【無料!】世界で一番人気の英語校正ツール Grammarlyとは?

世界で一番人気の英語校正ツール:Grammarlyのアイキャッチ画像英語関連
  • 英文を作ったけれど自信がない…。
  • ネイティブの人が見たときに変な文章になっていないか心配。
  • 時間をかけずに無料で英語を添削してもらいたい。

英語の学習者でも仕事で英語を使う場合でも、日本人が英語で文章を書く場合、

「自分の作った英文のどこが間違っているかわからない」

という不安がありますよね。

わたしの英語学習や仕事の経歴はこんな感じです。

アメリカの大学に留学
大手の英語学校で8年間TOEFLなどを教える
企業での翻訳歴は約15年、海外業務歴は約20年

英語学習歴も仕事歴もそれなりに長いですが、自分の書く英語が合っているかいつも心配…。

こんなとき、自分の作った英作文の文法やスペルをスピーディに一瞬で添削してくれる校正ツールがあると本当に便利ですよね。

仕事柄、これまでいろいろな英語の校正ツールを試していますが、2020年ではGrammarly (グラマリー)が一番おすすめ。基本無料です!

この記事では、いろいろな英語の英文チェックツールがある中で、なぜGrammarly一番おすすめなのか、詳しくご説明します。

ミッキー
ミッキー

英語の校正ツールは英語を使う人にとって必需品!まだ使ったことがない人方はぜひ使ってみてくださいね。

この記事はこのような方におすすめです。

  • 英語を勉強していて英文を作成するときに文法やスペルをチェックしたい。
  • 友達に英語でメールを送る前に変な間違いがないか調べたい。
  • 仕事で英語のメールや資料を作る時に文法とスペルの間違いをスピーディにチェックしたい。
  • とにかく英語力をアップしたい!
  • Grammarlyとはどんな英語の校正ツールか詳しく知りたい。

グラマリーの詳しい登録方法と使い方は、こちらの記事をどうぞ。
<<【最新版】Grammarly 無料会員の詳しい登録方法・使い方

スポンサーリンク

Grammarly(グラマリー) とは?

Grammarlyの読み方は「グラマリー」。

日々進化するAIが文法やスペルのミスを自動でチェックして、改善点を一瞬で指摘してくれます。

現在、世界中で最もユーザーに支持されている英語の文法・スペルチェッカーなんです

英語の学習者からもビジネスマンからも高い評価を受けています。

欧米ではネイティブの作家やライターなど、英文作成のプロにも根強いファンがいることで知られています。

オンラインでも使えますし、ダウンロード版のアプリもあります。

Grammarlyはいろいろなプラグインがある

Grammarlyとは?
  • 無料で文法・スペルチェックができる英文チェックツール
  • 20009年創業、本社はアメリカ・サンフランシスコ
  • ユーザーは1日あたり2000万人
  • 2000以上の教育機関や有名企業が使用
  • セキュリティ面で安全性が高い
  • Windows、Mac、Iphone、Androidで使用でき
  • ChromeやFirefoxなどの拡張機能(アドオン)
  • ウェブ上で英文を自動チェックできる
  • スマートフォンのアプリで英文を自動チェックできる

Grammarlyは、Amazon Web Services (AWS) のサーバーを使用しています。

ユーザーデータにはGrammarlyのプライベートネットワークを使用しているので、外部から侵入することはできません。

最近はデータ流出が問題になっているため、個人情報が高度なセキュリティで保護されているのも、Grammarlyの強みと言えますね。

高いセキュリティと使いやすさから、2000以上の教育機関や有名企業が使用しています。

1日あたりのユーザー数は2000万人に達しています。

ミッキー
ミッキー

そうは言っても、文法チェックツールって最近はほかにもいっぱいあるんですよね。

なのに、なぜグラマリーが一番おすすめなのかを見ていきたいと思います。

Grammarlyがおすすめな4つの理由

Grammarlyがおすすめな4つの理由

グラマリーがおすすめな理由その① 精度が高い

Grammarlyがおすすめな4つの理由:精度が高い

英文校正ツールで一番重要なのはなんだと思いますか?

