ホットクック・レシピ【トマトオムレツの作り方】チーズとの相性が抜群!昔懐かしいホッとする味わい!

トマトオムレツアイキャッチ洋食

我が家の味採点
★★★★☆  調理時間:60分 準備 5分 + Hot Cook 55分


ケン
ケン

トマトとチーズだけのシンプルなオムレツ、Simple is the best!でとても美味しいです。玉子は4個使うのでタンパク質もバッチリ。時間をかけてじっくり焼き上げた分フライパンではなかなか作れない仕上がりになって楽しめます。

ホットクックの調理時間が55分と長めなのでスタートボタンを押したら、食卓の準備や台所の片付けなどいろいろできて時間も有効に使えます。

今回は付け合わせにヘルシオオーブンでフライドポテト、ヘルシオトースターでパンを焼いて、トマトオムレツと一緒に楽しみました。

休日の朝であれば、ちょっと贅沢にオムレツと白ワインを一緒に堪能することもできると思います。

スポンサーリンク

ホットクック・レシピ【トマトオムレツ】ワンポイント・アドバイス

  • 公式レシピはトマト1個150gとなっていますが、200gのトマトでも美味しくできました。
  • 公式レシピではプロセスチーズ100gとなっていますが65gほどでも美味しくできました。
  • 公式レシピでは塩少々となっていますが、塩1.5gほどが目安です。プロセスチーズも塩分があるのでそこからも塩分がでます。トマト200g+プロセスチーズ65g+卵4個で200g=総重量は約500g
    使う塩は、500gの0.6%で約3g(勝間和代さん方式の塩分量)
    プロセスチーズのパッケージで確認すると65gのチーズに対して約1.5g塩分が使われていたので、追加で入れる塩は、約3gから1.5gを引いた、1.5gを目安にしました。

ホットクック・レシピ【トマトオムレツ】材料  2~4人分

公式レシピでは4人分となってますが、2人でもペロッと食べてしまいました。

  • トマト:1個(約150g~200g)*約1cm角に切ります
  • プロセスチーズ:約65g~100g *約1cm角に切ります
  • オリーブオイル:大さじ1
  • 塩:約1.5g
  • こしょう:少々(少な目)
  • 溶き卵:M4個分(約200g)

ホットクック・レシピ【トマトオムレツ】作り方

STEP 1:具材を用意して鍋に入れる
  • トマト、プロセスチーズ、玉子を用意します。

トマトオムレツ食材

  • トマトとプロセスチーズを約1cm角に切ります。
  • 溶き卵を作っておきます。
  • 調味料を用意します。
  • 最初に、トマト、チーズ、オリーブオイル、塩、こしょうを入れて良く混ぜ合わせます。

具材を混ぜ合わせる

  • 次に、溶き卵を加えてさらに良く混ぜます。

溶き卵を加えて混ぜる

STEP 2:スタート

新機種で作る場合

新機種で作る場合は「自動メニュー」があります。

本体にセットします。まぜ枝は使いません。

トマトオムレツ調理前鍋の中

 

メニューを選ぶ → メニュー番号で探す → 番号「295」トマトオムレツ → 調理を開始する → スタート

 

トマトオムレツ操作画面

 

旧機種で作る場合

旧機種でも同じように作ることができます。本体にセットするまでの工程は新機種と同じです。

 

トマトオムレツ旧機種調理前鍋の中

 

旧機種で作る場合は、調理時間が短いです。

手動で作る → ケーキを焼く → 35分 → スタート

 

トマトオムレツ旧機種操作画面

STEP 3:鍋から取り出す
  • 出来上がりのチャイムが鳴ったらフタを開けて、オムレツを取り出します。
  • ホットクックに入ってオムレツが乗っかるぐらいの大きさのお皿を1枚用意して、ラップをかけます。その皿を鍋の中にラップ面を下にして入れます。
  • 右手で皿を支えながら、左手でホットクックをひっくり返すと滑るようにオムレツがでてきます。
  • 別のお皿に移します。

トマトオムレツ取り出し

STEP 4:完成!

お好みのサイズに切り分けて完成です。

トマトオムレツ食卓」

注意!

旧機種で作る場合は、火力が強いので新機種よりも20分早く出来上がりますが、新機種で作るより少し多めに熱が入ってしまい、出来上がりが少し固めになります。でもこれはこれで美味しかったです。

トマトオムレツ旧機種食卓

トマトオムレツ旧機種食卓2

2021年9月にホットクック新モデルが発売スタートしました!

これからホットクックの購入を検討されている方は、こちらの記事もご参考にしてください。

1.6L(2~4人用)の最新モデルにブラックが登場です!

人気の定番カラー2.4Lタイプ(2~6人用)、最新モデルです

 

この記事を書いた人
Ken

「インドア・エンジョイライフ」をご覧いただきましてありがとうございます。

ブログ名の通り、家の中を中心に楽しく充実した毎日を過ごすための情報を発信しています。

趣味は料理(ホットクックにすっかりはまっています)、海外ドラマ・洋画・洋楽鑑賞、ドライブ、ギター演奏。

現在は、昔からの夢だったドラムを買って練習するためにおこづかいを貯めている最中です!

洋食玉子
INDOOR ENJOY LIFE
タイトルとURLをコピーしました