ホットクック・レシピ【ラタトゥイユ(改)の作り方】たっぷり野菜をおいしくいただけます

ラタトゥイユ改アイキャッチホットクック

我が家の味採点
★★★★★  調理時間:50分 準備 10分 + Hot Cook  40分


ケン
ケン

前回作った時と食材の種類や分量を変えて、もう一度ラタトゥイユを作ってみました。前回も美味しかったのですが、今回はそれに勝り、味にも深みがぐーんと増し、たくさんの野菜をおいしくいただくことができました!今回もワインとパンで。この一品だけでかなり満腹になります!

今回は、野菜に、ズッキーニ、にんじんを使い、肉はソーセージではなく厚切りベーコンを使いました。

味付けで白ワインを少し入れ、にんにくは生のにんにくを使ってみました。

結果、これだけで出来上がりの味にとても深みが加わり、美味しいラタトゥイユを楽しむことができました。大満足の味です!

前回との比較食材前回今回(改)
同じ量の食材トマト水煮缶(カット)1缶(450g)1缶(450g)
玉ねぎ1個1個(200g)
セロリ1本1本
パプリカ赤1/2個1/2個
パプリカ黄1/2個1/2個
ローリエの葉1枚1枚
オリーブオイル大さじ1大さじ1
総重量の0.6%総重量の0.6%
増やした食材ズッキーニ0本1本
にんじん0本1/2本
厚切りベーコン080g
にんにく(生)0ひとかけ
白ワイン0大さじ1
減らした食材カボチャ1/4個0個
なす2本0本
ソーセージ2本0本
にんにく(味付けビン詰め)大さじ10

ちなみに、おいしくつくる味付けのいちばんのコツは前回作った時と同じです。

コンソメは使わずに、素材のうまみをそのまま引き出すことのできる、勝間和代さん式の「塩だけ」で調理するところです。

塩の使い方と分量の計算方法は簡単。使う具材の0.6%の塩を使います。

まず、調理しながら、ホットクック鍋に入れる具材(野菜・肉・水分)の「重さ」を計っていきます。

今回のラタトゥイユで使ったの具材の重さはぜんぶで「1,055g」でした。野菜ぜんぶの重さ、トマト水煮缶の450g、厚切りベーコンの重さをすべて足した重さです。

重さが分かったら、電卓を用意しておいて、その重さに「0.006」を掛けて計算された分量の「塩」を使います。

使う塩の分量 方程式=(具材の重さ X 0.006)

今回のラタトゥイユの場合は、=(1,055g X 0.006) =6.33=約6g

他のホットクックの記事でも、勝間和代さん式の「塩かげん」について書いていますが、これまでこの塩かげんで失敗したことがありません!是非お試しください!

スポンサーリンク

ホットクック・レシピ【ラタトゥイユ(改)】ワンポイント・アドバイス

  • 野菜はできるだけ大きさを同じサイズになるように切るのがおすすめです。出来上がりの見栄えと、口に入れたときの食感が全然違います。

ラタトゥイユ改具材

ホットクック・レシピ【ラタトゥイユ(改)】材料 4人分

  • ズッキーニ:1本 *約1cm幅の輪切り
  • 赤ピーマン:1/2個 *約1cm厚さに切ります
  • 黄ピーマン:1/2個 *約1cm厚さに切ります
  • にんじん:1/2本 *約1cm厚さの輪切りにした後、さらに半分に切ります
  • 玉ねぎ:1個 *約1-2cm角切り
  • セロリ:1本 *約1-2cm角切り
  • 厚切りベーコン:80g *1cm幅に輪切り
  • トマトカット水煮缶:1缶 *ホールトマトの場合は実を細かくきざみます
  • 生にんにく:小さじ1 *ひとかけをみじん切りにします
  • オリーブオイル:大さじ1
  • 白ワイン:大さじ1
  • ローリエ:1枚
  • 塩:約6g  (すべての具材の重さ X 0.006)

ホットクック・レシピ【ラタトゥイユ(改)】作り方

STEP 1:具材を準備してホットクックの鍋に入れる
  • 最初に、玉ねぎ、にんにく、ローリエの葉、オリーブオイルを鍋に入れます。

玉ねぎオリーブオイルローレル

  • 次に、残りのずべての野菜とベーコンを入れます。

全ての野菜とベーコンを入れる

  • 最後に、トマト水煮缶、と「塩」を加えます。

STEP 2:スタート ♪

メニューを選ぶ → カテゴリーで探す → 煮物  →  野菜 → ラタトゥイユ → スタート

ラタトゥイユ改ホットクック操作画面

STEP 3:完成!

出来上がりの音が鳴ったらフタを開けて、器に盛りつけて完成です。

ラタトゥイユ改食卓

お役立ちメモ

ケン
ケン

ホットクック旧型モデルのステンレス製内鍋をお使いの方に朗報です!待ちに待ったホットクックのフッ素コート専用内鍋が別売りで発売スタートしました!

我が家でも、早速購入しました!

これで、鍋底にくっついて困るような料理も気にせず作れるようになります。気になる方は要チェック!

フッ素コート内鍋が家に届いてから3カ月の間使ってみた感想、レビューは、こちらをどうぞ!

ホットクック【ステンレスvsフッ素コート内鍋】3か月使ったレビュー!
この記事では、ホットクックから新発売された「フッ素コートの内鍋」を使い続けてみた感想・レビュー、さらにステンレス製の内鍋で作った場合との比較についてお伝えしています。特に違いのある料理については、写真も使って詳しくご紹介します。

フッ素コート内鍋は、型番の末尾がFBになっています。購入するときは念のため間違えないようにしてくださいね。Fが「フッ素のF」を指します。

1.6L用フッ素コート専用内鍋(型番:TJ-KN1FB)

2.4L用フッ素コート専用内鍋(型番:TJ-KN2FB)

 

タイトルとURLをコピーしました