で楽しめす。

12位:クリームシチュー

クリームシチュー

市販のクリームシチュー用のルーはもう必要ありません!

ルーを使うよりも味わい深く、ホッとするおいしさの絶品シチューが手軽にできあがります。

びっくりしたのはジャガイモ。ホットクックを使う前はお鍋で作っていたのですが、そのまま煮ているとジャガイモがどろどろになってしまうので、いったん取り出して最後にまた加えていました。

でも、ホットクックは自動センサーがあるので、もちろん煮崩れすることもまったくありません。これが本当に不思議なんですよね…。

ジャガイモはほどよいやわらかさ、玉ねぎはトロトロ、鶏肉もジューシーでやわらかく、ニンジンもほどよいかたさに仕上がります。

寒い時期には心も体もあたたまる一品ですね。

クリームシチューの記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【クリームシチューの作り方】じゃがいもが絶品です。
市販のルーは使いません。それなのに味わい深くホッとするおいしいシチューができあがりました。特にじゃがいもが絶品です。もちろん煮崩れもしていません。スープはとろみがありながらも喉にひっかかるようなことはなく、とてもなめらかに仕上がりました。

13位:ラタトゥイユ

ラタトゥイユ改食卓

ラタトゥイユといえば、野菜たっぷりでトマトも使ってヘルシーで特に女性に大気のレシピ!

ホットクックの得意技「無水調理」で作るので、水は入れず野菜から出る水分だけで調理します。

おいしくつくる味付けのコツは、コンソメを使わないこと!素材のうまみをそのまま引き出すことのできる、勝間和代さん式の「塩のみ」で調理するところです。

野菜からのうま味とコクが出て、野菜たっぷりの体によくておいしいラタトゥイユがカンタンに出来上がります!

ラタトゥイユの記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【ラタトゥイユ(改)の作り方】たっぷり野菜をおいしくいただけます
前回作った時と食材の種類や分量を変えて、もう一度ラタトゥイユを作ってみました。前回も美味しかったのですが、今回はそれに勝り、味にも深みがぐーんと増し、たくさんの野菜をおいしくいただくことができました!

14位:ナポリタン

ナポリタン食卓

ホットクックに材料を入れておくだけでおいしいパスタができるなんてすごいです!

野菜やソーセージだけでなく、乾燥パスタまでそのまま鍋に入れておけばいいだけなんて本当に信じられない楽ちんぶりです。

出来上がったナポリタンを初めて食べた時には「え~!!」もうびっくり!ちゃんと鍋でゆでたように本当にアルデンテにできているんです。

味付けもおいしくて、ほったらかしで作ったとは思えない仕上がりですよ~!

ホットクックはまちがいなく文明の利器ですね、断言します!

ナポリタンの記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【ナポリタンの作り方】昔懐かしい素朴な味です!
パスタもそのままホットクック鍋に入れて作れます。パスタをゆでずに材料と一緒にホットクック鍋に投入するだけで美味しいナポリタンが出来上がるなんて、本当にホットクックはス・バ・ラ・シ・イ…。昔懐かしい素朴な味です。

15位:クラムチャウダー

クラムチャウダー

クラムチャウダーというと家で作るのが難しいイメージ。すぐに吹きこぼれてしまうし焦げたりすることもあります。

我が家でもずっとキャンベルのクラムチャウダー缶を愛用していました。

でも、ホットクックでクラムチャウダーを作ってみてびっくり!あさりのうまみがいっぱいのおいしいクラムチャウダーが出来上がります。

食べる前は、クラムチャウダーのコクがうまく出ないのではないかと心配していたのですが、とろみもちょうど良く、あさりはもちろん野菜のうまみもたっぷり味わえます。

ボリュームが結構あるので、クラムチャウダーとパンやライスだけでも夕食にじゅうぶんかもしれません。寒い季節にぴったりのレシピですね。

クラムチャウダーの記事はこちら↓

ホットクック【クラムチャウダー】市販のスープ缶では味わえない素材のおいしさ!
スープはあさりのうまみいっぱいです。とろみもちょうど良く、温かく幸せな気持ちにさせてくれます。野菜の味が最高。じゃがいものホクホク感、にんじんの甘さ、玉ねぎのうまみ。市販のスープ缶とは違う、素材のもつおいしさをたっぷり楽しめる絶品スープ!

