ホットクック・レシピ【八宝菜(改)の作り方】万能調味料で味のグレード大幅アップ

八宝菜(改)アイキャッチ中華料理

我が家の味採点
★★★★★  調理時間:35分 準備 15分 + Hot Cook  20分


ケン
ケン

フライパンも火も使わないで美味しい八宝菜がほったらかしで簡単につくれるのは本当に驚きです。たっぷりの野菜、肉、魚介類ぜんたいをやさしくつつみこむ「とろみ加減」もバッチリ」です。今回万能調味料を使ってさらにおいしく仕上げました!

だいぶ前に作っておいしかった「八宝菜」のレシピを久しぶりに見てみると、味のグレードをさらにあげることのできる万能調味料を使っていなかったことを発見しました。

その調味料とは「オイスターソース」&「ごま油」!

さらに2人前でつくったレシピの分量になっていたので、今回改めて4人分で作りなおしました。

思っていた通り、塩ベースのあっさり目だった前回の味付けに、オイスターソースとごま油のうまみ・風味が加わり、さらに美味しい絶品の八宝菜ができあがりました!

スポンサーリンク

ホットクック・レシピ【八宝菜(改)】ワンポイント・アドバイス

  • 調味料は個別にいれるのではなく、あらかじめボールに混ぜ合わせておいて、最後に上からいっきに回し入れるのがポイントです。
  • 白菜から水分が多く出るので、片栗粉は多めに大さじ2使うと、仕上がりのとろみがちょうど良くなります。

ホットクック・レシピ【八宝菜(改)】材料 4人分

◆魚介類

  • 冷凍シーフード:約100g (えび、いか、ほたてなど)
  • 酒:大さじ1
  • 片栗粉:大さじ1

◆肉類

  • 豚肉切り落とし:約150g *ひと口サイズに切ります
  • 片栗粉:大さじ1

◆野菜類(ぜんぶで約300g)

  • 白菜:1/4本 *ひと口サイズに切ります
  • 赤ピーマン:1/2個 *1cm幅で縦に切ります
  • 黄ピーマン:1/2個 *1cm幅で縦に切ります
  • ピーマン:1個 *1cm幅で縦に切ります
  • にんじん:1/2本 *薄めの短冊切り

◆あわせ調味料

  • 酒:大さじ3
  • しょうゆ:小さじ2
  • 鶏がらスープの素:小さじ2
  • 塩、こしょう:各ひとつまみ
  • オイスターソース:小さじ1
  • ごま油:小さじ1

ホットクック・レシピ【八宝菜(改)】作り方

STEP 1:具材を準備する
  • 冷凍シーフードをを解凍してぺパータオルで水気を切った後、酒をふりかけておきます。

冷凍シーフードミックス

  • 豚肉をひと口サイズに切ります。
  • 冷凍シーフードと豚肉それぞれに片栗粉大さじ1づつまぶします。

豚肉と魚介片栗粉

  • 野菜を切ります。

八宝菜の野菜

  • あわせ調味料をボールにあらかじめ混ぜあわせておきます。

あわせ調味料

STEP 2:鍋に入れる
  • 最初に野菜類をすべて鍋に入れます。
  • 次に豚肉を入れます。

野菜と豚肉を入れる

  • 最後に魚介類を入れて、上からあわせ調味料を回し入れます。

八宝菜(改)調理前鍋の中

*白菜が多いので鍋いっぱいになりますが、調理するとちょうど良い量になります。

STEP 3:スタート ♪

メニューを選ぶ → カテゴリーで探す → 煮物  →  野菜 → 八宝菜 → スタート

八宝菜(改)ホットクック操作画面

STEP 4:完成!

出来上がりの音が鳴ったらフタを開けて、軽く混ぜ合わせ、器に盛りつけて完成です。

八宝菜(改)食卓

シンプルに「塩味」がお好みの方は、オイスターソースは入れないで、代わりに塩の分量を増やしてつくるととてもおいしく仕上がります。

その場合、入れる塩の分量は、勝間和代さん式で、具材の重さの0.6%で計算します。
今回のレシピでは全部の重さが約600gだったので約4g(=約600gX0.6%)の塩を使いました。

是非お試しください!

お役立ちメモ

ケン
ケン

ホットクック旧型モデルのステンレス製内鍋をお使いの方に朗報です!待ちに待ったホットクックのフッ素コート専用内鍋が別売りで発売スタートしました!

我が家でも、早速購入しました!

これで、鍋底にくっついて困るような料理も気にせず作れるようになります。気になる方は要チェック!

フッ素コート内鍋が家に届いてから3カ月の間使ってみた感想、レビューは、こちらをどうぞ!

ホットクック【ステンレスvsフッ素コート内鍋】3か月使ったレビュー!
この記事では、ホットクックから新発売された「フッ素コートの内鍋」を使い続けてみた感想・レビュー、さらにステンレス製の内鍋で作った場合との比較についてお伝えしています。特に違いのある料理については、写真も使って詳しくご紹介します。

フッ素コート内鍋は、型番の末尾がFBになっています。購入するときは念のため間違えないようにしてくださいね。Fが「フッ素のF」を指します。

1.6L用フッ素コート専用内鍋(型番:TJ-KN1FB)

2.4L用フッ素コート専用内鍋(型番:TJ-KN2FB)

 

タイトルとURLをコピーしました