ホットクック・レシピ【牛すじモツ丼の作り方】ボリューム満点なのにさっぱりいただける新食感のどんぶり。

牛すじもつ丼アイキャッチどんぶり

我が家の味採点
★★★★☆  調理時間:115分 準備 15分  +  あく抜き 10分 + Hot Cook  90分


ケン
ケン

今までに食べたことのないどんぶりでした。牛肉のおいしさ、牛もつのもちもち食感、だいこんにしみ込んだ煮汁のうまさ、にんじんの甘さが口の中で広がります。あぶら抜きをするので、見た目よりもさっぱりといただけるどんぶりです。

作る工程で、ちょっと大変だったのが、牛もつをあぶら抜きした後の鍋の掃除でした。

思っていた以上に脂が出て、鍋の中やサルがべとべとになってしまい、洗うのに少し苦労しました。

でも、このあぶら抜きのおかげで、牛肉と牛もつをさっぱりと美味しく楽しむことができます。

スポンサーリンク

ホットクック【牛すじモツ丼】ワンポイント・アドバイス

  • 今回は使いませんでしたが、牛すじモツ丼は予約調理もできるメニューです。ただし公式レシピに、予約調理する場合は、調味料と一緒に、水を100mlいれるようにするとあったので、予約調理する場合は注意してください。

ホットクック【牛すじモツ丼】材料 4人分

◆具材

  • 牛すじ:300g *カレー用の牛肉でもおいしくできます
  • 牛もつ:200g *スーパーで売ってる焼肉、鍋用の牛もつでOK
  • 大根:400g(約1/2本)*小さめの乱切りにします
  • にんじん:100g(1/2本)*小さめの乱切りにします

◆あぶら抜き用材料

  • しょうが:ひとかけ *うす切りにします
  • 白ネギの青い部分:1~2本分
  • 水:800ml

◆調味料

  • 酒:大さじ4
  • みりん:大さじ4
  • しょうゆ:大さじ4
  • 砂糖:大さじ1

◆仕上げ

  • 小ネギ:お好みで適量
  • 七味唐辛子:お好みで適量

ホットクック【牛すじモツ丼】作り方

STEP 1:牛肉・牛もつのあぶら抜きをします!
  • 牛肉、牛もつ、しょうが、長ネギの青い部分、水を鍋に入れて「あぶら抜き」をします。まぜないので、「まぜ枝ユニット」は不要です。

 

あくぬき調理前鍋の中

 

手動で作る → スープを作る → まぜない → 時間「10分」 → 調理を開始する → スタート

牛すじもつ丼あくぬき操作画面

 

  • 出来上がりのチャイムが鳴ってフタを開けて、ザルに開けて、牛肉と牛もつだけを取り出し、水かぬるま湯で表面についた「あく」をさっと洗い流します。続けて、ホットクック鍋の中も洗います。
STEP 2:具材を準備する
  • あぶら抜きをした牛肉と牛もつをひと口サイズに切ります。
  • ダイコンとにんじんを切ります。

牛すじモツ丼具材

STEP 3:ホットクック鍋に入れる
  • 最初に。大根とにんじんを入れます。

最初に大根とにんじんを入れる

  • 次に、牛肉と牛もつを入れます。

牛肉と牛もつ

  • 最後に、すべての調味料をいれます。

牛すじモツ丼調理前鍋の中

STEP 4:スタート ♪

メニューから探す → メニュー番号で探す → 番号「370」牛すじモツ丼  → 調理を開始する → ス タート

牛すじモツ丼操作画面

 

STEP 5:完成!

出来上がりのチャイムが鳴ったらフタを開けて、白ご飯を盛ったどんぶりにかけて完成です。
お好みで小ネギや七味唐辛子をふっていただくと美味しいです。

牛すじもつ丼食卓

 

これまで食べたことのないどんぶりを楽しむことができました。

ただ準備も含めて、かなり時間のかかる一品です。

せっかく時間をかけても、どんぶりなのであっという間に食べ終わってしまうところがちょっと残念なところかもしれません。

七味唐辛子をかけても美味しいです!

この記事を書いた人
Ken

「インドア・エンジョイライフ」をご覧いただきましてありがとうございます。

ブログ名の通り、家の中を中心に楽しく充実した毎日を過ごすための情報を発信しています。

趣味は料理(ホットクックにすっかりはまっています)、海外ドラマ・洋画・洋楽鑑賞、ドライブ、ギター演奏。

現在は、昔からの夢だったドラムを買って練習するためにおこづかいを貯めている最中です!

どんぶり牛肉野菜(根菜類)
INDOOR ENJOY LIFE
タイトルとURLをコピーしました