↑目次に戻る

16位:魯肉飯(ルーロー飯)

ルーロー飯食卓

人気の台湾の定番料理「魯肉飯(ルーロー飯)」です。ホットクックを使うと短時間で簡単においしく作ることができます。

作り方は3通り!お手軽バージョン、本格派バージョン、すき焼きのたれバージョンの3つがあります。

お手軽バージョンは、五香粉、フライドオニオン、コーラ、そして味ぽんで美味しく手軽に作れます。

味の決め手となる五香粉は、ふつうのスーパーの中華コーナーでも手に入れることができると思います。

本格派バージョンは、さらに「八角」を使ったりと、味ぽんではなくいろいろな調味料を投入します。

すき焼きのたれバージョンは、いちばん簡単な作り方。使う調味料は「エバラすき焼きのたれ」と「五香粉」の2種類だけです。

すき焼きのタレで本当に台湾定番の味になるのかと思いきや、これがなかなかの仕上がりになります。

どのバージョンもとても美味しくて、作って良かったと思える味わい。台湾屋台の定番料理をぜひお試しください!

お手軽バージョン・魯肉飯(ルーロー飯)の記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【「あじポン」魯肉飯の作り方】人気の台湾料理ルーローハンが簡単にできます!
ホットクックの公式レシピに、人気の台湾定番料理「魯肉飯(ルーロー飯)」があるのを発見しました!ポン酢を使って短時間で簡単においしく作ることができます。味の決め手は「五香粉(ごこうふん、ウーシャンフェン)」という中華料理、台湾料理に良く使われる香辛料。最近は普通のスーパーでも売っている香辛料です。

本格派バージョン・魯肉飯(ルーロー飯)の記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【ルーロー飯の作り方】台湾屋台の定番どんぶり!
しばらくするとホットクックから懐かしい台湾屋台の香りが漂ってきました!食欲をそそる良い香りです。甘さと酸味の中に複雑な香辛料があいまってもう食べるのが止まらなくなります。1杯目は汁少な目、2杯目は汁もたっぷりかけていただきました!

すき焼きのたれバージョン・魯肉飯(ルーロー飯)の記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【ルーローハン(エバラ食品)の作り方】調味料は2種類だけ!家の中が台湾屋台の良い香りにつつまれました!
エバラすき焼きのたれで作る台湾屋台の定番「ルーローハン」。すき焼きの味はまったくなくて、台湾おふくろの味にに仕上がっています。肉はもちろん、一緒に入れるたけのことしいたけにも味がしっかりとしみ込んでいて美味しいです。特にたけのこは崎陽軒のシュウマイ弁当に入っているあの食感です!

17位:勝間和代さん式味付けトマトソースパスタ

トマトソーススパゲティ

アレンジレシピです。パスタをゆでるのがめんどうな方は必見です!

楽にほったらかしで美味しいトマトソースパスタが出来上がります。味の決め手は「塩」。勝間和代さんおすすめの塩分量である素材の0.6%を参考にしてつくりました!

仕上がったトマトソースは、絶妙な塩加減で絶品です。また、フタを開けたらそのままパスタを皿に盛り付け食べることができるので、本当に楽で助かります。

疲れたときにも作ってみてくださいね。

勝間和代さん式味付けトマトソースパスタの記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【勝間和代さん式味付けトマトソースパスタの作り方】パスタゆでが面倒な方は必見!
パスタゆでが面倒な方は必見!美味しいトマトソースパスタです。ホットクックの鍋にゆでる前の固いパスタをそのまま入れます。パスタを大きな鍋にお湯を沸かしてゆでる必要ありません。味の決め手「塩」は、勝間和代さんの塩分量を参考にしてつくりました!

18位:シュクメルリ

シュクメルリ食卓

ランキング初登場です。「シュクメルリ」ってごぞんじですか?

