ホットクック・レシピ【さんまの骨までやわらか煮(トマト風味)の作り方】骨が刺さるストレスなし!

魚介

我が家の味採点
★★★★★  調理時間:2時間50分 準備 20分  +  Hot Cook  2時間30分


ケン
ケン

さんま、というと和食のイメージでしたが、トマトの風味いっぱいでにんにくも効いている美味しい洋食プレートです。なんといっても骨までやわらかくいただけるところが嬉しい一品。小骨が口の中にささることもなくストレスフリーで楽しめます。調理時間が長いですが時間をかけただけのことはあります。トマトベースの煮汁もすべて飲みほしました!

秋の代表味覚のひとつと言えば「さんま」。最近は温暖化が原因なのか、水揚げ量が減っていて値段も高くなっていると新聞で読みました。

確かにスーパーでも「さんま」が売り場に占める割合が、昔と比べて減っているように感じます。

それでもこの時季になると食べたくなる食材です。

塩焼きでいただこうかとも思いましたが、今回は、ホットクックでまだ作っていなかった「さんまの骨までやわらか煮」のトマト風味パターンで作ってみることにしました。

ワインのお供におすすめの一品です。もちろん白ご飯にも良くあいます!

スポンサーリンク

ホットクック・レシピ【さんまの骨までやわらか煮(トマト風味)】ワンポイント・アドバイス

  • さんま2尾の場合は、塩を3g使います。4尾の場合は、塩を5g使います。
  • トマトジュースを200ml使いますが、念のため塩分をチェックしておきます。
  • 万が一トマトジュースの塩分量が多い場合は、使う塩の量を調整して上記の分量より若干減らす方が良いです。

ホットクック・レシピ【さんまの骨までやわらか煮(トマト風味)】材料 2人分

4人分でも塩以外の調味料、トマトジュースの量は同じでOKです。

◆具材

  • さんま:2尾
  • 玉ねぎ:1/2個*うす切りにします
  • にんじん:1/2本 長さ4cmほどに切った後、縦に6等分
  • にんにく:1かけ *うす切りにします
  • トマトジュース:約200ml
  • 白ワイン:50ml
  • オリーブオイル:大さじ1
  • 砂糖:大さじ1
  • こしょう:適量
  • 塩:入れるさんまの量で分量を変えます。
    約3g(さんま2尾の場合)
    約5g(さんま4尾の場合)

ホットクック・レシピ【さんまの骨までやわらか煮(トマト風味)】作り方

STEP 1:具材を準備
  • 野菜を切って、トマトジュースを用意します。

具材を切ってトマトジュースを用意

  • 白ワイン、オリーブオイル、砂糖、こしょう、塩を用意します。
  • さんまの頭と尾を包丁で切り落としてから、約4cm長さの筒切りにします。
  • 水で洗いながら、内臓を抜きます。

さんまを切る

 

STEP 2:ホットクック鍋に入れる
  • 鍋底にさんまができるだけ重ならないように入れます。

さんまを入れる

  • 次に、玉ねぎ、にんじん、にんにくを入れます。
  • 最後にすべての調味料とトマトジュースを入れます。

調理前鍋の中

 

STEP 3:スタート ♪

メニューを選ぶ → カテゴリーで探す → 煮物 → 魚介 → さんまの骨までやわらか煮(トマト風味)→ 調理を開始する → ス タート

さんまの骨までやわらか煮トマト風味操作画面

 

STEP 4:完成!

出来上がりのチャイムが鳴ったらふたを開けて、器に盛り付けて完成です。

さんまの骨までやわらか煮トマト風味食卓

 

さんまとトマトの相性は抜群です。ワインがどんどんすすみました!

今回わたしは行いませんでしたが、もし魚の臭いが気になる方は、さんまを切った後、塩をふって少し置き、でてきた水分をペーパータオルでとって下処理をしてから鍋に入れると良いと思います。

でも下処理をしなくても、白ワインとトマトジュースで長時間煮込むので、まったく臭みは感じませんでした。

美味しい一品です!

この記事を書いた人
Ken

「インドア・エンジョイライフ」をご覧いただきましてありがとうございます。

ブログ名の通り、家の中を中心に楽しく充実した毎日を過ごすための情報を発信しています。

趣味は料理(ホットクックにすっかりはまっています)、海外ドラマ・洋画・洋楽鑑賞、ドライブ、ギター演奏。

現在は、昔からの夢だったドラムを買って練習するためにおこづかいを貯めている最中です!

魚介
INDOOR ENJOY LIFE
タイトルとURLをコピーしました