ホットクック・レシピ【豚もやし丼の作り方】簡単に作れて、お財布にも優しい、絶品どんぶり!おすすめです!

どんぶり

我が家の味採点
★★★★★  調理時間:10分

準備 3分 + ホットクック  7分


ケン
ケン

疲れている時は特におすすめのどんぶり。とにかく準備が簡単です。たっぷりのもやしと豚バラ肉で作ります。使う調味料も普段よく使うものだけなので、思い立ったらすぐに食べられるのもおすすめポイント。調理時間はわずか7分設定です。温かい白ご飯に汁ごとかけていただくともう箸が止まりません!

豚バラ肉ともやしは安価でどのスーパーでも購入できる「節約食材」です。

牛肉や同じ豚肉でもロースやブロック肉となると買うのにちょっと勇気が必要ですが、豚バラ肉だけはいつでも手軽に買い物かごに入れることができます。それでいて調理して食べると満足度が抜群。疲労回復効果の高いビタミンBもたっぷり含まれているので嬉しい限りです。

もやしは、チラシ広告に掲載する必要のない「常時スーパーの目玉商品」に君臨している我々消費者の救世主。あえてチラシに掲載するとしたらもはや「無料!」となってしまうのではと思うほどほどいつも安価で売られています。それでいて栄養もあって食物繊維も豊富、1年中食べられるのに「安い」。この価格設定はいつまでも続いてもらいたいものです。

と言うわけで、今回はホットクック、豚バラ肉、もやしの最強の組み合わせでおいしいどんぶりを作りました!

スポンサーリンク

ホットクック・レシピ【豚もやし丼】ワンポイント・アドバイス

  • 調味料で使うにんにくとしょうがはチューブ式のすりおろしを常備しておくと便利です。和食、洋食、中華なんでも使えます。

  • 生のにんにく、しょうがをすりおろすと料理の味がグレードアップしますが、どんぶり物の場合は簡単が一番です。

ホットクック・レシピ【豚もやし丼】材料

もやし1袋使う場合 1~2人分

  • もやし:1袋(200g) *もやしの種類は何でもOKです
  • 豚バラ肉:100g *2cm幅に切ります
  • ごま油:大さじ1
  • しょうゆ:大さじ2
  • 酒:大さじ1
  • 塩:約2g(小さじ1/2ほど)
  • こしょう:適量
  • にんにくすりおろし:小さじ2
  • しょうがすりおろし:小さじ2

もやし1袋使う場合 1~2人分

  • もやし:2袋(400g) *もやしの種類は何でもOKです
  • 豚バラ肉:200g *2cm幅に切ります
  • ごま油:大さじ2
  • しょうゆ:大さじ4
  • 酒:大さじ2
  • 塩:約4g(小さじ1弱)
  • こしょう:適量
  • にんにくすりおろし:大さじ1
  • しょうがすりおろし:大さじ1

ホットクック・レシピ【豚もやし丼】作り方

 

STEP 1:具材を準備する
  • もやしをザルに開けて軽く水をかけて洗います。

もやし2束

  • 豚バラ肉を2cm幅に切ります。

豚バラ肉200g

  • 調味料を用意します。
STEP 2:ホットクック鍋に入れる
  • 最初に、ごま油を入れます。
  • 次にもやしを入れます。
  • もやしの上に豚バラ肉を広げるようにおきます。

もやし2袋の場合は、最初にもやし1袋分、その上に豚バラ100gを入れ、その上に残りのもやし、さらに豚肉の残りを入れて、サンドイッチ状態にすると良いです。この方が豚肉どうしががくっつかず上手く仕上がります。

もやしの上に豚バラ

  • 残りの調味料をすべて入れます。

豚もやし丼調理前鍋の中

 

*上の写真は、もやし2袋、豚バラ200gの写真です。

STEP 3:スタート ♪

手動で作る → 炒める → 調理時間「7分」 →  スタート

豚もやし丼操作画面

STEP 4:完成!

出来上がりのチャイムが鳴ったらフタを開けて、温かい白ご飯を盛ったどんぶりに上からたっぷりかけて完成です。

豚もやし丼食卓

今回はホットクックのフッ素コート内鍋でつくりましたが、ステンレス製の内鍋でも、鍋底にこびりつくことなく美味しくつくることができました。

それからホットクックの「炒める」機能がない旧機種をお使いの場合は、
手動で作る→煮物を作る→まぜる→12分→スタート
でも上手くつくることができます。

是非お試しください!

お役立ちメモ

ケン
ケン

ホットクック旧型モデルのステンレス製内鍋をお使いの方に朗報です!待ちに待ったホットクックのフッ素コート専用内鍋が別売りで発売スタートしました!

我が家でも、早速購入しました!

これで、鍋底にくっついて困るような料理も気にせず作れるようになります。気になる方は要チェック!

フッ素コート内鍋が家に届いてから3カ月の間使ってみた感想、レビューは、こちらをどうぞ!

ホットクック【ステンレスvsフッ素コート内鍋】3か月使ったレビュー!
この記事では、ホットクックから新発売された「フッ素コートの内鍋」を使い続けてみた感想・レビュー、さらにステンレス製の内鍋で作った場合との比較についてお伝えしています。特に違いのある料理については、写真も使って詳しくご紹介します。

フッ素コート内鍋は、型番の末尾がFBになっています。購入するときは念のため間違えないようにしてくださいね。Fが「フッ素のF」を指します。

サイズも間違えないように注意してください。ぜんぶで3種類あります!

1.0L用フッ素コート専用内鍋(型番:TJ-KN05FB)

1.6L用フッ素コート専用内鍋(型番:TJ-KN1FB)

2.4L用フッ素コート専用内鍋(型番:TJ-KN2FB)

 

この記事を書いた人
Ken

「インドア・エンジョイライフ」をご覧いただきましてありがとうございます。

ブログ名の通り、家の中を中心に楽しく充実した毎日を過ごすための情報を発信しています。

趣味は料理(ホットクックにすっかりはまっています)、海外ドラマ・洋画・洋楽鑑賞、ドライブ、ギター演奏。

現在は、昔からの夢だったドラムを買って練習するためにおこづかいを貯めている最中です!

どんぶり豚肉
INDOOR ENJOY LIFE
タイトルとURLをコピーしました