シュクメルリは伝統的なジョージア料理で、鶏肉とさつまいもをにんにくソースで煮込んだ料理。松屋のメニューで人気が出たみたいですね。

実は、わたしはホットクック部のレシピで初めて知ったのですが、もう「びっくりのおいしさ」なんです。

まだ食べたことのない絶品料理が世の中にはいろいろあるんだなぁ、としみじみ感じました。

もう本当においしくて何回食べても飽きません。晩御飯が「シュクメルリ」だとわかるとウキウキするくらいのおいしさ(笑)。

にんにくチーズクリーム味とさつまいもが好きな方は、やみつきになること間違いなしです!

にんにくを6片も使うので、にんにくが苦手な方は少な目にしてもいいかもしれません。にんにくが好きな方にはたまりません!

材料はシンプルでカンタンにできるので、ぜひぜひ一度試してみてください。

シュクメルリの記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【シュクメルリ(ホットクック部)の作り方】とにかく美味しい絶品の一皿!
次回の我が家のホットクックおいしいレシピTOP10入り間違いなしの味です!たっぷりのにんにくソースが鶏肉と良く合います。そしてさつまいもの甘さがたまりません!食べるだけで元気があふれでてきて、あっという間にぺっろと食べてしまいました。またすぐに食べたくなる一皿です!白ご飯でも、パンでもOK。もちろんワインとも良く合います!

19位:チャーハン(炒飯)

チャーハン改食卓

チャーハン(炒飯)と言えばフライパンで作るのが定番ですが、なかなか火加減が難しいですよね。

実は、我が家で最初にホットクックでチャーハンを作ったときはあまりおいしく出来ず、「やっぱり炒飯はムリかも」といったんあきらめていました。

でも、その後加熱時間を工夫して何回も再チャンレジしたところ、パラパラでおいしく仕上がるようになりました!

ステンレス内鍋でも炒飯はできるのですが、やっぱりこびりついてしまいます。

水にしばらくつけておけば取れますが、炒飯はフッ素コート内鍋で作るとこびりつきもなくおいしくできるので、フッ素コート内鍋がおすすめです。

フッ素コート内鍋はこびりつきがなくとても便利ですので、お持ちでない方は入手してみてはいかがでしょうか。

炒飯の記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【チャーハンの作り方】調理時間は準備含めて9分です
作り方は、具材と白ご飯を鍋に入れてスタートボタンを押せば、あとはほったらかし!とにかく楽なのがいちばんです。それなのにご飯はほどよくパラパラ、たまごがしっかりと混ざってきれいな金色の焼きご飯に仕上がりました。ごま油の風味も食欲をそそります。

ステンレス内鍋とフッ素コート内鍋を比較した記事もどうぞ。

ホットクック【ステンレスvsフッ素コート内鍋】3か月使ったレビュー!
この記事では、ホットクックから新発売された「フッ素コートの内鍋」を使い続けてみた感想・レビュー、さらにステンレス製の内鍋で作った場合との比較についてお伝えしています。特に違いのある料理については、写真も使って詳しくご紹介します。

20位:お菓子:ショートケーキ・チーズケーキ・プリン

ホットクックでもおいしくお菓子が作れるのは、ちょっとびっくりですよね。

特にショートケーキはおいしくできます。いままで作って特においしかった3品をまとめてご紹介します。

1品目:ショートケーキ

ショートケーキ食卓1

ホットクックが我が家に来る前、何度もオーブンレンジでショートケーキ作りに挑戦してきました。

…が、一度たりとも成功せず (汗)。いつもふくらみが悪く、ぼそぼその固いおいしくない生地ができてしまっていました。

いつしか我が家では「ショートケーキはケーキ屋さんで買うもの」ということに。

ところか、ホットクックで作ってみると、これがいつも大成功!本当にしっとりとしたバツグンにおいしい生地が焼き上がります!

