【翻訳の勉強法|初心者の方必見!】英字新聞やアプリで効率的に読解力をレベルアップ!

翻訳の勉強(英文解釈)アイキャッチ画像英語関連
ミッキー
ミッキー

こんにちは。ミッキーです!
在宅や社内翻訳も含めて約15年間、色々な翻訳の仕事をしています。

翻訳の仕事は在宅で働くことができるため、専業主婦の方やフリーランスで働きたい方などに「翻訳者になりたい!」という方が増えています。

でも、翻訳者になるには専門の学校に長年通って勉強しないといけないんじゃないの?

大丈夫です!学校に通わなくても独学で翻訳家になる方法はあります。現にわたしは専門学校に行ったことはなく、翻訳の勉強は本を読んだり通信で独学で勉強しました。

学校に行くとカリキュラムに沿って教えてもらえるのでいいのですが、時間もお金もかかってしまいます。独学であれば家でも電車の中でもできて自由に自分の時間が使えます。

翻訳者になるために勉強するべき内容に興味のある方はこちらをどうぞ。

翻訳者を目指すなら必ず必要な「5つのスキル」とは?【初心者必見!】
翻訳者には、英語のスキルだけでなく、日本語の能力・翻訳の技術・専門分野の知識・検索の能力が必要です。この記事では、翻訳者になるためにはなぜこの5つのスキルが必須なのかを説明しています。
ミッキー
ミッキー

この記事では、独学で効率的に「英文解釈=読解力をつけるために活用したい英字新聞や英語サイト、おすすめのアプリを紹介します。

スポンサーリンク

翻訳者になるために英字新聞やアプリで効率的に読解力を上げる方法

「短期間で英文法と単語のレベルを上げる方法」では、翻訳者になるために、効率的に英文法と単語のレベルをアップする方法を説明しました。

【翻訳の勉強法 】英文法と単語をレベルアップ | 初心者の方必見!
翻訳者になるためには、英文法、英単語、英文解釈を組み合わせて勉強すると効率よく英語のスキルアップができます。この記事では、独学で翻訳者になったわたしの経験を踏まえて、初心者が英語力を効率的に上げる方法をお伝えします。

英文解釈の力、すなわち読解力をつけるための一番の近道は、一にも二にも良質な英文にたくさん触れることです。正しい日本語訳やサマリーがついている英文であればさらに良いです。

この記事は、翻訳者を目指す方だけでなく、海外業務の方など英語を使う仕事のに方も参考になると思いますのでよかったら読んでみてください。

翻訳者になるためには洋書を読めばいいのか?

英字新聞の画像

「読解力をつけるために洋書を読む必要はありますか?」という質問をよくいただきます。わたしも洋書を読むのは好きですし、出版翻訳を目指す方であれば、英字新聞ではなく洋書の方を優先して読むといいと思います。

「趣味が洋書を読むこと」で翻訳者になりたい方も多いと思います。ふだん洋書を読んでいる人は英文を読み慣れているので、1つの文章が理解できなくても大体の意味を推測するのに慣れているという利点がありますね。

でも、最短で効率的に実務翻訳者になるためには、洋書ではなく英字新聞や英語ニュースサイトを重点的に読むことをおすすめします。

というのも、様々な分野の良質な英文が満載されているため、技術系の情報を伝えている記事を多く読むことで、効率的に読解力を上げていくことができるからです。

技術系の文章は、文芸書のような形容詞などの修飾の多い美しい文章というよりも、簡潔で分かりやすい文章、いわゆる3C(Correct・Clear・Concise)が良いとされています。

マニュアル、規格、契約書などの技術文書は、読む人によって解釈が異なるような文章ではいけないからです。

「何が→何を→どうするのか」を簡潔に書くことで、どの国のどんなバックグラウンドの人であっても誤解されないようにできるのです。

翻訳者の場合、和訳だけでなく英訳をすることも想定されますので、3Cを意識した形式で書かれた英字新聞のような媒体の文章を多く読んでおくと、英訳をするときにも訳に立ちます。

ニュースであれば、日本語でも耳にするような内容が英語になっているので、技術系の資料や文献などと違って、まったく意味が分からない、ということがないのもメリットと言えます。

とはいうものの、英語のニュースは面白くなくて続かない、という方もいらっしゃると思います。その場合はご自分の興味のある分野の記事を中心に読んではいかがでしょうか?

