ホットクック・レシピ【海の幸のホイル蒸しの作り方】金目鯛がおすすめです!

海の幸のホイル蒸しアイキャッチ和食

我が家の味採点
★★★★☆  調理時間:25分 準備 5分  +  Hot Cook  20分


ケン
ケン

白身魚、えび、ほたて、しいたけからでたエキスがおいしいスープとなって口の中いっぱいに広がります。調味料は「塩、こしょう、酒」だけ。白ワインや日本酒(冷酒)にぴったりあうので、ちょっと贅沢なおつまみとしていただくのがおすすめです。

白身魚を色々変えてつくると違った味を楽しめます。

これまで、金目鯛、タラ、カラスカレイでつくってみましたが、今のところいちばん美味しかったのは金目鯛のホイル蒸しです。

肉厚な金目鯛は、蒸すことで海鮮のだしとからみ、とてもおいしいです。

蒸す時間は、20分が良いと思います。

22分で作ってみたところ、肉薄のカラスカレイは少しパサパサ感がでてしまいました。

スポンサーリンク

ホットクック・レシピ【海の幸のホイル蒸し】ワンポイント・アドバイス

  • 白身魚は金目鯛がおすすめです。他の白身魚でもなるべく肉厚の魚を選びます。
  • ホタテは、刺身用ではなく、ボイル用の大き目のホタテがおすすめです。刺身用だと蒸すとち縮んでしまいます。

ホットクック・レシピ【海の幸のホイル蒸し】材料 2人分

◆具材

  • 白身魚:2切れ *今回は、金目鯛とカラスカレイを1切れづつでつくりました
  • えび:2~4尾 *カラをむいて、背ワタをとります
  • ホタテ:2個 *ボイル用がおすすめ(今回は刺身用を使いました)
  • しいたけ:2枚 *石づきをとり、表面に十字に包丁を入れます
  • きぬさや:4~6枚 *筋をとります
  • レモン:輪切り2枚

◆調味料

  • 塩、こしょう:少々
  • 酒:大さじ2

ホットクック・レシピ【海の幸のホイル蒸し】作り方

STEP 1:具材を準備
  • 白身魚の両面に、軽く塩、こしょうします。

白身魚2種類

  • えび、ほたて、しいたけ、きぬさやを準備します。
  • ほたてに軽く塩、こしょうします。
  • 全ての具材を2人分に分けておきます。

ホイル蒸し具材

  • アルミホイルを広げて、ひとり分づつのせ、酒を大さじ1づつふりかけます。

アルミホイルに具材をのせて包む

  • アルミホイルを包みます。
STEP 2:ホットクック鍋に入れる
  • 最初に水を200ml入れます。
  • 次に、付属の蒸しトレイを置きます。

蒸し板

  • 蒸しトレイの上に、アルミホイルで包んだ具材を2つ置きます。

海の幸のホイル蒸し調理前鍋の中

STEP 3:スタート ♪

手動で作る → 蒸す → 調理時間「20分」に設定 → ス タート

海の幸のホイル蒸しホットクック操作画面

*写真は「22分」ですが、「20分」の方が良いと思います。

STEP 4:完成!

出来上がりのチャイムが鳴ったらふたを開けて、やけどに気を付けてアルミホイルを取り出して、お皿にのせて完成です。

海の幸のホイル蒸し食卓1

塩とコショウ、酒だけの味付けで十分おいしいですが、白ご飯といっしょにいただく場合は、お好みで途中からしょうゆやポン酢をかけてもおいしいです。

お役立ちメモ

ケン
ケン

ホットクック旧型モデルのステンレス製内鍋をお使いの方に朗報です!待ちに待ったホットクックのフッ素コート専用内鍋が別売りで発売スタートしました!

我が家でも、早速購入しました!

これで、鍋底にくっついて困るような料理も気にせず作れるようになります。気になる方は要チェック!

フッ素コート内鍋が家に届いてから3カ月の間使ってみた感想、レビューは、こちらをどうぞ!

ホットクック【ステンレスvsフッ素コート内鍋】3か月使ったレビュー!
この記事では、ホットクックから新発売された「フッ素コートの内鍋」を使い続けてみた感想・レビュー、さらにステンレス製の内鍋で作った場合との比較についてお伝えしています。特に違いのある料理については、写真も使って詳しくご紹介します。

フッ素コート内鍋は、型番の末尾がFBになっています。購入するときは念のため間違えないようにしてくださいね。Fが「フッ素のF」を指します。

1.6L用フッ素コート専用内鍋(型番:TJ-KN1FB)

2.4L用フッ素コート専用内鍋(型番:TJ-KN2FB)

 

タイトルとURLをコピーしました