【最新版】Grammarly 無料会員の詳しい登録方法・使い方

Grammarly無料会員の登録方法と使い方アイキャッチ画像英語関連

「英文を作ったけれどあまり自信がない…」
「ネイティブの人が見たときに変な文章になっていないか心配」

こんなお悩みはありませんか?

自分の書いた英文に自信がないときに、英語の文法やスペルを一瞬でチェックしてくれるオンラインツールがあると、本当に安心ですよね。

わたしは翻訳者ですので常にいろいろな英語校正ツールを使ったり試したりしていますが、2020年の時点ではGrammarly(グラマリー)がダントツで一番おすすめです。

Grammarlyとは、英作文の文法・スペル・語彙が適切に使われているか・剽窃などを自動でオンラインでチェックしてくれる、無料の多機能型の英語校正ソフト。

世界で一番ユーザーに支持されている英文チェックツールです。

Grammarlyが「なぜおすすめなのか」についてはこちらの記事に詳しく解説しています。

【無料!】世界で一番人気の英語校正ツール Grammarlyとは?
英語を勉強している方、英語でエッセイや論文を書く方、仕事で英語を使う方にとって英語の校正ツールは必須のアイテムです。この記事では世界でユーザーから圧倒的に支持されている無料の英文チェックツール「Grammarly」について詳しく解説します。

この記事では、Grammarlyの無料会員に登録する方法、そして登録した後の使い方について詳しくご説明します。

この記事を読めば、Grammarlyの使い方がすべてわかります。

この記事は、こんな方におすすめです。

  • Grammarlyに興味があるけれど英語のサイトなので登録するのがちょっと心配。
  • Grammarlyに登録するときに間違って有料会員に登録してしまわないか不安。
  • Grammarlyの細かい使い方がイマイチ分からないので教えて欲しい。
スポンサーリンク

Grammarlyに無料登録する方法 【2020年最新版】

まずはGrammarlyに無料登録する方法をご説明します。

登録方法自体はそれほど難しいわけではないのですが、自分仕様にカスタマイズするために進んでいくうちにいろいろ質問されます。

カスタマイズは飛ばして後で設定することもできますが、登録の時点でやっておけば後で設定しなくてもすぐに使えて楽なので、このステップに沿って登録してみてくださいね。

Grammarlyの無料会員に登録する

登録ステップ:登録ページでメールアドレス、パスワードを入力

Grammarlyの無料アカウントの登録はこちらの公式ページからどうぞ。

クリックすると、このような「グラマリーでライティングをスタート。アカウントを作成しましょう」というページが出てきます。

Grammarly-無料会員の登録の最初の画面

グーグルのアカウントがない方、またはグーグルのアカウントを使いたくない方は、上の画像の青字のそれぞれの枠のところに「メールアドレス」「パスワード」「ユーザー名」を入力します。

ユーザー名は任意の好きなユーザー名で大丈夫です。

グーグルのアカウントでログインする方は、青字の上の部分の「Continue with Google (グーグルアカウントで続ける)」をクリックすると、メールアドレスとパスワードを入力する画面になります。

上記のどちらかの方法で入力が完了したら、緑色のSign up(登録)というところをクリックします。

登録ステップ:グラマリーのカスタマイズ

次に、自分が作成する英文の文体を設定するために初期のカスタマイズを行います。

※一番下に出てくる「Skip personalization」というところをクリックして、スキップすることもできます。

英文を校正するのはどんなときか?

Grammarly-無料会員登録ページの画像

英文を校正するのはどんなときか?

 School(学校)/ Work(仕事) / Other projects(その他のプロジェクト)のどれかを選択します。

主に仕事で使うのであれば、Workをクリックします。今回はデモ用にWorkをクリックしてみました。

Grammarly-無料会員登録ページ-Workを押したところの画像

選択すると緑色に変わりますので、その状態でContinue(次へ)をクリックします。

Grammarlyでどのような機能を使用したいか

Grammarly-無料会員登録ページ-何のために使いたいのか指摘する画面

Grammarlyでどのような機能を使用したいか、あてはまるものすべてにチェックします。

  • Spelling and grammar: スペルと文法
  • Sounding fluent: 流ちょうさ
  • Clear communication: コミュニケーションの明確さ
  • Plagiarism: 盗用
  • Synonymous: 類義語
  • Tone and delivery: 文調・伝え方
  • Conciseness: 簡潔さ
  • Other: その他

