ホットクック・レシピ【酸辣湯(サンラータン)の作り方】疲労回復にもおすすめ!

サンラータンアイキャッチ-1536x1108ホットクック

我が家の味採点
★★★★☆  調理時間:40分  準備 10分 + Hot Cook 30分


ケン
ケン

海外のレストランでは「ホット&サワースープ」と呼ばれています。直訳すれば「辛くて酸っぱいスープ」。疲れたときなどはとくにおすすめの一品です。豚肉と野菜が持つビタミンで疲労回復、そして「お酢」が疲れた体をやさしくいやしてくれます。元気いっぱいになります!

中華料理店を家族で営んでいる学生時代の友人、彼の得意料理が「ホット&サワースープ(=酸辣湯)」でした。

当時大学の寮で生活をしていた私は、週末になるとその友人のレストランで飲茶(ヤムチャ)とホット&サワースープをよくいただきました。

友人いわく、「おいしくつくるコツはコショウを多めにいれること」。今でもこの教えは実践しています。

野菜もたっぷりいただけます。豆腐も入っているので、このスープとご飯だけでもお腹いっぱいになります。

今回は2人で4人分をいただきました。他のおかずはなしです。白ご飯とサンラータンだけ!

スープをおかわりしたら、2杯目はお好みでラー油をすこし入れてもおいしくいただけます。

スポンサーリンク

【ホットクック  酸辣湯(サンラータン)】ワンポイント・アドバイス

  • コショウが苦手でない方は少し多めにいれましょう。お酢が入ると味がマイルドになるので、コショウはちょっと多すぎかなと思うくらいが適量です。
  • たけのこはあらかじめ細切りされてパックされている市販の水煮を使いました。にんじんもたけのこと同じ形に細く切った方が口あたりが良く、スープがおいしくいただけます。

【ホットクック  酸辣湯(サンラータン)】材料 4人分

  • たけのこ水煮:60~100gほど
  • にんじん:1/2~1本
  • しいたけ:2枚
  • 豚肉:50~100g *生姜焼き用、バラ肉、切り落とし何でもOK
  • 片栗粉(豚肉にまぶします):大さじ2

◆調味料

  • 水:800ml(4カップ)
  • 鶏ガラスープの素:大さじ1
  • しょうゆ:大さじ1
  • 塩:小さじ1
  • コショウ:お好みで適量 *多めがおすすめ!

◆残り3分で鍋に入れる材料

  • たまご:1個
  • とうふ:100g~200g お好みで
  • 黒酢:大さじ3 *普通のお酢でもOK

【ホットクック  酸辣湯(サンラータン)】作り方

STEP 1:具材を準備する
  • たけのこ、にんじん、しいたけを細きりにします。

食材切った後

  • 豚肉を一口サイズに切り、片栗粉をまぶします。
  • 調味料(水、鶏ガラスープ、しょうゆ、塩、コショウ)を用意します。
  • たまごを溶いておきます。
  • とうふを細きりにします。
STEP 2:具材を入れてスタート

鍋に野菜、その上に片栗粉をまぶした豚肉をいれます。

 

豚肉

 

その上から用意した調味料を入れます。

 

ホットクック鍋

STEP 3:スタート ♪

メニューを選ぶ → カテゴリーで探す → スープ →  酸辣湯(サンラータン) → スタート

 

hotcook液晶画面1 hotcook液晶画面2

hotcook液晶画面3 hotcook液晶画面4

hotcook液晶画面5 hotcook液晶画面6

STEP 4:残り3分前に溶きたまご、とうふ、お酢 ♪

残り時間が3分のときに、報知音が鳴ります。

フタを開けて、以下の順番で食材を鍋に入れます。

1. 溶きたまご

2. とうふ (細きり)

3. 黒酢(または、お酢)

 

卵豆腐お酢

STEP 4:完成!

できあがりの報知音が鳴ったら、ふたを開けて軽くかき混ぜ、器にうつして完成です。

 

食卓

サンラータンをいただくと、昔なつかしい学生の頃の記憶がよみがえります。
あの時と同じ中華レストランの味がホットクックで簡単につくれるのは、ありがたいです!今さらながらホットクックには驚かされます。

2杯目はラー油を少し入れていただきました。

スープだけでもおいしいですが白ご飯とも良くあいます!

ホットクック1.6L (2~4人家族用)

 

タイトルとURLをコピーしました