ホットクック・レシピ【ちゃんぽん(改)の作り方】牛乳を入れてスープにコクを!

ちゃんぽん改アイキャッチパスタ・麺

我が家の味採点
★★★★☆  調理時間:35分 準備 15分 + Hot Cook  20分


ケン
ケン

ちゃんぽん作りに再度挑戦しました。かなり改善して美味しく仕上がりました。いちばんのポイントは水分量。ホットクックで調理した場合野菜からかなりの水分がでます。ちゃんぽんは、ここにさらに牛乳を加えることでスープに深みとコクがでます。麺も太麺を使うとさらにおいしく仕上がります。

ちゃんぽんのいちばんのポイントは水分量です。水分が多めでないと味が濃くなり、麺も上手く茹で上がりません。かといって多すぎても味が薄くなってしまいます。

さらに、ホットクックで調理すると、野菜からもともと野菜が持っている水分が多く出るので、この水分量も考えて調整しなくてはなりません。

でもうまくいくと素材からでた水分を使ったおいしいスープが出来上がります。

前回はじめて作った時は、出来上がりがスープが少なめ。味は鶏ガラスープの味がかなり濃いめに感じのどがかわいてしまいました。まためんの種類によってゆで具合や使う水分量が違ってくるようでした。

前回の記事はこちら>>

ホットクック・レシピ【ちゃんぽんの作り方】次回改良して再挑戦します。
今回初めてちゃんぽんをつくりましたが、完食はしたものの思い描いていたとおりの出来栄えにはなりませんでした。次回の挑戦に向けて改良が必要です。出来上がりのちゃんぽんは、スープが少なめ。味は鶏ガラスープの味が濃いめでのどがかわいてしまいました。

前回の反省を踏まえ、今回は下記を追加で考慮して作りました。

1.具材に水分のでる「もやし」を追加。
2. シーフードミックスを使って魚介だし。
3.牛乳を入れる。
4.麺を「太麺」にする。
5. ごま油を使う。

結果、大成功です!評価も前回の星1→星4になりました。野菜もたっぷりとれるので栄養満点のちゃんぽんをおいしくいただきました!

 

スポンサーリンク

ホットクック・レシピ【ちゃんぽん(改)】ワンポイント・アドバイス

  • 今回中華麺は、2人前で2玉使いましたが、スープに加え野菜、肉、魚介と具材がたくさん入っているのでかなりおなかいっぱいになりました。
  • 2人前で1.5玉にして、残りの麺は次回まで冷凍保存しても良いかもしれません。

ホットクック・レシピ【ちゃんぽん(改)】材料 2人分

◆魚介類

  • 冷凍シーフードミックス: 100g
  • 酒:大さじ1

◆肉類

  • 豚バラ肉 :100g *3cm幅ぎり
  • 片栗粉:大さじ 1

◆野菜類

  • キャベツ :100g (1/8)*短冊切り
  • にんじん:1/2本*短冊ぎり
  • もやし:150g(1袋)

◆スープ

  • 水: 500ml
  • しょうゆ: 大さじ1
  • 鶏ガラスープ素: 大さじ1
  • 牛乳:100ml
  • 塩: 少々
  • コショウ: 少々

◆中華麺:2玉 *太麺がおすすめ

◆ごま油: 大さじ2

ホットクック・レシピ【ちゃんぽん(改)】作り方

STEP 1:具材を準備する
  • シーフードミックスを解凍してペーパータオルで水気をとり、酒をふりかけておきます。
  • 豚バラ肉を3cm幅に切って片栗粉をまぶします。
  • キャベツ、もやし、にんじんを用意します。

ちゃんぽん食材

  • ボールにスープの材料をすべて入れ、軽く混ぜ合わせておきます。

ちゃんぽんスープ

STEP 2:鍋に入れる
  • 最初に、野菜を鍋に入れます。
  • 次に、豚肉とシーフードミックスを入れます。
  • 最後に、ボールに混ぜ合わせておいたスープを注ぎ入れます。

ちゃんぽん調理前鍋の中

STEP 3:スタート ♪

メニューを選ぶ → カテゴリーで探す → めん類  →  ちゃんぽん → スタート

ちゃんぽんホットクック操作画面

STEP 4:麺を入れて再スタート ♪

出来上がり4分前になると報知音が鳴り、「食材を加えてください」と表示されます。

ちゃんぽん麺を入れる
フタを開けてやけどに気を付けて、中華麺を鍋に入れて軽く混ぜ、再度フタを閉めます。

スタートを押して加熱を再開します。

ちゃんぽん仕上げ操作画面

STEP 5:完成!

出来上がりの音が鳴ったらフタを開けて、軽く混ぜ合わせ、器に盛りつけて完成です。

ちゃんぽん改食卓

今回塩分は少なめにして作りました。出来上がりのスープの味を確認して、お好みで塩、こしょうで味を整えてください!

お役立ちメモ

ケン
ケン

ホットクック旧型モデルのステンレス製内鍋をお使いの方に朗報です!待ちに待ったホットクックのフッ素コート専用内鍋が別売りで発売スタートしました!

我が家でも、早速購入しました!

これで、鍋底にくっついて困るような料理も気にせず作れるようになります。気になる方は要チェック!

フッ素コート内鍋が家に届いてから3カ月の間使ってみた感想、レビューは、こちらをどうぞ!

ホットクック【ステンレスvsフッ素コート内鍋】3か月使ったレビュー!
この記事では、ホットクックから新発売された「フッ素コートの内鍋」を使い続けてみた感想・レビュー、さらにステンレス製の内鍋で作った場合との比較についてお伝えしています。特に違いのある料理については、写真も使って詳しくご紹介します。

フッ素コート内鍋は、型番の末尾がFBになっています。購入するときは念のため間違えないようにしてくださいね。Fが「フッ素のF」を指します。

1.6L用フッ素コート専用内鍋(型番:TJ-KN1FB)

2.4L用フッ素コート専用内鍋(型番:TJ-KN2FB)

 

タイトルとURLをコピーしました