ホットクック・レシピ【おでんの作り方】予約調理でじっくり味をしみ込ませます!

おでんアイキャッチホットクック

我が家の味採点
★★★★☆  調理時間:95分 準備 30分  + Hot Cook  65分


ケン
ケン

おでんは時間をかけてじっくり味をしみ込ませるため、ホットクックの「予約調理」を使ってつくるのがおすすめです。具材を鍋に入れたら、ホットクックにセットして予約機能で出来上がり時刻を設定します。あとは出来上がるまで自動で温度管理をしてくれるので、冷蔵庫で具材を保存するよりも安心です。

スーパーの目立つところに「おでん」の看板がではじめました。

今年もやっと涼しくなってきて、いよいよホットクックが本領発揮する季節到来です!

しょうゆベースのおいしいだしがしみ込んだおでんが出来上がりました。

からだがポカポカ温まります。

スポンサーリンク

ホットクック・レシピ【おでん】ワンポイント・アドバイス

  • だし汁はボールに熱湯を800CC入れ、そこへ顆粒だしの素と昆布を1枚入れると簡単にすぐできます。

ホットクック・レシピ【おでん】材料 4人分

  • だいこん:1/2本 *2~3cmの輪切り
  • じゃがいも:2個 *皮をむき半分に切ります
  • にんじん:1本 *乱切り
  • こんにゃく:1/2枚 *4等分に切り、表面にも切込みを入れます
  • ちくわ:2本 *半分に切ります(小さい場合は切らなくてもOK)
  • さつま揚げ:4枚 *半分に切ってもOK
  • ゆでたまご:2~4個
  • しょうゆ:50ml
  • みりん:大さじ2
  • 酒:大さじ2
  • だし汁:800ml *顆粒だしの素、だし昆布で簡単にできます

ホットクック・レシピ【おでん】作り方

STEP 1:具材を準備
  • 最初に、だし汁をつくります。大きめのボールに、だし昆布と顆粒のだしの素1袋(5g)を入れ熱湯を800ml注ぐと簡単にできます。

おでんだし汁

  • 次に、ゆで卵をつくります。
  • 最後に、その他のおでんの具を切って用意します。
STEP 2:ホットクック鍋に入れる
  • だいこん、じゃがいも、にんじん、こんにゃく、ちくわ、さつま揚げ、ゆでたまごの順番で鍋に入れていきます。
  • 次に、しょうゆ、みりん、酒を回し入れます。
  • 最後に、用意しておいたおでんのだし汁を入れます。

おでん調理前鍋の中

 

*だし汁はホットクック鍋に表示されている「水位MAX線」を超えないように注意します。
具材の量や大きさでMAX線を超える場合は、水位が内鍋の上から4cm以下の量だけ注ぎ入れます。

STEP 3:スタート ♪

メニューを選ぶ → カテゴリーで探す → 煮物  →  おでん → おでん→ 調理を開始する → ス タート

 

おでんホットクック操作画面

*上記写真は午後19:00に出来上がりで予約した予約調理です。

STEP 4:完成!

出来上がりの音が鳴ったらフタを開けて、器に盛りつけて完成です。

おでん食卓

ホットクックでつくるおでんの具でひとつだけ注意があります。

ねりもの(はんぺん)のように調理中に大きくふくらむ食材は、ふきこぼれの原因となるため、念のため使わないようにします。

でも、その他の具材でじゅうぶん楽しめるので、是非お試しください!

2020新機種【ホットクック5つの魅力】感想・レビューと選び方
今では我が家にとってなくてはならない存在となった「ホットクックの魅力」を実際に使ってみた感想・レビュー形式で紹介します。そしてホットクックをこれから購入してみようと考えられている方へ、おさえておきたい「選び方のポイント」について解説します。
タイトルとURLをコピーしました