ホットクック・レシピ【ビーフストロガノフの作り方】ほど良い酸味まろやかな味

ビーフストロガノフアイキャッチ-1536x1185ホットクック

我が家の味採点
★★★★☆  調理時間:55分 準備 10分 + Hot Cook 45分


ケン
ケン

ワインに良くあう一品です。ご飯にかけても、おつまみとしてそのまま食べても美味しいです。サワークリームが家になかったので代わりにヨーグルトを入れましたが、ほど良い酸味で味がまろやかになりとても美味しく仕上がりました。

白ご飯だけでなく、パンとも良くあいます。キノコ類はしめじやマイタケでも美味しくできそうですが、ビーフストロガノフはできればマッシュルームを使いたいです。マッシュルームの香りとトマトとの相性が抜群です。

牛肉はバラ肉を使ったのですが肉の脂はまったく気になりませんでした。最後の仕上がりに入れたヨーグルトが味をまろやかにしてくれたようです。

トマトピューレがない場合はトマト水煮缶から簡単にトマトピューレをつくれます。野菜のトマトからもトマトピューレがつくれますが、トマト水煮缶は1缶100円ぐらいで売っていますので、トマト水煮缶の方が安くできるのでおすすめです。

ちなみに我が家ではホットクックでトマト水煮缶は良く使うので常に買い置きしています。トマト水煮缶だけで野菜もたっぷりとれますし、トマトを使うより水煮缶の方が料理時間を大幅に短縮できるので助かっています。

スポンサーリンク

【ホットクック ビーフストロガノフ】 ワンポイント・アドバイス

  • トマトピューレは市販のものを使いました。

トマトピューレが無い場合は、トマト水煮缶(400g)を鍋に開けてトマトをスプーンでつぶした後、弱火で量が1/3になるくらいまで煮詰めたものを全部使うと代用できます。

【ホットクック ビーフストロガノフ】材料 4人分

  • 牛肉:300g~400g *正式レシピは焼肉用の肉を使います。バラ肉でもおいしくできました。
  • 塩、こしょう(肉の下味):少々
  • 薄力粉:大さじ3
  • 玉ねぎ:2個(400g) *うす切り
  • マッシュルーム:3~4個 *うす切り
  • トマトピューレ:100g
  • コンソメ顆粒:小さじ2
  • サワークリーム:20g *代わりにヨーグルト20gでもおいしくできました。

【ホットクック ビーフストロガノフ】作り方

STEP 1:具材を準備する
  • 牛肉を約1cm幅に切って、塩、こしょうをふり、薄力粉をまぶします。
  • 玉ねぎ、マッシュルームをうす切りにします。

玉ねぎを薄切りにした画像 マッシュルームをうす切りにした画像

STEP 2:具材をホットクックの鍋に入れる

最初に「玉ねぎ」「マッシュルーム」を入れ、その上に下味をつけ薄力粉をまぶした牛肉を入れます。

最後にトマトピューレとコンソメを入れます。

 

内鍋に玉ねぎ、マッシュルーム、薄力粉をまぶした牛肉、トマトピューレ、コンソメを入れた画像

STEP 4:スタート ♪

メニューを選ぶ → カテゴリーで探す → カレー・シチュー → ビーフストロガノフ →  スタート

ホットクックの液晶画面 ホットクックの液晶画面 ホットクックの液晶画面

 

ホットクックの液晶画面 ホットクックの液晶画面 ホットクックの液晶画面

STEP 5:サワークリームを入れて完成!!

出来上がりの音が鳴ったらフタを開けてサワークリームを入れて軽く混ぜ合わせて完成です。

 

ビーフストロガノフの完成した画像

 

今回のビーフストロガノフは、最初の一皿は赤ワインとビーフストロガノフだけでいただき、2皿目は白ご飯にかけていただきました。

カレーやどんぶりのように白ご飯にかけて食べるメニューが我が家では人気あります。食べる量もその時に合わせて調整できますし、後片付けも料理に使う皿が少なくとても楽です。

後片付けと言えば、ホットクックの場合、準備段階で洗い物がほとんどでません。具材を切ってそのまま鍋に入れれば良いからです。まな板と包丁があればほとんどのレシピで準備OKです。

食事の後の洗い物は出来る限り最小限におさえたいので、ここでもホットクックに助けられています!

 

ホットクック1.6L (2~4人家族用)

 

タイトルとURLをコピーしました