たぶん、ホットクックの「スポンジケーキ」の機能がすごいのではないかと思います。

いままでうまくいかなかった方、オーブンをお持ちでない方はぜひ試してみてくださいね。生地を作る手間はありますが、市販のショートケーキよりおいしくてかなりおすすめです。

ショートケーキの記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【ショートケーキの作り方】人気TV番組「相葉マナブ」レシピで生地作り
ケーキ屋さんと同じ味!生地をホットクック鍋に流し込んでスタートボタンを押せば、45分で自動でおいしく焼きあげてくれます。ポイントは生地作り。今回は人気TV番組のレシピで作りました。結果、これまででいちばんおいしく焼き上げることができました!

2品目:ベイクドチーズケーキ

チーズケーキステンレス鍋食卓

ベイクドチーズケーキも絶品でした。生クリームは使わずヨーグルトを使うのでヘルシーです。

チーズケーキは買うと1切れ400円くらいしますよね。でも、自分で作ると同じ400円くらいの材料費で8切れ分も作れるので、お財布にもやさしく絶対に経済的です。

出来立てはやわらかいので食べるのはがまんして、冷蔵庫でしっかり冷やして生地が固くなってからの方がおいしいです。

ベイクドチーズケーキの記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【ベイクドチーズケーキの作り方】簡単で美味しいです!生クリームは使いません。
食後のデザートはもちろん、休日にワインと一緒にいただいてもOK!見た目はベイクドチーズケーキとレアチーズケーキのちょうど中間のような仕上がりです。オーブンレンジで作ったケーキのようにチーズ表面にこげ目はできませんが、味は絶品でした!生クリームは使わなくてもコクがあって美味しいです。

3品目:プリン

パックマンプリン食卓

念のため、上の写真はパックマンではありません!ホットクックで作ったプリンです。

何といっても普通ではなかなか食べれない「このビッグサイズ!」が嬉しいです。

モロゾフのプリンの味を目標にして試行錯誤を繰り返して、やっと納得のレシピができました!

蒸らし時間によってプリンの固さが変わってきます。記事の中にくわしく書いてありますので、ぜひ読んで試してみてくださいね。

プリンの記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【プリンの作り方】ポイントはフタをしたまま蒸らして仕上がり調整!
口に含むとやわらかくてクリーミー。カラメルの甘さもたまりません。これでもう我が家では市販のプリンを買う必要がなくなりました!簡単につくることができるので嬉しいです。1回作れば、たっぷりできるので、2人で3日ほどかけて食後のデザートで楽しむことができます。

↑目次に戻る

 ここで一息お役立ちメモ

ミッキー
ミッキー

ホットクックの料理はいつも夫のケンが作ってくれてわたしはおいしく食べるだけ(笑)。

ホットクックが我が家に来るまでは電子レンジの使い方も知らなかったのですが、ホットクックにはまってくれて嬉しい限りです。

そんなホットクックの一番すごいところは「塩」だけで野菜や肉のうま味を引き出してくれること。コンソメはもう必要ありません!

これを教えてくれたのも勝間和代さん。勝間和代さんおススメでホットクック愛用者の御用達のオリーブオイルと塩を我が家もゲットして使ってみました。

まだ試したことのないかたは、一度は試してみてほしい調味料です!

↑目次に戻る

21位:筑前煮

筑前煮

筑前煮は体によくておいしいので大好きなのですが、色々な野菜を準備して皮をむいて切るのは結構大変です。

今回は、あらかじめ一口サイズに切ってあるスーパーのパックの野菜を買ってきて作ってみました。でも、パックの野菜で作った筑前煮は以前に鍋で作ったときにあまりおいしくない記憶が…。

でも、食べてみてびっくり!「あれ、野菜自分で切ったっけ?」と一瞬思ってしまうほどのお味だったんです。じっくり味がしみ込んでいてほどよく柔らかくて本当においしかったです。