わたしはAI、ロボット、ロケット、人工衛星、新しいガジェット、などのテクノジー系の記事が好きで、ついついその分野ばかり読んでしまうのですが、このような知識も技術翻訳の役に立つかな、と思っています。

【2020年版】英字新聞|おすすめ6選

digital-English-news-paper

英字新聞や英語の雑誌は紙のほうが読みやすい、という方もまだまだ多いと思います。もちろん今の便利な時代には無料で英語のニュースを読めるサイトがもたくさんありますが、紙の紙面ならではの読みやすさもあります。

ここはお好みで、「紙で読むほうが読みやすい」という方は紙媒体の新聞を購読して読んでくださいね。わたしは個人的には場所を取る紙媒体よりもiPhoneやiPadでどこでも読めるデジタル版の方が好みです。

この記事では、わたしも使用していたり、使用したことのあるおすすめのものだけをお伝えします。なお、保守派やリベラルなどのメディアの主義については度外視しています。

ミッキー
ミッキー

ご自身の好みがある方は、それに沿った新聞や英語のサイトを選んでくださいね!

【日刊】英字新聞:おすすめ2選

日刊の英字新聞ではこの2紙をおすすめします。

  • The Japan News (中級~上級)
  • The Japan Times / The New York Times(上級)

The Japan News (中級~上級)

The Japan News(ジャパン・ニューズ)は読売新聞社が発行しています。

わたしはThe Japan Newsのデジタル版が英語ニュースサイトの中で一番読みやすくて好きなのですが、紙の媒体で読みたい方はぜひ購読してみてくださいね。

読売新聞の社説が英日併記で掲載されていたり、ワシントンポストやタイムズなどのニュースも載っています。

ありがたいことに英字新聞なのに3,665円と日本の新聞なみにリーズナブルな価格設定になっています。

The Japan News
月額:3,665円

The Japan Times / The New York Times(上級)

The Japan Times / The New York Times
国内で編集されるThe Japan Timesと海外で編集されるThe New York Times International Editionを世界中の出来事・事件を伝え読み解く、最良の英字新聞「The Japan Times / The New York Times」としてお届けいたします。定期購読者はジャパンタイ...

The Japan Timesの紙の新聞は、なんとThe Japan Times、The New York Times、そして週刊のThe Japan Times On Sundayのセットというお得感満載のセットで提供されています。

月~土曜日は The Japan Times / The New York Times 、日曜日はThe Japan Times On Sundayが送付されます。

Japan Timesは創刊1897年の日本で最も歴史があり、一番定評のあるクオリティの高い上級者向けの英字新聞です。

値段が高いのが玉に瑕ですが、上級の方はぜひ読んでみるといいと思います。半年か1年の購読の定期購読になります。デジタル版については後述します。

The Japan Times

6か月:32,250円、12か月:60,830円

【週刊】英字新聞:おすすめ4選

週刊であれば紙の媒体で購読したい、とう方のためにレベル別に週刊の英字新聞をご紹介します。日刊と違って週刊であれば無理なく続けることができますね。

初級~中級の場合は、Asahi Weeklyのようにカラーや画像が多く日本語訳もついている英字新聞であれば、楽しく読めること間違いなしです。

  • Asahi Weekly:初級~中級(おすすめ)
  • Mainichi Weekly:初級~中級
  • The Japan Times Alpha:初級~中級
  • The New York Times International Weekly:上級

Asahi Weekly

週刊英和新聞Asahi Weekly (朝日ウイークリー)
朝日ウイークリー(AW)の記事は、初級・中級・上級とレベル別になっているので、毎週レベルアップを目標に読み進められます。英文ニュースや英語エッセーなど一部の記事は、音声を聴くこともできます。AW独自の工夫をこらした英作文、英文法などの学習コラムから、国内外のニュース、エッセー、エンタメ、クイズ、星占いまで、多彩な内容で...