「使いやすさ」だと思いきや、何といっても一番重要なのは、文法やスペルチェックの精度です。

というのも、どれだけ使いやすくてもどれだけデザインが良くても、文法とスペルのチェックが正確でないと英語校正ツールとしては使いものになりませんよね

グラマリーは文法とスペルチェックの精度が高い。

これがグラマリーがおすすめな理由の1番目です。

わたしは仕事が翻訳ですので、英語の文章を作る機会がたぶんほかの人よりも多いほうだと思います。

このため英語の校正ツールは必需品です。

ミッキー
ミッキー

いまはグラマリーを愛用していますが、いろいろな無料の英文チェックツールは定期的にチェックしています。

以前イマイチでもアップデートでグンと使い勝手がよくなったり、逆に改悪になったりするケースもありますからね。

いま試しているのは、このようなツールです。

  • Ginger
  • ProWritingAid
  • After the Deadline
  • 1Checker
  • LanguageTool
  • Hemingway Editor

試していると、人気のある校正ツールでも、「どうしてこの間違いを見逃すの???」というようなケースが結構あります。

特に「Ginger」。Gingerは、ジンジャーソフトウェアとして日本語版もあって使いやすいので人気です。

ミッキー
ミッキー

でも、Gingerは以前使っていたときはまあまあ良かったのに、いまはかなり精度が落ちてしまっている印象です。

たとえば、「Thank you your update.」と入れても「エラーはありません」と出てしまいます。

GINGERの入力例

Gingerの校正例

「エラーはありません」と出てますよね…。

ProWritingAidの入力例

ProWritingAidの校正例

「ProWritingAid」でも「断片的な文です」と出ているだけです。

本当は「Thank you for your update.」なんですけどね。

 英語校正ツールの注意点

このように、英語校正ツールで英文をチェックして

 

「エラーはありません」

 

と出ても、精度が低い場合はチェックが入らないため要注意です。

このため、校正ツールを選ぶ際には精度の高さが非常に重要なポイントになります。

ミッキー
ミッキー

6つの英文校正ツールを徹底的に比較してみた記事も書いています。

どのくらい違いがあるのか興味のある方はこちらも参考にしてみてくださいね。

Grammarlyの入力例

Grammarlyの校正例

Grammarlyはちゃんとチェックが入っていますね。

右側にちゃんと正しい候補の「for your」が出ています。

もちろんGrammarlyでも100%とはいかず、文法ミスを見逃すことは少なからずあります。

ちなみにわたしはTOEICは満点の990点。英検1級も持っています。

一応英語の講師もしていたので、英語校正ツールの見逃す文法の間違いには敏感な方だと思います。

Grammarlyは、他の無料の校正ツールに比べると圧倒的にチェック漏れやチェックミスが少ないと思います!

グラマリーが他に比べて圧倒的に精度が高いのはこのような理由からです。

  • 1990年代からすでにプラグラムの構築をスタートし、その後ずっと長年に渡り改良を続けている。
  • ディープラーニングのエンジニアや超一流の言語学者たちのチームが、常に大量のリサーチデータベースからアルゴリズムを解析して最適化している。