こんにゃくはあく抜きのもの、鶏肉も切ってあるものを買ってくれば、ホットクックにパックの野菜、ちぎったこんにゃく、鶏肉、調味料を投入するだけでカンタンにできます。

スーパーのお惣菜は味が濃かったり保存料が入っていたりするので、「疲れたけれど野菜が食べたい!」というときにぜひ作ってみてくださいね。

筑前煮の記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【筑前煮の作り方】野菜もたっぷりいただけます
温かいのはもちろん、冷めても美味しいのが筑前煮の良いところです。野菜やこんにゃくは、あらかじめ一口サイズに切ってあるパック野菜を買ってつくりました。野菜パックを使うとさらに大幅に出来あがりまでの時間を短縮することができます。

22位:牛すじの煮こみ

牛すじ煮込み食卓

ランキングに初登場の「牛すじの煮こみ」です。

牛すじがとてもやわらかくておいしく仕上がります。コラーゲンがたっぷりで美容に良いのも嬉しいですね。

油抜きのひと手間さえかければ、あとは牛すじ・こんにゃく・ニンジンと調味料を入れて煮こむだけ。

煮込みに1時間半かかりますが、ホットクックはほったらかしでOK。焦げたり火が消えたりしていないか火加減をチェックする心配もいりません!

味わいも、食感も最高な一品です。味付けはしっかり目なので、ビールや日本酒はもちろん、ご飯にもとても良く合います。

牛すじの煮こみの記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【牛すじの煮こみの作り方】やわらかく味わい深い一品!
牛すじが、とてもやわらかく、おいしく仕上がります。ほど良いあぶらみのとろとろ感と、あまい牛肉のうまみが口いっぱいに広がります。一緒に入れる、こんにゃくとにんじんにも、おいしいダシがしっかりとしみ込んでいて、白ご飯がどんどんすすむ一品です。

23位:野菜スープ

野菜スープ

勝間和代さんの推奨されている「塩」だけで味付けした野菜スープです。

コンソメを入れないでどうして深いコクが出るの?と不思議なのですが、これがホットクックの得意分野。

野菜からうまみをひきだして、ふつうにお鍋で作るスープよりもとってもおいしいスープにしてくれます。

野菜を切って水と塩を投入してあとはスイッチを押すだけ。胃に優しくて、風邪のときや二日酔い、体調の悪いときにも最適のスープです。

冷蔵庫に残った野菜があるときもぜひ作ってみてくださいね!

野菜スープの記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【野菜スープの作り方】コンソメは必要ありません!
勝間和代さんの塩分量で味付けると野菜からでたうまみが口の中いっぱいに広がるおいしい野菜スープができあがります。我が家では近ごろ料理の味付けでコンソメを使うことが減りました。朝からいただいてもお腹にやさしい野菜たっぷりの健康スープです。

24位:アクアパッツァ

アクアパッツア

作るのが大変そうだったので、ホットクックがなければ間違いなく一生作ることのなかったメニューです。

魚介類の出汁がじっくりと出ていて完全に高級レストランの味です。魚も全くぱさぱさすることもなく、ジューシーに仕上がります。

パーティーで出せば料理上手と大絶賛されること間違いなし!

材料を投入するだけでカンタンなのに、ものすごく手間をかけて作ったように見えます!ぜひぜひ作ってみてください。

アクアパッツァの記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【アクアパッツァの作り方】魚やあさりからでたスープが絶品!
魚やあさりからでたスープが絶品です。スープはパンにつけて残さずたべてくださいね。 アクアパッツァなんて、ホットクックがなかったら一生作る機会がなかったかも知れません。こんなに簡単でおいしくてびっくりしました。包丁とまな板は必要ありません。

25位:ポトフ

potofu

ポトフは鍋に食材を入れて煮込めばいいだけなので、ホットクックでなくてもいいのでは?

いえいえ、ホットクックでないといけないんです。なぜかというと、ホットクックだとジャガイモがやわらかくなりすぎないから!

鍋にジャガイモを入れて煮込むと、他の野菜がやわらかくなる前にジャガイモがどろどろになってしまったりしますよね。

でもホットクックはセンサーがあるので、ジャガイモが本当にやわらかくておいしい、それでいて柔らかいのにくずれないんです!不思議です。

胃にもやさしいので、胃腸が疲れたときにもおすすめです。

ポトフの記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【ポトフの作り方】野菜たっぷりの温かい美味しいスープができました!
調理後ふたを開けると、ちょうど良い料ですべての野菜が柔らかく煮込まれた絶品野菜スープに仕上がっていました。なかでも多めに入れたジャガイモが本当に柔らかくておいしい、それでいて柔らかいのにくずれていない!