今回はぜんぶクリックしてみました。クリックしたところは薄い緑色に変わります。

Grammarly-無料会員登録ページ-どんな機能を使いたいか選ぶ画面

選び終わったらContinue(次へ)をクリックします。

文章のトーンを選ぶ

Grammarly-無料会員登録ページ-どんな文のトーンかを選ぶ画面

次に、文章をどんな感じのトーンにしたいかを選びます(後でも変更できます)。

  • Informative: 説明的な口調
  • Friendly: フレンドリーな口調
  • Defensive: 自己弁護的な口調
  • Angry: 怒り口調
  • Forceful: 強制的な口調
  • Neutral: 自然・中立な口調
  • I’m not sure: わからない

今回はフレンドリーを選びました。

Grammarly-無料会員登録ページ-トーンをフレンドリーにしたところの画面

さらに、Continue(次へ)をクリックします。

一次言語を選ぶ

Grammarly-無料会員登録ページ-主要言語を選んだところの画像-

使用している言語を選びます。わたしたちの場合はJapanese(日本語)ですね。

Grammarly-無料会員登録ページ-主要言語を日本語にしたところ

日本語を選んだら、さらにContinue(次へ)をクリックします。

登録ステップ:無料会員と有料会員を選択

Grammarly-会員登録ページで無料会員と有料会員をえらぶ画像

この画面で無料会員か有料会員かを選びます。「あなたの文章を「良い」から「素晴らしい」に変えましょう」と書いてありますね。

  • 無料プランの場合は左側の「Continue to Grammarly」と書いてある緑色のボタンをクリック。
  • 有料プランの場合は右側の「Level up with Premium」というオレンジ色で白抜きのボタンをクリック。

無料プランなのに間違ってオレンジ色のボタンを押しても、1つ前の画面に戻ればいいだけなので大丈夫ですよ。

クレジットカード情報を入れない限り、有料会員に自動で登録されるなどということはありません。

ボタンをクリックすると、無事に登録完了です。

ミッキー
ミッキー

おつかれさまでした!

Grammarly 登録完了後のデモ画面

Grammarly-無料会員登録後のカンタンなツアーをしてくれる画像

会員登録が完了すると、Grammarlyの使い方についてカンタンに説明してくれます。

見たい場合は「START A QUICK TOUR」緑色のボタンを押します。特に見る必要はなく、すぐに使いたい場合はその下の「Skip the tour」をクリックします。

Grammarly-登録後のDemo画面の画像

すると、「Demo document」と出ていますね。これはGrammarlyの機能を示すデモの画面です。

Grammarlyに新規文章を入力する

それではさっそく新規の文章を作成していきましょう。試しにいくつか文章を入れながら使い方を確認していきます。

また、Grammarlyでどのような機能があるのか、そしてカスタマイズの方法についてもご説明します。

Grammarlyの画面はこのような4つの構成になっています。

Grammarlyの基本画面の説明

まずは、新規文章の画面を立ち上げます。

Step ① 新規文章の画面を表示させる

 Menuをクリックする

新規の文章を作る際には左上の青色の三本線のところをクリックします。

Grammarly Menu画面

すると、サイドバーにGrammarlyのメニューが出てきます。

Grammarly-左側のタブを押して開けて新規文書を選ぶ画像

New documentをクリックする

赤枠に示した「New document」というところをクリックすると、新規文書の入力画面になります。

Step ② 新規文章に入力する

テキストを直接入力またはコピーペースト

Grammarlyの新規文書の画面

入力する方法は、上の画像の青い枠のところに文章を直接タイプするかコピーペーストします。

その上に「Add a title…」と出ていますが、見出しがあるような文章はこの部分にタイトルを入れます。それ以外は特に気にせずその下のところにテキストを入れます。