「朝日ウィークリー」は朝日新聞社が発行しています。わたしも昔はAsahi Weeklyを購読していました。

初級・中級・上級とレベル別になっているので、レベルアップを目標に読み進められます。英文ニュースや英語エッセーなど一部の記事は、音声を聴くこともできます。

レベルに応じた対訳、日本語注釈つき。

週刊英和新聞Asahi Weekly (朝日ウイークリー)
月額:1,016円

Mainichi Weekly:初級

Mainichi Weekly(毎日ウィークリー)
全ページ日本語注釈付きで、電車の中でもニュースやコラムがどんどん読めます。「ドラゴン桜」の英語教師のモデル・竹岡広信先生や、英語界のカリスマコーチ・安河内哲也先生のコラムなど学習面も充実。字幕翻訳の第一人者、戸田奈津子さんの映画解説など、エンタメからビジネスまでバラエティー豊かです。公式サイトでは1面記事などの英語音声...

「毎日ウィークリー」は毎日新聞社が発行しています。すべてのページに注釈または日本語対訳がついており、初級者でも十分に理解することができる内容となっています。

話題のニュース、映画・ドラマ、TOEIC・英検対策など、様々なジャンルが網羅されていて楽しみながら英字新聞を読むことができます。

隅から隅までじっくり読めばかなり勉強になるのではないかと思います。

Mainichi Weekly(毎日ウィークリー)
月額:1,017円

The Japan Times Alpha


初級~中級の記事を読むのに慣れてきたら、The Japan Times Alphaのような定評のある週刊の英字新聞にランクアップするのがおすすめです。

その週に起きた重要なニュース、世界中のトレンドなどの英文記事が、無理なく読切れるボリュームで掲載されています。

和訳や解説が付いているので、辞書を引く手間を省いて効率的に勉強できます。

The Japan Times Alpha
月額:3,750円 (3か月)

The New York Times International Weekly

The New York Times International Weekly(ニューヨーク・タイムズ・インターナショナル・ウイークリー)
米国ニューヨーク・タイムズ紙の紙面から取り上げた、論説、国際トレンド、経済、科学、テクノロジー、生活・文化、アート&デザイン等のフィーチャー記事が8ページの紙面に満載されています。英語のレベルは、「アメリカの新聞」そのもので、日本語の解説等はありませんので、上級者向きです。

ニューヨーク・タイムズ紙が編集した週刊の英字新聞です。ニューヨーク・タイムズ紙で取り上げられた、経済、科学、テクノロジー、生活・文化、アート&デザイン、論説、国際トレンド、などの記事が掲載されています。

日本語の注釈や和訳などは一切なく日刊の新聞を週刊にした形式。よりクオリティの高い記事が読みたい上級者の方向きの新聞です。

The New York Times International Weekly
3,366円/3か月

スポンサーリンク

【2020年版】デジタル版・英字新聞|おすすめ7選

無料で読めるデジタル版のニュースサイトではこの7つ(日本4つ、海外3つ)をおすすめします。

日本の英文サイト:4選

japanese flag iamge

  • The Japan News (旧 Daily Yomiuri):中級~上級(特におすすめ)
  • The Mainichi:中級~上級
  • Japan Today:中級~上級
  • The Japn Times:上級 ※記事10本/月のみ無料

The Japan News (旧 Daily Yomiuri):中級~上級(特におすすめ)

わたしが一番好きなのは、旧Daily YomiuriのThe Japan Newsです。フォントが好みで読みやすいのと、紙面の色合いがシャープでシンプルなところ、そして記事の配列が見やすいところがとても気に入っています。

PCサイトもアプリも同じように見やすく作られています。日本の英字新聞としては一番おすすめしたいサイトです。

最新2週間の記事がPCとアプリの両方とも無料で読めます。登録するとPremium記事も2週間分は無料で読むことができますので、昔の記事を読まないでいいのなら有料会員にならなくても大丈夫、というありがたいサイトです。

わたしはThe Japan Newsの中のビジネス系の記事を読むことが多いのですが、まずBusinessのタブを押したときに記事が一覧でずらっと出てくるので、さっと自分の見たい記事を探し出すことができるところもおすすめポイントです。

画面の右側に天気と為替、そしてTOPIXの最新情報が出ているところも便利です。本当におすすめです。ぜひ一度読んでみてください。

The Japan News

The Mainichi:中級~上級

毎日新聞のサイトの英語版です。右上にあるJapaneseというところをクリックすると日本語版に変わります。日本語版の方は有料です。試してみましたが、クリックしてもその英語の記事の対訳の日本語が出てくる訳ではありませんでした。

わたしはフォントや見た目がそれほど好みではないので時々しか読んでいませんが、毎日新聞をふだん読んでいる方や毎日新聞のデジタル版を購読している方は読んでみるといいと思います。