このように、無料の機能であっても文法やスペルの添削の精度が高い、

ミッキー
ミッキー

これが、グラマリーが多くのユーザーから一番支持されてる理由なんです。

Grammarlyの無料会員にいますぐ登録

グラマリーがおすすめな理由その② 使いやすい

Grammarlyがおすすめな4つの理由:使いやすい

グラマリーはインターフェースが優れていてとてもシンプルで使いやすい。

これがグラマリーがおすすめな理由の2番目です。

英語校正ツールと言えば海外のサービスが主流で、すべて英語で書かれています。

英語なのに複雑な画面だと使うのが面倒くさいし、変なところを押してしまわないか心配になってしまいますよね。

グラマリーの無料会員登録をした後に表示されるのはこのような画面です。

Grammarlyトップ画面が使いやすい

この画面をブックマークに入れておけば、あとは青枠のところに英文を直接タイプしたり、コピーペーストしたり、またはファイルをアップロードするだけ。

入力と英文チェックが終わって、次の文章をチェックしたいときは、前の文章を消してそのまま入力してもいいですし、前の文章の下に追加していってもOK。

どちらの場合でも入力すればすぐに自動で校正がスタートします。

Grammarlyは、他のいろいろなタブやボタンを押さなくても、上の画像の画面だけでシンプルにすべて自動で校正してくれるので使い方がカンタンです。

ミッキー
ミッキー

すごく高度なディープラーニングを駆使しているのに、入力画面はおじいちゃんやおばあちゃんでも使いこなせるくらいシンプルなのが売りらしいです(笑)。

ちなみに、使いやすさで言うとわたしは先ほど出てきた「ProWritingAid」というも結構好きです。でも、無料だと単語は500語までしかチェックしてくれないんですよね。

グラマリーは常にユーザーの使いやすさを追及していて、オンラインツールだけでなくブラウザの拡張機能、PC・モバイルアプリ、マイクロソフトオフィスのアドオンもあります。

自分が好きな方法で文法チェックができるのも特徴です。

Grammarlyのアプリ・アドオンの紹介

このように、Grammarlyはいろいろな校正ツールの中ではダントツにストレスなくサクサク使えます。これがおすすめの理由の2つ目です。

グラマリーがおすすめな理由その③ 無料でも文法とスペルチェックの機能が充実

Grammarlyがおすすめな4つの理由:無料機能が充実

Grammarlyのおすすめな理由の3番目は、

無料でも文法とスペルチェックの機能が充実していることです。

先ほどのシンプルな画面に英語の文章を入れると即座に自動で文法、スペル、句読点、単語の使い間違いをチェック。

間違った部分には下線が入って「修正候補」と「チェックが入った理由」を教えてくれます。

Grammarlyの添削例

discuss aboutに添削が入った所

discuss aboutの添削のコメント

この場合、「discussed」は他動詞で後ろに前置詞は不要なため、「about」を削除するようにチェックが入っています。

修正する場合も、修正候補にカーソルをあててクリックするだけです。
discuss aboutの修正コメント

Grammarlyは、ややこしいことは何もなく、とてもシンプルで直感的に使うことができます。

グラマリーがおすすめな理由その④ 英語力がアップ!

Grammarlyがおすすめな4つの理由:英語力がアップ

Grammarlyが文法・スペルチェックツールとしてとても精度が高い、ということはご説明しました。

精度が高いということは、間違った文法やスペルもちゃんとチェックしてくれるということ。

間違って入力した文法やスペルをチェックしてくれるということは、自分の間違いが毎回必ずわかるということです。

ミッキー
ミッキー

間違いをどのように正しく修正すればいいかということも教えてくれますので、使えば使うほど英語力がどんどんアップしていきます。

Grammarlyを使うだけで英語力が向上する

これが、Grammarlyがおすすめな理由の4番目です。

Grammarlyの無料会員に登録する

Grammarlyの主な機能は?

Grammarlyで添削できる主な機能はこの4つです。

Grammarlyの主な機能

それぞれどんな機能があるのか見ていきたいと思います。

Grammarlyは基本的な文法のチェックができる

Grammarlyの主な機能:文法をチェック

先ほどもお伝えしたように、グラマリーは他の英文チェックツールでは見逃すような文法のチェック機能の精度が高いので有名です。

このような文法の間違いを指摘して修正してくれます。

  • aやtheなどの冠詞の間違い
  • 名詞の単数形・複数形の間違い
  • 動詞の単数形・複数形の間違い
  • 他動詞と自動詞の使い方の間違い
  • 熟語の間違い
  • 前置詞の間違い
  • 不要な副詞の削除
  • その他、文脈から文法的に間違っているとき