テキストをアップロード

テキストを読み込んで使用する場合は、サイドバーの「New document」の下にある「Upload file」をクリックしてファイルを選択します。

Grammarlyに文章をアップロードする

注意点

アップロードできるのはWordファイルやテキストファイルで、パワーポイントやエクセルファイルなどはできません。

Step ③ 自動で修正が入る

辞書にのっていない単語をユーザー辞書に登録

文章を入れるとすぐに左の青枠のように修正が必要な部分には自動で赤線が入ります。

赤線の入った個所をクリックすると、右側にその理由と修正候補が表示されます。

Step ④ 修正候補をどうするか選択する

修正候補をクリックして適用する

修正する場合は候補の出ている緑色の単語を選んでクリックするだけです。

例えば上の画像の例ではスペルミスの場合です。このように間違った箇所を確認して修正することができます。

修正候補を無視する

修正の候補が入っていても修正したくない場合もありますね。

そんな場合は、ちょっと見づらいですが、右下のゴミ箱マークをクリックすると、修正せずにそのまま自分の入れた単語や文章を使うことができます。

Grammarlyの辞書追加・ゴミ箱機能

 単語を辞書に追加する

辞書に載っていないような単語、例えば固有名詞などは一度Grammarlyのユーザー辞書に登録すると次からは赤線が入りません。

辞書に追加するには、修正候補の左下にでている「Add to dictionary」をクリックすると辞書に追加されます。上の画像の左側のところですね。

ミッキー
ミッキー

基本的な使い方は本当にカンタンです。

文字のフォーマット機能

わたしはあまり使っていないのですが、文章入力画面の下のほうには文字を装飾できる機能もついています。

Grammarlyの文章作成画面の文字の選択

太字、イタリック、下線をつけたり、見出し1・2のようにフォントの大きさを変えることもできます。

さらに、リンクをつけたり、箇条書きにすることもできます。

Grammarlyの文章作成画面の文字の選択・クリア

フォーマットをクリアするには一番右の青枠の部分をクリックします。

Grammarlyの左側のサイドバーの使い方

左側のサイドバーには「Grammarly Home」と「Menu」の2つがあります。Menuには先ほどの新規文書の項目がありましたね。

それぞれの内容を確認しておきましょう。

Grammarly Home(グラマリーホーム)

左上のGというロゴが出ている部分にカーソルをあててクリックします。

Grammarly Home (My Grammarly)

するとこのような画面が表示されます。ここは My Grammarlyというマイページになります。

My Grammaryの説明

この中にも「New」という項目と「Upload」という項目がありますね。ここから新規文章を作成したりファイルを読み込んだりすることもできます。

また、いままで入力した文章はこんな感じでここにすべて自動保存されています。

My Grammarlyのドキュメントの履歴

検索窓にテキストを入力して履歴を検索することもできます。

それぞれの文章にカーソルをあてるとこのように下の方にアイコンが出てきますので、削除する場合はゴミ箱マークを、保存する場合は矢印マークをそれぞれクリックします。

自動保存された文章を削除する

Account:Grammarlyのアカウント

Grammarly Account

アカウントのところをクリックするとアカウントの設定画面になります。

ここでプロフィールやメールアドレス、パスワードを設定します。

Apps:Grammarlyのアプリ

Grammarly Apps

Appsというところをクリックすると、ダウンロード可能なアプリ、プラグイン、アドオンが表示されます。

Grammarly Appsのインストール画面

自分の使いたいツールがあればインストールをクリックします。

わたしの場合はウィンドウズのアプリ、Google ChromeのアドオンがすでにインストールされているのでActive(アクティブ)な状態になっています。

Premium:Grammarlyの有料会員

Grammarly Premiumのアイコン

有料会員に申し込む場合は「☆ Premium」という項目のところから申し込むことができます。

Log out:Grammarlyをログアウト

Grammarly ログアウトのアイコン

いったんGrammarlyをログアウトしたい場合はここからログアウトできます。

再度ログインするときもこの場所からログインできます。

Grammarly Menu(グラマリーのメニュー)