The Mainichi

Japan Today:中級~上級

わたしの記憶だと昔はJapan Todayは英日併記だったような気がするのですが…記憶違いだったらすみません。

こちらもインターフェースはThe Mainichi と同じような感じです。難易度はMainichiよりも簡単な気がします。特に気になる記事がある場合などに読んでみてはいかがでしょうか。

JAPAN TODAY

The Japan Times:上級

Japan Timesは創刊1897年。日本で最も歴史があり、一番定評のあるクオリティの高い上級者向けの英字新聞です。

無料会員でも1月に10本だけ記事を読むことができます。できればもうちょっと無料で読める記事数を増やして欲しい!

上級者の方は、Japan Timesなどの上級者向けとして定評のある媒体も時々読むようにすると勉強になると思います。何といっても文章が洗練された難易度の高い英文を読む習慣が身に付きますね。

わたしもThe Japan Timesの記事は時々読んでおかなければいけないかな、と思って時々購読しています。

プランは以下の2種類です。LITEのほうであれば900円ですので比較的気軽に試すことができますね。申込月は購読料が無料ですし、無料で7日間サンプルとして試してみることもできます。

  • DIGITAL LITE(月間80記事の閲覧):月額 900円
  • DIGITAL (記事数の制限なく閲覧が可能):月額 3,000円

Japan Times Digital

アメリカの英文サイト:2選

アメリカの旗の画像

  • USA TODAY:中級~上級
  • CNN:中級~上級

USA TODAY (米):中級~上級

USA TODAYはEntertainmentの記事も充実しているアメリカのいわゆる大衆紙です。アメリカで一番読まれている人気の新聞です。

高級紙という部類には入りませんが、TECH関係の記事などは文章もしっかりしていますし面白い記事もあるので、インターフェースが気に入った方は読んでみてはいかがでしょうか。

USA TODAY

CNN (米):中級~上級

ワーナーメディアが運営する海外ニュース部門が運営するサイトです。日本でもニュース専門チャンネルのCNN USが有料で視聴可能です。

わたしはアメリカでCNNのテレビを観ていると、同じニュースを何度も何度も放送しているのと、コメンテーターのコメントがなんだか偏り気味(現在だとトランプ大統領批判ばかりで観ていて疲れる…)。

このため、最近はあまり好きではないのですが、ニュースサイトの方はBusinessとTECHを時々読んでいます。

CNN

イギリスのサイト:1選

england flag image

  • The Guardian:上級(特におすすめ)

The Guardian (英):上級(特におすすめ)

The Guardianは英国のクオリティの高い上級者向けの日刊紙です。デジタル版を無料で読むことができます。このような上質の英文記事が無料で読めるというのは本当にありがたいことです。

上級者の方はぜひとも目を通してみてはいかがでしょうか。もちろんイギリスのサイトなのでイギリスやEUのニュースが中心ですが、文体自体も勉強になるので、世界でも話題になっているような記事を読むといいと思います。

無料ではあるのですが寄付を募っているので、ときどき「お心があればどうか寄付してください」というコメントが表示されます。わたしもそろそろ少し寄付をしないと、と思っています。無料で読めなくなると困りますし…。

現代人は何かと忙しくてすべての新聞に目を通すことなんてとてもできませんし、1紙ですらなかなか読む時間が取れないかも知れません。

このため、ぱっと見てみて自分のフィーリングに合う読みやすい英字新聞のサイトを選ぶことが継続して読む習慣をつけるために重要だと思います。

The Guardian

スポンサーリンク

【2020年版】英語のニュースサイト:4選

  • POLYGLOTS(ポリグロッツ)(英日):初級~中級(おすすめ)
  • 世界へ発信! ニュースで英語術(英日):初級~中級(おすすめ)
  • SmartNews:初級~中級~上級(おすすめ)
  • BBC:中級~上級(おすすめ)

ぜんぶ「おすすめ」とつけてしまいましたが、どのサイトもそれぞれの良い点がありますので、デジタル版の新聞と同様に長続きするサイトを読む習慣をつけるといいと思います。

