ホットクック・レシピ【かぶと牛肉のカレー風味の作り方】お酢の酸味がアクセント

かぶと牛肉のカレー風味アイキャッチ和食

我が家の味採点
★★★★★  調理時間:55分 準備 20分  +  Hot Cook  35分


ケン
ケン

今日はカレー粉を使って下味をつけた牛肉といっしょにカブを煮込んだ一品を楽しみました。お酢の酸味がアクセントとなって味を引き立てています! 薬味の青ネギはカレー風味ととても良くあうので、いっぱい切っておいて後から足して食べるのがおすすめです。

カブのおいしい季節です。「春もの」と呼ばれるかぶの旬は3月から5月。肉質がやわらかいのが特徴です。

白ワインや白ご飯ととてもよく合う一品です!

ホットクックの正式レシピでは「コンソメ」を使いますが、我が家ではいつものようにコンソメは使わず、勝間和代さん方式の「塩」分量で味付け、美味しくいただきました。

今回はカブが5個(320g)+牛肉(230g)で具材の重さが合計550gだったので、
使う「塩」の量は、550gX0.6%=約3.5g使いました。

具材の重さで「塩分量」はつど調整します。

スポンサーリンク

ホットクック・レシピ【かぶと牛肉のカレー風味】ワンポイント・アドバイス

  • 牛肉の下味をつける時、食用保存袋などを手にかぶせてもむとカレーの臭いが手につきません。

ホットクック・レシピ【かぶと牛肉のカレー風味】材料 4人分

◆具材

  • かぶ:小さめを4~5個 *今回葉っぱは使いません。
  • 牛肉切り落とし:約200g

牛肉とかぶ

◆牛肉の下味用調味料

  • カレー粉:小さじ2
  • 塩、こしょう:少々
  • にんにく:ひとかけ *みじん切りにします(チューブを適量でもOK)

◆調味料

  • 白ワイン:大さじ2
  • しょうゆ:大さじ2
  • 酢:大さじ2
  • 砂糖:小さじ1
  • 塩:約3.5g *カブと牛肉の重さの0.6%の塩分量

◆薬味

  • 青ネギ:適量 *小口切り

ホットクック・レシピ【かぶと牛肉のカレー風味】作り方

STEP 1:具材を準備
  • 最初に牛肉に下味調味料をかけてもんで味をしみこませてからしばらくおいておきます。

牛肉下味

  • 次にかぶの葉っぱ部分を切り落としてから皮をむきます。ピーラーで簡単にむけます。
  • かぶ1個を8等分に切ります。

かぶの皮をむいて8個に切る

  • 調味料を用意します。
STEP 2:ホットクック鍋に入れる
  • 最初に切ったかぶを鍋に入れます。
  • 次に下味をつけた牛肉を入れます。
  • 最後にすべての調味料を入れます。

かぶと牛肉のカレー風味調理前鍋の中

STEP 3:スタート ♪

メニューを選ぶ → メニュー番号で探す → 調理NO.「325」かぶと牛肉のカレー風味  →  調理を開始する → ス タート

かぶと牛肉のカレー風味ホットクック操作画面

STEP 4:完成!

出来上がりのチャイムが鳴ったらフタを開けて、器に盛り付け、薬味の青ネギをおいて完成です。

かぶと牛肉のカレー風味食卓

この料理ではカブの葉っぱは使わないので、別にチャーハンの具材で使ってみようと思います!

タイトルとURLをコピーしました