もう1つ左側にあるのはグラマリーのメニューです。先ほどもここから「New Document」を選びましたね。文章のアップロードもここから行います。

Grammarly Menu画面

左上の青色の三本線のところにカーソルをあててクリックします。するとこのような画面になります。ここから「My Grammarly」のページに飛ぶこともできます。

Grammarly サイドバー

Download:入力した文章のダウンロード

入力した文章をダウンロードしたい場合は、Downloadをクリックすると文書を保存します。

Grammarlyの文章を保存する

保存できるのは、Wordファイルの形式のみです。

Print:テキストの印刷

Grammarlyの印刷アイコン

Printというアイコンをクリックすると、入力画面をそのまま印刷することができます。

Editor Settings:編集者の設定

Editor settingsのアイコン

このアイコンをクリックするとこのような画面が表示されます。Editor settingsの画面

エディターの設定ではこの3つが設定できます。

  • 次のアラートに自動で移動する
  • 引用内のテキストはチェックしない
  • テキストの文字を大きくする
ミッキー
ミッキー

フォントの大きさも設定できるので便利ですね。

Language preference:英語の好みの選択

Grammarly-Language-preferenceの画像

「Language preference」をクリックすると、アメリカ英語、イギリス英語、カナダ英語、オーストラリア英語の中から希望する英語の種類を選ぶことができます。

