ホットクック・レシピ【蒸し野菜のバーニャカウダの作り方】固さの違う数種類の野菜が、ちょうど良い加減で蒸しあがりました。

蒸し野菜のバーニャカウダアイキャッチホットクック

我が家の味採点
★★★★★  調理時間:25分 準備 10分 + Hot Cook 15分


ケン
ケン

ひとつの鍋に数種類の野菜を入れるので、煮崩れしてしまうのではないかと思いましたが全く大丈夫でした。それぞれの野菜が持つ甘み、素材の味をしっかりと楽しむことができました。

鍋にお好みの野菜をいれて、水を少し入れ、スタートボタンを押すだけです。

蒸し器や蒸し皿なども必要なく、こんなに簡単に美味しい蒸し野菜ができてしまったので、これから我が家の定番メニューのひとつになりそうです。

冷蔵庫に野菜が中途半端に余ってしまった場合も活用できそうです。

スポンサーリンク

「蒸し野菜のバーニャカウダ」 ワンポイント・アドバイス

  • しいたけなどのキノコ類はクッキングシートで軽く包むと余計な水分が入らず美味しく蒸しあがります。
  • 今回は使いませんでしたが、カボチャを食材に入れる場合は黄色い色が他の野菜やキノコについてしまうので、これもクッキングシートで軽く包むと良いようです。

「蒸し野菜のバーニャカウダ」材料

  • さつまいも、れんこん、玉ねぎ、しいたけ、にんじん:全部で500g

  • 水:大さじ3
  • バーニャカウダソース:150g

*バーニャカウダソースの作り方(約300g)

「蒸し野菜のバーニャカウダ」作り方

STEP 1:材料を鍋に入れる
  • 鍋に材料と水をすべて入れます。

STEP 2:スタート♪

手動で作る → 無水でゆでる → 時間15分 → スタート

STEP 3:完成!!
皿に盛り付け、バーニャカウダソースを添えます。

蒸しあがった野菜はあまく、やわらかく、そのまま何もつけづに食べても美味しいです。

バーニャカウダソースをつけるとにんにくとアンチョビの辛味がミックスされさらに美味しくなります。

蒸し野菜だけだとあっさりしているので、ワインやビールにはバーニャカウダの蒸し野菜が最高だと思います。

今回蒸したのは野菜とキノコだけでしたが、豚肉やエビなどもクッキングシートに包んで、鍋の中で他の野菜と別にすることができれば、野菜と一緒に一気にひとつの鍋で蒸すことができそうです。

調理していない野菜がまだ半分残っているので、2-3日以内に今度は、「えび、豚肉」を食材に加えてもう一度食べてみようと思います。

ホットクック1.6L (2~4人家族用)

 

ホットクック2.4L (2~6人家族用)

ホットクック・レシピ本

タイトルとURLをコピーしました