先ほどもご紹介しましたが、文法が間違っている文章を入れると、こんな感じで添削してくれます。

Grammarlyの基本的な文法のチェックコメント入り

間違い

I look forward to meet you(X)

I look forward to meeting you(○)

「look forward to~」の後ろは動名詞

間違い ②

to consider about(X)

to consider(○)

「consider」は他動詞なので前置詞の「about」は不要

間違い ③

a luggage(X)

luggage(○)
「luggage」は不可算名詞なので「a」は不要

このように、間違いやすいような文法もちゃんと添削してくれるので安心です。

Grammarlyはスペルミスのチェックができる

Grammarlyの主な機能:スペルミスのチェック

スペルチェックと言えば英文校正ツールであれば、基本的な機能です。

当然スペルチェックをミスする英文チェックツールなんてない、と思いきやスペルミスを見逃すツールも多いんですよね。

代表的なのがMicrosoft WordやExcelのスペルチェッカー。スペルはもちろんチェックはしてくれるのですが、間違えて入力した単語が存在する場合はそのままスルーです。

ミッキー
ミッキー

でも、グラマリーなら大丈夫!

Grammarlyは、AIやディープラーニングで学習して日々莫大なデータを蓄積しています。

このため、元々の文章が伝えようとしている内容をちゃんと理解して、入力した単語が入っていると文脈として不自然な場合もちゃんと指摘してくれます。

その証拠がこちら。実際にスペルミスをチェックしてくれているところです。

存在する言葉にもチェックが入っている所
byでなくbuyではないかとのアドバイス

「彼は妹にプレゼントを買ってあげる予定です。」なので、「by」はスペルミスで正しくは「buy」ですね。

わたしは適当に早くタイピングするタイプで、タイプしている間にいろいろスペルミスをしてしまいます。

タイプミスした単語が英語として存在しない場合はWordでもOutlookでも波線~~~が入ってスペルミスに気付きますよね。

でも、タイプミスした単語が存在している単語の場合は通常はチェックが入りません。例えばわたしがよくやってしまうのが「bet regards,」。

ん?合っている感じがしますが、本当はメールの最後につける敬具の「best regards,」です。ちゃちゃっと打っているとこうなっちゃうんですよね。

bet」は「賭ける」とか「OK」の意味です。存在するので通常はチェックが入らないのですが、Grammarlyはちゃんと校正してくれます。 Grammarlyはbet regardsも添削してくれる

Betはこの文脈に合わないのでほかの単語を検討してください」ということで修正候補にちゃんと「Best」が出ています。

このように、Grammarlyは文脈をしっかりと判断して、文章の意図している内容にその単語が合っているかどうかをチェックしてくれます。

ミッキー
ミッキー

いろいろな英語圏のレビュワーが英文校正ツールのランキングに常に1位に挙げるだけありますね。

Grammarlyは文章を点数で評価してくれる

Grammarlyの主な機能:文章を点数で評価

「文章を点数でリアルタイムに評価してくれる」というのがわたしが実は一番気に入っているところかも知れません。

文章を入れたり修正するたびに右側に点数が出るので、点数を上げなきゃ!とがぜんやる気が出るのです。

ほかにもスコアが出る英文チェッカはほかにもありますが、Grammarlyは修正するごとに画面上で点数が変わっていくのでわかりやすいんです。ここが他の校正ツールとは違うところですね。

実際のスコアです。100点や99点なんかが出ると満足感がはんぱない…(笑)。

Grammarlyは点数が出る

点数が100点や100点近くになっていても文章にミスがないというお墨付きがある訳ではないのですが、点数が高いほうが文法やスペルの問題が少ないのは間違いないです。

Grammarlyは文章の簡潔さをチェックしてくれる

Grammarlyの主な機能:文法をチェック

くどくどしいわかりにくい文章…英語を書いているとだんだん文章が長くなっていきます。よく冗長な文章とか言われますよね。

最終的に、読んで一目で何が書いてあるのかわかるのは書いている人だけ、などということになってしまう場合も。

Grammarlyでは無料版でも簡潔な文章になっているかどうかチェックしてくれます。冗長な文章のチェックコメント

添削された通りに必ずしも修正しなくてもいいのですが、自分ではわかりにくい文章になっているかどうか判断しづらいので、指標の一つとしてあると便利な添削機能だと思います。

無料のGrammarlyを使ってみる

Grammarlyはどんな人におすすめ?