↑目次に戻る

26位:カルボナーラ

カルボナーラ食卓

アレンジレシピのカルボナーラです。

パスタがうまくゆであがるように何十回も試行錯誤を繰り返して、やっと納得のいくレシピが出来上がりました!

ホットクックで水分の少ないパスタ料理を作ろうとすると、パスタがくっついてかたまりになってしまうことがあります。この悩みをどうやって解消するかがこのレシピのポイントです。

最後にカルボナーラソースを入れて混ぜるだけなので、市販のソースを買って混ぜて時短にすることもできちゃいます。

でも、このレシピのソースはとってもクリーミーでおいしいのでぜひ試してみてくださいね。

カルボナーラの記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【カルボナーラの作り方】パスタ4段重ねがおいしく作るポイントです!
大ヒット作!クリーミーで美味しい一品です!簡単においしいカルボナーラが出来上がります。ポイントは半分に折ったパスタを格子状に4段重ねで入れるところ。これでパスタとパスタがくっついて固まりになるリスクを回避!ワインもどんどんすすみました!

27位:鶏と大根の煮物

鶏と大根の煮物食卓2

大根のほくほく感ととろとろ感、そしてとり肉のうまみを満喫できる和食の一品。

和風だしがしっかりとしみ込んだ、とてもおいしくてホッと安心するお味の鶏肉と大根の煮物です。

材料と調味料を入れたら、あとはほったらかしでも自動で調理してくれるのがホットクックのありがたいところ。

大根の切り口の大きさによっては完了した後にまだとろとろ感が足りないかもしれません。そんなときは、調理時間を延長してみてくださいね。

鶏と大根の煮物の記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【鶏と大根の煮物の作り方】35分+追加10分の調理で大根がとろとろ、だしもしっかりとしみ込みました。
大根はもとの形をのこしながらも中が「ほくほく」、口に入れると「とろとろ」といった食感となり、味もだしの味がしっかりしみこみました。鶏肉のうまみもあわさって白ご飯がすすみます。お好みで「ゆず」を入れたり、ゆずこしょうと食べても美味しいです。

28位:焼きそば

焼きそば食卓

焼きそばはフライパンで作ると結構な力仕事。特に麺を入れた後ほぐしながら炒めていくと、手首が痛くなってきます。しかも水加減や火加減も重要です。

その点、ホットクックであれば材料を入れればあとはほったらかしでOK。

野菜から水分が出るので水は入れません。野菜をぎゅうぎゅうにたっぷり入れても、麺も野菜も美味しく出来上がります。

おいしくできるのでぜひ試してみてくださいね。

焼きそばの記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【焼きそばの作り方】基本のソース味。フライパンより美味しくできました!楽ちんです!
準備も含めて10分前後で出来上がります。焼きそば麺を3玉使ってつくりました。フライパンだと具材を炒め、麺をほぐし、重たくて炒めるのが大変ですが、ホットクックであればすべてほったらかしでOKです。麺も具材もとても美味しくいただける一品です。

29位:パエリア

パエリア食卓

魚介のうまみがいっぱい、絶品パエリアのレシピです!

フライパンでパエリアを作るとコンロの前で見ていないと焦げないか心配ですよね。でも、ホットクックは自動センサーでチェックしてくれるので、焦げる心配はありません。

缶詰でもおいしくできますので、あさりとほたてはぜひ入れてみてくださいね。あさりとほたてのおいしいうまみがスープに染み出し、パエリアの味をグーンと引き上げてくれます。

お好みでレモン汁を軽くふってもおいしくいただけます。パーティーやお客様が来たときに作ると喜ばれること間違いなしです。

パエリアの記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【パエリアの作り方】簡単でおいしい本格パエリア!
パエリアもホットクックでおいしくつくることができます。あさりとホタテは絶対に使いたい食材。おいしい魚介のうまみを味わうことができます。見た目も華やかで食べる前からうれしい気分にさせてくれる一品。手軽に簡単に作れる本格パエリアです!