アメリカ英語とイギリス英語ではスペルが違う単語もありますし、文脈の中で使われる単語も変わってくるのでこの機能があると助かります。

例えば、イギリスに留学している方はエッセイなどもイギリス英語で書くことになると思いますので、イギリス英語に設定しておけば安心です。

ミッキー
ミッキー

このように、細かい設定ができるのもGrammarlyのいいところです。

Classic Editor:クラシックエディタ

クラシックエディター選択アイコン

メニューの下の方に「Back to Classic Editor(クラシックエディタにする)」という項目があります。

クラシックエディタというのはアップデートする前の画面で、現在のGrammarlyの入力画面よりもシンプルなタイプになっています。

クラシックエディタの入力画面

左側に黒いサイドバーがあるだけで、いまの画面のように点数が右側に出たり評価が出たりしないシンプルな画面になっています。

「シンプル・イズ・ベスト」で余計なものはいらない、という方はクラシックエディタを試してみてはいかがでしょうか。

黒いバーの「New」というところをクリックするといまの画面に戻ります。

Grammarlyの右側のアシスタントの使い方

Grammarlyには便利なアシスタント機能が付いています。アシスタント機能は画面の右側に縦1列に備えられています。

Hide Assistant:アシスタントを表示しない

Hide assistant

画面を大きく使いたい場合や、仕事で使っているときでいちいち点数を出したくないときなどは青枠のところをクリックするとアシスタント画面が非表示になります。

See performance:パフォーマンスを見る

入力テキスト例-1

いまは点数が76点になっていますね。「See performance」をクリックすると入力した文章のパフォーマンスを見ることができます。

パフォーマンスの例

それぞれの項目の内容です。

Word Count

ここでは、文字数、単語数、文の数、そして読み取りにかかる時間、読み上げ時間が自動で表示されます。

Readability

ここは、文章の読みやすさが点数で表示されます。1文が平均よりも長すぎると読みにくい場合があります。

そのような場合は文章を2つに区切るなど工夫をすると読みやすくなります。

Vocabulary

ここは、どれくらい独特な単語やあまり使われない単語を使っているかが%で出ています。

この割合が低ければ低いほどみんなが使っているような単語を使っているということですね。

ライターや小説家などの場合はユニークな単語を使った方がよく、このスコアが低いほうがいいのかも知れません。

今回は間違いの多い短い文章を例として入れていますが、スコアは85点となっていますね。

「この文章はシンプルで読みやすく、小学校6年生(11歳)以上の人には理解してもらえるでしょう」とあります。うーん、なんだか複雑な気分になるコメントですね(笑)。

このパフォーマンスをPDFに保存することもできます。

Set goals (目標の設定)の設定

Grammarly-Goalの設定の画像

Goals Set goalsでは「目標の設定」の設定をします。

Grammarly-Set-Goal

それぞれ見ていきたいと思います。

Audience:読み手のタイプ

Set Goals Audience

ここでは、文章を読む人がどんなタイプの人かを設定します。

  • General: 一般の人向け
  • Knowledgeable: 知識のある人向け
  • Expert: 専門家向け

デフォルトは「Knowledgeable」に設定されています。

一般向けであれば難しすぎる単語を使うとアラートが出ますし、逆に専門家の場合は専門用語を使う設定になります。

Formality:文章の形式

Set Goals Formality

ここでは、文章をどのような形式の文体にするかを設定します。

  • Informal: くだけた文体
  • Natural: 標準的な文体
  • Formal: フォーマルな文体

デフォルトは「Natural」です。「Natural」ではスラングは禁止しますが、標準的なカジュアルな表現はOKの設定にします。

友だちに書くメールなら「Informal」でビジネス英語なら「Formal」のように選択できます。

Domain:分野

Set Goals Domain

ここでは、文章をどのような分野向けの文体にするかを設定します。自分の希望する文体にチェックを入れると、AIがそれに沿った添削をしてくれます。

  • Academic: アカデミック(学術的)
  • Business: ビジネス
  • General: 一般
  • Email: メール
  • Casual: カジュアル
  • Creative: クリエイティブ

無料で設定できるのは一般向けの「General」のみで、ほかのシチュエーションについては有料のプレミアム会員向けとなっています。

特に論文を書いたりするような研究者の方や修士・博士課程の方などは、プレミアム会員を検討してもいいかも知れませんね。

Tone:文章の口調

Set Goals Tone

ここでは、文章をどのような口調の文体にするかを設定します。

  • Neutral: 標準
  • Confident: 自信がある感じ
  • Joyful: 楽しい感じ
  • Optimistic: 楽観的な感じ
  • Friendly: フレンドリーな感じ
  • Urgent: 急いでいる感じ
  • Analytical: 分析的な感じ
  • Respectful: 丁重な感じ

これは、Grammarlyが提案内容のアルゴリズムを調整するための今後の開発用に使われる項目です。

Intent:文章の目的

Set Goals Intent

ここでは、文章をどのような目的の文体にするかを選びます。

  • Inform: お知らせする
  • Describe: 説明する
  • Convince: 説得する
  • Tell A Story: 物語を語る

こちらも、Grammarlyが提案内容のアルゴリズムを調整するための今後の開発用に使われる項目です。

All alerts:文章のすべてのアラート

こちらは、先ほどの新規文書のところで試しに入れてみた文章です。この文章に対する右側のアシスタントのスコアを見てみます。

辞書にのっていない単語をユーザー辞書に登録

Correctness:正確さ

右側のアシスタントのところを拡大してみました。

All Alert Correctness

Correctness」のところにアラートが3つついています。これはアラートが全部で3つあることを示しています。

Clarity:わかりやすさ

その下にある「Clarity」です。ここでは文章がどのくらいわかりやすいかを評価します。

All Alert Clarity

ミッキー
ミッキー

いまは「Very clear(とてもわかりやすい)」になっていますね。

不用な修飾語が多かったり受動態が多かったすると、ここの評価が下がっていきます。

Engagement:読者へのアピール度

これはプレミアム会員向けのサービスです。

文章がわかりやすく生き生きとして、興味深い内容なっており、読者を惹きつける内容になっているかどうかを評価します。

All Alert Engagement

Delivery:メッセージの伝え方

こちらもプレミアム会員向けのサービスです。文章の伝え方のレベルを評価します。

All Alert Delivery

先ほど「Set Goals」でFormality(文章の形式)の設定がありました。

Delivery」の項目では、GrammarlyのAIがさらに文体をフォーマルにするか、自信のある文章にするか、あるいはフレンドリーな文章にするかを判断して、読者にベストな印象を与えるように添削してくれます。

Premium Alert:有料会員向けのアラート

右下の「Premium」というところにと出ていますが、これは有料会員のみが見ることができるアラートの内容です。

わたしは有料会員なのですが、今回は説明用としてもう一つ無料会員のIDを作って、無料会員の場合の内容を表示しています。

Premium Alert

無料会員と有料会員の違いは、このように無料会員では教えてもらえないアラートがあることです。

今回は「intricate text(複雑な文章)」と出ていますね。有料会員ではここをクリックすると修正候補が表示されます。

無料会員と有料会員の違いについてもう少し詳しく知りたい、という方はこちらの記事も参考にしてみてくださいね。

英語校正ツール【Grammarly】有料版がおすすめな6つの理由
Grammarlyは世界で一番人気のある英語校正ツール。有料版は無料版よりもさらに詳しく文法や文体がチェックできます。校正結果を見ることで英語のレベルもアップ!便利な英文チェッカーGrammarlyの有料版と無料版の違いを詳しく解説します。