POLYGLOTS(ポリグロッツ):初級~中級

英語学習 POLYGLOTS-英語アプリでTOEICや英語テストの対策!平均でTOEIC200点UP

英語学習 POLYGLOTS-英語アプリでTOEICや英語テストの対策!平均でTOEIC200点UP
無料
posted withアプリーチ

PCではなくスマホのアプリで使用します。ニュース記事が一人一人の好みに合わせて表示されますので、使いやすいサイトでおすすめです。

記事には「ペースメーカ機能」が付いていますのでペースメーカに負けないように読む癖をつけると英語の速読力が飛躍的に向上します。 TOEICやTOEFLのレベル別英単語も勉強することができます。

何といっても日本語訳のある記事が多いので、英語の読みっぱなしではなく日本語でも意味をしっかり確認できるのがいいところです。翻訳の練習をすることもできます。

月額480円の有料会員であればリスニングができる記事を読むことができますので、TOEICや英検の対策としても活用できます。

料金:無料(有料コースあり)

世界へ発信! ニュースで英語術:初級~中級

2018年の春にリニューアルしてスタートした無料のNHKのサイトです。

平日は1日に記事が1つ更新されます。特徴は、和訳が付いていることと、音声があること、そして重要な単語については単語をクリックすると意味を確認することができるようになっていることです。

また、Flashcardsで単語の復習ができたりセンテンスの学習もできるので、ただ英文を読むだけでなくじっくり理解することができます。和英の練習にもなります。

1つの記事は短めですので、時間がなくても「必ず毎日1つの記事を勉強する」と目標を決めて取り組むのもいいと思います。

わたしもちょっと最近サボっていたのでこれを機にまたちゃんと勉強しようと思います。

料金:無料

SmartNews:初級~中級~上級

スマートニュース - 無料でニュースや天気・エンタメ・クーポン情報をお届け

スマートニュース – 無料でニュースや天気・エンタメ・クーポン情報をお届け
無料
posted withアプリーチ

このような感じでチャンネルを登録すれば、CNN、BBCはもちろん、TIME、Newsweek、共同通信社のKyodo News Plusやエンタメ系のHuffPost、そしてわたしの好きなテクノロジー系の記事が読めるTechChurchなどを、タブの切り替えだけで簡単にブラウズすることができて本当に便利です。

無料でこれだけの記事が読めるので当然と言えば当然ですが、記事の間に広告が入ってくるのだけがデメリットと言えます。わたしは特に気にならないので活用しています。

料金:無料

BBC (英):中級~上級

BBC News

BBC News
無料
posted withアプリーチ

毎月1500万人もの閲覧者が訪れる、イギリスの中で最も人気のあるニュース・ウェブサイトの1つです。

SmartNewsでもBBCの記事は読めるのですが、BBCのアプリで読むと映像ニュースも数多く見れますし、リスニングも同時に勉強することができておすすめです。

わたしはポッドキャストでもBBCの番組が好きだということもあり、BBCが好きでニュースの記事も時々読んでいます。

料金:無料

まとめ

english-news-paperまとめ画像

ミッキー
ミッキー

この記事では、翻訳者になるために独学で効率的に読解力をレベルアップするための方法を、わたしの経験をもとにお伝えしました。

いまは本当に便利な時代です。効率的に勉強ができる無料・有料のツールがたくさんありますよね。選ぶのが難しいほど無料や有料で読める英語の記事がこんなに多くあるなんて、昔では考えられないことです。

いまではこのような便利なツールを使用することで読解力を底上げすることが可能ですので、使わない手はありません!

わたしの略歴と持っている資格

ミッキー
ミッキー
  • 社内翻訳の仕事をしています。翻訳歴は約15年です。
  • 工業・技術の文書、仕様書、規格、メール、契約書などを英語⇔日本語に翻訳しています。
  • 以前は英語学校で講師としてTOEFLなどを教えていました。
  • 持っている資格はTOEIC990点・英検1級・全国通訳案内士です。
  • 大学は英語学専攻で「定冠詞・冠詞」について卒論を書きました。

翻訳者が愛用する辞書「英辞郎」の詳しいレビューはこちら  

翻訳者が愛用する翻訳の強い味方、英辞朗とは?【使うべき3つの理由】
英辞郎はわたしが20年以上愛用している、圧倒的な語彙数と例文数の英和・和英辞書。他の辞書には載ってない単語が見つかる翻訳者の強い味方です。この記事では、翻訳作業が数倍スピード化する英辞郎のオンライン版とDVD版について徹底レビューします!

英文のレベルを上げるなら、英語の校正ツール「Grammarly」で自分の間違いを確認するのがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました