ホットクック・レシピ【酸辣湯麺 (スーラータンメン)の作り方】味付けは濃い目にすべし!

ホットクック

我が家の味採点 
  ★★★☆☆  調理時間:40分 準備10分+Hot Cook 27分 +3分


ホットクックの正式レシピで「スープ」カテゴリーにある「酸辣湯(サンラータン)スープ」をつくって、そこに「めん」を入れてスーラータンメンづくりに挑戦しました。

今回2回目の挑戦です。

前回はめんに「そうめん」を使って失敗したので、今回は「中華麺」を使うことにしました。結果、中華めんを使ってより本物にちかいスーラータンメンになりました!

ケン
ケン

いやあ、前回失敗したので今回はドキドキでした。

ミッキー
ミッキー

ほんと~ふたを開けたときに緊張しました!

今回は…
まずまずの成功でした。二人ともラーメンが大好きなので評価はちょっと辛口です。

スポンサーリンク

【ホットクック スーラータンメン】ワンポイント・アドバイス

  • 本来は 酸辣湯(サンラータン) なのに酸辣湯麺(スーラータンメン)にしているので味付けは強めにしないとぼやけた味になってしまいます。
  • 片栗粉のあんも片栗粉は多めにして強めのあんにするのがオススメです。
  • あんを固めにしておくとお酢を多めに入れてもゆるくなりすぎないので、お酢好きの方は特に片栗粉は多めがいいと思います。
  • レシピにはありませんが、辛いものが大丈夫な方は食べるときにお好みでラー油をかけるとさらにおいしくなります。

【ホットクック スーラータンメン】材料と調味料(2人分)

    [A]
  • たけのこの水煮:50g
  • にんじん:50g
  • 生しいたけ:2、3枚
    [B]
  • 豚肉(切り落とし):100g
  • 片栗粉:大さじ2
    [C]
  • 鶏がらスープの素:大さじ1
  • しょうゆ:大さじ1
  • 塩:小さじ1/2
  • こしょう:少々
  • 水:800mL
    [D]
  • 豆腐(細切り):200g
  • 卵:1個(ときほぐしておく)
  • 酢:大さじ3

【ホットクック スーラータンメン】作り方

 STEP 1:具材を準備する
  • [A]の野菜はすべて細切りにします。
  • [B]の豚肉には片栗粉をまぶしておきます。
STEP 2:具材をホットクックの鍋に入れる
  • A]の細切りした野菜、[B]の片栗粉をまぶした豚肉、さらに[C]の調味料と水を内鍋にいれます。
STEP 3:スタートを押して調理開始♪
メニューを選ぶ → メニュー番号で探す → No.058(酸辣湯) → 調理を開始する → スタート

 STEP4:追加材料を入れる
  • 途中でお知らせの音が鳴って「食材を加えてください」という表示が出ます。
  • やけどに気を付けながらフタを開けて内鍋に[D]の溶き卵、豆腐、酢の順に加えます。
STEP 5:中華麺をゆでる
  • 中華麺は、袋に書いてある時間よりも短めにゆでて、よく水を切ってから温めたどんぶりに入れておきます。
STEP 5:完成!!

どんぶりに先に入れてあった麺の上に出来上がった酸辣湯(サンラータン)を注ぎます。

今回は前回のように白いどろどろのスープにはならず見た感じはスーラータンメンになりました!

ただ、お味がちょっと薄い…。しかもあんがちょっとゆるかったです。スーラータンメンにする場合はゆでた麺を入れるのでスープがちょっと薄まってしまいます。

なので上に書いてある調味料はそれぞれ少し多めに入れたほうがおいしくできると思います。片栗粉も多めにいれてください。

今回は最後に開けた時点であんがゆるすぎたので、さらに分量外の溶いた片栗粉を入れて2分間追加で加熱しました。それでもまだゆるめでした。

うーん、スーラータンメンはなかなか手ごわいですね。次に3回目の正直で完璧なスーラータンメンを作りたいと思います。

ちょっと薄くても今回も完食です!

 
ホットクック1.6L (2~4人家族用)

 

ホットクック2.4L (2~6人家族用)

ホットクック・レシピ本

 

タイトルとURLをコピーしました