30位:コーンスープ

コーンスープ食卓

みんな大好き「コーンスープ」です。

コーンスープというとおいしいインスタントスープがたくさんあるので、いまさら?という感じで我が家でも作っていませんでした。

でも、やっぱり手作りはインスタントとはぜんぜん違いました!野菜からの甘みが感じられて、まろやかでコクのあるほっとする味わいに仕上がります。

牛乳を入れたスープを作るとお鍋からふきこぼれる心配がありますが、ホットクックで作るとそんな心配は一切なくて楽ちんです。一度試してみてくださいね。

コーンスープの記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【コーンスープの作り方】昔なつかしいほっとする美味しさ!絶品スープです!
コーンとミルクの組み合わせは最強です!玉ねぎの食感もたまりません。野菜から出る甘さがスープ全体にじゅうぶんにいきわたっていてます。バターを使うのでコクもしっかり、ぜんたいをまろやかに仕上げてくれています。基本の味付けは「塩」だけ。コンソメは使わないのが絶対おすすめです。ほっとするおいしいコーンスープを堪能しました!

↑目次に戻る

【ホットクック・おいしいレシピ】ランキング1位~30位のまとめ

ホットクックランキングまとめ

ホットクックを購入してから作った中で、わが家の最新の人気のレシピを1位~30位まで厳選してご紹介しました。

ランキングは定期的に更新しています。特におすすめのおいしいレシピばかりなので、ぜひ作ってみてくださいね。

ケン
ケン

これからもいろいろなレシピを試してみて、もっとアレンジレシピにも挑戦していきたいと思います!

ホットクックは、時短で手軽にできるのに、野菜たっぷり、油を使う量が少なくてヘルシーと、本当に言うことなし。

とてもおススメの調理器具です!

ランキングにのせたメニュー以外にも、我が家でこれまで作ってきた300種類以上のレシピを和食、中華、どんぶりなど、カテゴリー別にぜんぶご紹介しています。カテゴリー別に料理を探したい方はこちらも併せてごらんくださいね。

【ホットクック】我が家で今まで作ってきた全レシピをご紹介します!
我が家のホットクックで今まで作ってきたレシピをご紹介します!和食、洋食、中華、どんぶり、カレー、スープなどカテゴリー別にまとめました。さらによく使う豚肉、鶏肉、魚介などは具材別にもまとめました!

これからホットクックを購入しようかと検討されている方は、ホットクックの最新機種(2021年9月発売)の情報やホットクックの魅力をまとめたこちらの記事もご参考にしてください。

最新機種【ホットクック5つの魅力】感想・レビューと選び方
今では我が家にとってなくてはならない存在となった「ホットクックの魅力」を実際に使ってみた感想・レビュー形式で紹介します。そしてホットクックをこれから購入してみようと考えられている方へ、おさえておきたい「選び方のポイント」について解説します。

1.6L(2~4人用)の最新モデルにブラックが登場です!

こちらはホワイト1.6Lタイプ(2~4人用) 、最新モデルです  

人気の定番カラー2.4Lタイプ(2~6人用)、最新モデルです

こちらは1.0Lタイプ(1~2人用)、最新モデルです

この記事を書いた人
Mickey

「インドア・エンジョイライフ」をご覧いただきましてありがとうございます。

ブログ名の通り、家の中を中心に楽しく充実した毎日を過ごすための情報を発信しています。

趣味は海外ドラマや洋画鑑賞とDIY。

時間ができたらエレキギターの練習をして、映画ボヘミアン・ラプソディで人気が再燃したクイーンの曲が弾けるようになりたいな、と思っています♪

英語学習歴が長くまだまだ学習中です。現在は翻訳の仕事をしていますので、経験談などもお伝えしています!

ホットクック
INDOOR ENJOY LIFE
タイトルとURLをコピーしました