ホットクック・レシピ【鶏のふっくらつや煮の作り方】お弁当のおかずにも最適!

鶏のふっくらツヤ煮アイキャッチホットクック

我が家の味採点
★★★★★  調理時間:40分 準備 10分 + フライパン 5分 + Hot Cook  25分


ケン
ケン

鶏皮のところどころに感じる香ばしさがたまりません。それでいて肉はふっくらとやわらかくできあがっています。味付けは醤油ベースの少し甘みのあるやさしい味。隠し味のトマトケチャップがほのかに酸味をたしていて、とてもおいしい一品です。お弁当のおかずにも最適です。

鶏のふくらつや煮をつくる時は、最初に、めんどうでもフライパンを使って、鶏の皮面だけを焼くようにします。

ホットクック調理は、ホットクック鍋ひとつですべての調理を完結できるところが、良いところではあるのですが、この一品にはフライパンの力も発揮してもらいます。

もちろん鶏皮を焼く工程は、ホットクックの「炒める機能」を使って、ホットクックで仕上げることもできます。

でも、短時間で仕上げるには、フライパンの方が手っ取り早くできますね。

それと、普段、我が家では、鶏もも肉を使った料理をつくるときは、肉の部分だけを主に使うようにしています。

鶏皮は、包丁で切り分けて、別にプラスティック容器で冷凍保存。そして皮がある程度の量になったら、たまった鶏皮を使って「鶏みそ煮込み」をつくるようにしています。

ホットクック・レシピ【鶏みそ煮込みの作り方】焼き鳥屋の煮込みを再現!
我が家のホットクック・オリジナル料理が一品増えました!調理していると「ごぼう」の良い香りが食欲をかきたてます。味噌味が効いた、こくがありながらも、さっぱりした煮込み。ビールがどんどんすすみます!もちろんおかずとして白ご飯との相性も抜群です。

しかし、今回の「鶏のふっくらツヤ煮」の場合は、鶏皮を使わずに切り分けることはできません!

出来上がりの鶏の皮のパリっとした香ばしさと、ふっくらとやわらかく味のしみたもも肉とのハーモニーを、口の中で一緒に味わうことが、この一品の最大目的です!

スポンサーリンク

ホットクック・レシピ【鶏のふっくらつや煮】ワンポイント・アドバイス

  • 鶏皮の面だけ、フライパンを使って焼きます。皮が少し茶色になるぐらいまで焼くと、おいしいです。
  • 皮は、パッリとする部分が少しあればOK。皮全部をこんがりと焼く必要はありません。
  • フライパンで焼いた時、肉のところは、赤身が残っていてもOKです。

ホットクック・レシピ【鶏のふっくらつや煮】材料 4人分

  • 鶏もも肉:2枚
  • オリーブオイル:小さじ1 *サラダ油でもOK
  • 熱湯:1リットルほど

◆調味料

  • 酒:大さじ2
  • しょうゆ:大さじ2
  • みりん:大さじ2
  • 砂糖:大さじ1
  • トマトケチャップ:小さじ1

◆つけあわせ

  • ゆでたほうれん草:4束 *白ネギの細切りでもOK

ホットクック・レシピ【鶏のふっくらつや煮】作り方

STEP 1:具材を準備
  • お湯を1リットルほど沸かします。
  • 大きめのお皿に、キッチンペーパーを敷いておきます。
  • フライパンにオリーブオイルを入れて熱します。
  • 鶏肉を皮の面を下にして入れます。

 

鶏もも肉の皮をフライパンで焼く

 

  • 皮に濃い目の焼き色がつくまで焼きます。
  • 火を止めて、やけどに注意しながら、フライパンにたまった油をペーパータオルでふき取ります。
  • 沸かしておいた熱湯を、フライパンにそのまま注ぎ、お湯はすぐに捨てます。

 

フライパンに熱湯を入れる

 

  • フライパンから鶏肉を取り出し、キッチンペーパーを敷いた皿において余計な水分を取ります。

 

ペーパータオルで水分とる 鶏肉皮麺

 

STEP 2:鍋に入れる
  • 最初に、鶏肉を皮を下にして入れます。
  • 次に、すべての調味料(酒、しょうゆ、みりん、砂糖、トマトケチャップ)を入れます。

 

鶏のふっくらツヤ煮調理前鍋の中

STEP 3:スタート ♪

メニューを選ぶ → メニュー番号で探す → 調理NO.「375」(鶏のふっくらつや煮)  →  調理を開始する → ス タート

 

ホットクック操作画面鶏のふっくらツヤ煮

STEP 4:完成!

出来上がりの音が鳴ったらフタを開けて、鶏もも肉を取り出して、包丁でお好みのサイズに切り分け、お皿に盛りつけて完成です。

 

鶏のふっくらツヤ煮食卓

今回は、つけあわせで、別にお湯でゆでたほうれん草をそえました。他にも、白ネギを細切りにしたものをそえたり、柚子胡椒などと一緒に食べても良くあうと思います。

保存容器に少し取り分けておいて、翌日のお昼のお弁当のおかずとしても楽しみました!

お弁当の食べ方のおすすめは、白ご飯の上に、桃屋の「さあさあ生七味とうがらし」をスプーンで敷いて、その上に「鶏のふっくらつや煮」をのせるとおいしいです。

鶏肉と山椒のピリリ感がたまりません!

 

 

ホットクック・レシピ本

ホットクック1.6L (2~4人家族用)

タイトルとURLをコピーしました