Grammarlyがおすすめな人

Grammarlyは、自分の英文の間違いや癖を確認することで、英文ライティングのスキル自体も底上げできるので、英語を勉強している人には強力な味方です。

また、海外業務や貿易業務など、英語でメールをやり取りしたり、海外向けに英語でパワーポイントなどの資料を作ったりしないといけない会社員にもとても便利なツールです。

何といっても一瞬で文法ミスやスペルミスを直すことができるんですから使わない手はありません。

Grammarlyがおすすめなのはこんな方です。

  • 課題などで英語の文章を作成する必要がある学生
  • 英語の資料やメールを作らないといけない社会人
  • 自分の英訳をチェックしたい翻訳者
  • 英語で研究論文やレポートを作る必要がある研究者
  • 自分の間違いやすい箇所をチェックをしたい学習者
  • エッセイを英語で書かないといけない留学生
  • 自分の英語力をレベルアップしたい人

Grammarlyは何らかの形で英語に関わっている人であれば、間違いなく必ず役に立つツールです。

ミッキー
ミッキー

わたしがアメリカに留学していた頃はこんなサービスがなくて英文ライティングにとても苦労したので、いまはいい時代になりました。

Grammarlyの有料プランでできること

Grammarlyの有料プラン

このように、Grammarlyは無料プランでもかなり充実しているのですが、さらに有料版はもっと細かい便利な機能が用意されています。

有料プランでは、無料プランの基本的な文法・スペルチェックに加えて、このような内容の添削機能が使えるようになります。

  • 無料プランよりもさらに詳しい文法ミスのチェック
  • 句読点の間違い
  • 文章の構造や構文の間違い
  • 単語の語彙改善の提案(同じ単語の使い過ぎなど)
  • 読みづらい文章の書き換え
  • 不要/あいまいな修飾語が使われていないか
  • 差別的な用語・文章が使われていないか
  • 不適切で失礼な文章になっていないか
  • 盗用・剽窃の防止

例えば、無料版に文章を入れてみます。右側に黄色で出ている5か所は、有料版のみで修正内容を確認することができます。

Grammarly Premiumの修正箇所

同じ文章を有料版に入れてみるとすべての修正箇所を確認できることがわかりますね。

Grammarly premiumの添削例

有料版の特徴としては、読みづらい冗長な文章を、分かりやすい文章に修正してくれる「BETA機能」があることです。

GrammarlyのBETA機能

例えば、この文章はこのように書き換えるようにアドバイスが入っています。冗長な文章の書き換えアドバイス

また、文章や語彙をビジネス向けにしたりアカデミック向けにしたりするオプションも有料機能では使うことができます。

盗用・剽窃のチェック機能もあります。

Grammarlyの盗作防止機能

これは、このインドアエンジョイライフの中の記事ですが、「この記事と内容が100%同じです」というメッセージが出ていますね。

このように、自分の作った論文やエッセイがどのくらいインターネットに掲載されている文章と類似しているかを%で示してくれます。

Grammarlyの有料版がおすすめな人

Grammarlyの有料プランがおすすめな人

このように、有料版では無料版に比べて添削のアドバイス機能が大幅にアップしますので、Grammarlyを使う用途によっては有料会員がおすすめです。

実際に、わたしも3年以上無料プランを使っていましたが、その後有料プランを使ってみて、翻訳者としては有料プランが必須だと感じています。

グラマリーの有料プランがおすすめなのはこのような方です。

有料版がおすすめな人
  • 英語で論文を執筆する必要のある学生、研究者の方
  • 外資系で英語が公用語の方
  • 仕事の関係で英語で文章や資料を作ることが多い方
  • 翻訳者の方
  • その他公的な英語の文章を作る必要のある方
  • 社内使用ではなく外部に出す文書・資料を英語で作成する必要のある方