GrammarlyのWindowsアプリやWebのプラグイン

Grammarly Appsのインストール画面

Grammarlyにはオンラインツールだけでなく、マイクロソフトオフィスのApps (Windows)、Chromeなどのアドオンがあります。

インストールするともっと便利に使用することができます。

GrammarlyのChromeアドオンの使い方

わたしはパソコンのブラウザにChromeを使用しています。

ChromeのアドオンのインストールはChrome Web Storeのこちらから無料で入手できます。

拡張機能をインストールすると、ツールバーのところに赤枠内のGのようなアイコンができます。

Grammarly-for-Chromeのアドオンのクリック画像

使い方はカンタンで、このGをクリックして、左下の青枠のNew Documentというところをクリックすると、新規作成の画面になります。

自動スペルチェックをオンにすると自動でスペルもチェックしてくれます。

Grammarly for Windows(ウィンドウズアプリ)

Windows用のグラマリーはこちらから無料でダウンロードできます。

こんな感じでタスクバーにピン留めしておくとすぐに立ち上げることができます。

タスクバーに入ったGrammarlyの画像

ミッキー
ミッキー

ささっと使えて本当に便利ですよ~。

画面の使い方はChromeアドオンの場合とほぼ同じです。

Grammarly for Microsoft Word and Outlook

マイクロソフトのワードファイルとアウトルックにもGrammarlyをAdd-in(アドイン)として追加することができます。

Grammarly for Microsoft Word and Outlookのダウンロード画面

インストールはこちらのページからどうぞ。「Get it for Windows it’s free」という緑色のボタンをクリックするとダウンロードが始まります。

Grammarly-for-Wordを使って校正をかけているところの画像

Wordの場合、ヘルプの横にGrammarlyというタブが新たに追加されます。使い方はChromeアドオンやWindows用と同じです。

英語の文章を入力すると自動でチェックが入るようになります。Microsoft Outlookの場合はこのような感じです。

アウトルックも同じで、入力すると自動で文法のチェックが入って便利ですよ。

Grammarly-for-Outlookの校正画面

お好みで使いやすいインターフェースを使えるのがGrammarlyのおススメのポイントです。

まとめ:Grammarlyの会員登録の方法と詳しい使い方

この記事では、英語のオンラインチェックツール「Grammarly」の2020年最新版の会員登録の方法と詳しい使い方をご説明してきました。

ミッキー
ミッキー

すべて網羅したのでちょっと長くなってしまいました!

Grammarlyは、ほかの英文校正サイトに比べて、無料でも文法やスペルチェックの精度が高いことで有名です。

Grammarlyとほかの英文校正サイトを比べた記事はこちらをどうぞ

また、英文を入力する画面がシンプルで、誰でもかんたんに使いこなせるのが特徴です。

英語を学習している方は英語力向上させることができますし、英語で仕事をしている方は正しい英語でメールや資料をスピーディに作ることができます。

なのに無料で使えて文字数の制限がないのが嬉しい限りです。

ミッキー
ミッキー

いったん使い始めると、今まで使っていなかったのが信じられないほど便利なツールです!

Grammarlyは英語を使うすべての人を強力にサポートする便利な英語ツール。Grammarlyを使って楽しい便利な英語ライフを満喫してくださいね。

Grammarlyの無料会員に登録する

無料会員で使っていて「やっぱりもっとすべての機能が使ってみたい」とか、「有料プラン (Premium)の機能を使ってもっとスピーディに英語のチェックを終わらせたい」というような方もいらっしゃると思います。

わたしは無料プランが長く有料にするかどうかさんざん迷ったのですが、ググっても実際の違いがあまり分からなかったので、無料と有料の違いを詳しく記事にしました。

有料版に興味のある方はこちらの記事を読んでみてくださいね。

ここまで読んでいただきまして、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました