ホットクック・レシピ【ゆで豚の作り方】用途多彩、冷凍保存で何回も楽しめます!

ホットクック

我が家の味採点
★★★★★  調理時間:40分 準備 10分 + Hot Cook  30分


ケン
ケン

ゆで豚は、小分けして、ラップでくるんで冷凍保存しておけば、何回かに分けて、いろいろな料理に使うことができます。今夜のおかずに迷ったときや小腹がすいたときにも、冷凍庫にゆで豚があれば助かります!

ホットクックを購入してから、これまで「ゆで豚」は何回もつくってきました。

スーパーで、豚バラ肉かたまりの特売日に、多めに肉を買っておいて、すぐに冷凍保存。しょうがや料理で使わない長ネギの青い部分がでたときなどに、水と一緒にホットクックの鍋にいれて30分あぶら抜きをすれば、「ゆで豚」のできあがりです。

ゆで豚は、用途多彩で、いろいろな食べ方を楽しむことができます。簡単に作れるので、作りおきしておくと、とても便利です。

ホットクックのゆで豚を使ってつくった料理と合わせて、いくつかご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

【ホットクック・レシピ・ゆで豚】ワンポイント・アドバイス

  • 豚肉のあぶら抜きをするとき、細かく切らずに、かたまり肉のままゆでるのがおすすめです。かたまり肉が長くて鍋に入らない場合は、かたまり肉を半分ぐらいに切って入れます。

【ホットクック・レシピ・ゆで豚】材料

  • 豚バラ肉(かたまり):お好みの量 *大きい場合は切って、鍋底に重ならないように入れます。
  • しょうが:1かけ *うす切りにします
  • 長ネギ(青い部分):1本
  • 水:1L

【ホットクック・レシピ・ゆで豚】作り方

STEP 1:具材を準備する
  • 豚バラ肉はかたまりのまま使います。
  • しょうが(ひとかけ)をうす切りにします。
  • 長ネギの青い部分を1本分用意します。
STEP 2:具材をホットクックの鍋に入れる

鍋に豚バラ肉、しょうが、長ネギ、水を入れます。

 

豚のあぶら抜き

STEP 3:スタート ♪

手動で作る → 煮物を作る  →  まぜない → 調理時間を「30分」に設定 → スタート

 

ホットクック操作画面ゆで豚

STEP 4:第1段階完了!

出来上がりの音が鳴ったらフタを開けて、肉を取り出してボールに移し、水で洗ってアクを取ります。

 

豚肉あぶら抜き

 

●からし醤油の作り方はこちら↓

ホットクック・レシピ【ゆで豚からし醤油の作り方】いちばんシンプルでおいしい一品
ゆで豚のいちばんシンプルないただき方、あぶら抜きしてゆであがったゆで豚を切って、からし醤油で、そのままいただきました。からしの他にも、わさび醤油、柚子胡椒といただいてもOKです!おつまみとして最適!白ご飯もすすみます。

●ゆで豚丼ぶりの作り方はこちら↓

ホットクック・レシピ【ゆで豚丼ぶりの作り方】肉に下味をつけて白ご飯にのせます
ホットクックでつくったゆで豚をうす切りして、しょうゆ、ゴマ油で下味をつけます。白ご飯にのせてできあがり!ゆで豚を冷凍保存しておけば、いつでも好きな時に簡単につくれる絶品の丼ぶりです。大葉の上に豚肉をのせていただくとさらにおいしいです!

●ゆで豚中華風みそ炒め煮の作り方はこちら↓

ホットクック・レシピ【ゆで豚中華風みそ炒め煮の作り方】オイスターソースが決めて
ホットクックでつくったゆで豚を、ピーマン、玉ねぎ、しょうがなどの野菜と一緒に、オイスターソースと一緒に炒めていただきました。みそは使っていないのに、味噌風味のおいしい中華風野菜炒めに仕上がります。

● ラーメンの具材としての作り方はこちら↓

ホットクック・レシピ【ゆで豚ラーメンの具作り方】スープの種類で下味を変えます
ラーメンの具材としてゆで豚を使う場合は、ラーメンのスープによってゆで豚に漬け込む調味料を変えるようにしています。今回のラーメンは醤油系のスープだったので、冷蔵庫でゆで豚を醤油で一晩漬けこみました。

● 豚の角煮の作り方はこちら↓

ホットクック・レシピ【豚の角煮の作り方】用途多彩な「ゆで豚」の王道料理!
時間をかけて煮こんだだけのことはある「やわらかさ」。うまみが肉のすみずみまでしみ込んでいます。いちばんの驚きは、バラ肉のあぶら身の部分が、もはや別の食べ物に変化しているところ。口の中に入れるとトロトロっと溶けてなくなってしまいます。

 

タイトルとURLをコピーしました