論文などのように精度の高い英文を作る必要のある方は外部業者に校正を依頼する場合も多いと思います。有料版を使えば業者に依頼する必要がなくなるかも知れません。

また、社外に出すような資料や文書を作る必要のあるような方、仕事で時間に制約があるので急いで文法チェックをする必要のある方なども、有料版がおすすめです。

特に論文をエッセイを執筆する学生や研究者の方には「盗用・剽窃の防止」機能が必須ですね。

わたしも有料プランにするかどうかだいぶ迷ったので無料プランと有料プランがどのくらい違うかをこちらで詳しく解説しています。

有料プランにアップグレードするかどうか決められない方は、参考にしてみてくださいね。

Grammarlyの有料版の価格・料金は?

Grammarlyの有料版には3つのプランがあります。

有料会員の料金
  • 月額:USD29.95 (約3,200円)/月
  • 3か月払い:USD59.95 (約6,300円) ⇒ 約2,200円/月
  • 年間払い:USD139.95 (約14,700円) ⇒ 約1,200円/月

まずは無料会員で試してみて自分に合っているか、使いやすいかどうかを確認してみた上で、有料会員になるか検討してみてはいかがでしょうか。

有料会員は無料版よりもかなり広範な文法の間違いをスピーディに修正することができますので、勉強にもなりますし、英語を書く仕事もサクサクとこなせます。

よって、料金の元は十分に取れるとわたしは感じています。

なお、有料会員を検討する場合は、無料登録をしてからしばらくして割引メールが送られてきますので、とってもお得に登録できます。

ミッキー
ミッキー

そのときによりますが、20%~50%くらいになりますよ。

Grammarlyはほかのサービスと違って割引メールがほとんど送られてこないので、有料版を検討している方は、この割引メールを見逃さないようにしましょう!

Grammarlyの無料会員に登録する

Grammarlyの無料会員の登録方法

グラマリーの無料アカウントの登録はこちらの公式ページからどうぞ。

登録ページでメールアドレス、パスワードを入力
グラマリーをカスタマイズ

これで登録は完了してあとはログインするだけです。登録自体はカンタンなのですが、英語ですし、カスタマイズも必要なのでちょっとわかりにくいかも知れません。

こちらの記事では、無料会員の登録方法とグラマリーの使い方を詳しくご説明しています。

Grammarlyのアプリやアドオン

Grammarlyのアプリ・アドオンの紹介

Grammarlyにはオンラインツールだけでなく、マイクロソフトオフィスのアプリ (Windows)、Chromeなどのアドオンなどの拡張機能が豊富にそろっています。

拡張機能をインストールするともっと便利に使用することができます。

Grammarlyのアプリやアドオンの使い方についてもこちらの記事で詳しく説明しています。

まとめ:おすすめの英語校正ソフトGrammarly

この記事では、2020年の時点で一番おすすめの英語の校正ツール「Grammarly」について詳しくご説明してきました。

Grammarlyは、ほかの英文校正ソフトに比べて、無料でも文法やスペルチェックの精度が高いことで有名です。

また、英文を入力する画面がシンプルで、誰でもかんたんに使いこなせるのが特徴です。

英語を学習している方は英語力向上させることができますし、英語で仕事をしている方は正しい英語でメールや資料をスピーディに作ることができます。

Grammarlyは英語を使うすべての人を強力にサポートする便利な英語ツールなんです。

ミッキー
ミッキー

ほんとうにおススメです。

無料で使えて文字制限や期間制限もないので、まだ使ったことがない方は自分に合うかどうか試しに使ってみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました