ホットクック・レシピ【肉みその作り方】おすすめは「サラダ菜肉みそ巻き」!

肉みそアイキャッチホットクック

我が家の味採点
★★★★☆  調理時間:18分 準備 3分 + Hot Cook  15分


ケン
ケン

味はすこし濃い目にできあがったほうがいろいろな料理につかえて楽しめると思います。白ご飯にまぶしておにぎりにしても美味しいです。いちばんのおすすめは「サラダ菜」に肉みそと白ご飯を巻いていただく食べ方です!

準備も簡単で、包丁は使いません。調理時間もわずか15分ほどなので、手軽に何回でもつくることができます。

佃煮として白ご飯のお供でいただくのが定番の食べかただと思いますが、他にもいろいろな食べかたを開拓できそうです。

小腹がすいたときなどに、ご飯に肉みそをまぶしておにぎりにしてていただくと、ひと味違ったおにぎりを楽しめます。

さらに肉みそおにぎりをフライパンで軽く両面を焼くことで、香ばしいみその風味豊かな焼きおにぎりもおいしいです。

肉みそおにぎり

赤みその種類や入れる調味料の分量にによって濃い目だったり、甘かったり、からかったりするかもしれません。

何回かつくって慣れてくると味付けに使う調味料の分量が好みに調整できると思います。

ただ出来上がりの肉みその味が思っていた味より濃い目に出来た場合などでも、食べるときに使う肉みその量を減らすなどすればおいしくいただけるのでまったく大丈夫です。

今までのところ、我が家のいちばんのおすすめの食べ方は「サラダ菜肉みそ巻き」です。この記事の最後で食べかたを紹介します!

スポンサーリンク

【ホットクック・レシピ・肉みそ】ワンポイント・アドバイス

  • 味付けで使うのは「赤みそ」、「みりん」、「砂糖」ですが、分量はお好みで調整しましょう。赤みその種類などによっても味は変わります。我が家ではホットクックの正式レシピより分量をすべて少な目にしてつくりましたが味はそれでも濃い目でした。

【ホットクック・レシピ・肉みそ】材料 約450g

  • 鶏ひき肉:200g*鶏むね肉をミキサーでミンチにしてもOK
  • 赤みそ:大さじ6 *ホットクック正式レシピは大さじ8
  • みりん:大さじ4 *ホットクック正式レシピは大さじ8
  • 砂糖:小さじ4 *ホットクック正式レシピは小さじ8

【ホットクック・レシピ・肉みそ】作り方

STEP 1:具材を準備する
  • 鶏ひき肉、調味料を準備します。

我が家ではミキサーを使ってひき肉を用意したので準備に3分ほど時間がかかりました。

鶏ムネ肉ミンチ 赤味噌

STEP 2:具材をホットクックの鍋に入れる

ホットクック鍋にすべての材料を入れて、ヘラやスプーンなどで良く混ぜ合わせます。

 

肉みそ鍋

STEP 3:スタート ♪

メニューを選ぶ → カテゴリーで探す → 煮物  →  佃煮・ソース → 肉みそ → スタート

 

肉みそ液晶画面1 肉みそ液晶画面2 肉みそ液晶画面3

肉みそ液晶画面4 肉みそ液晶画面5 肉みそ液晶画面6

STEP 4:完成!

出来上がりの音が鳴ったらフタを開けて、保存容器などに移しかえて完成です。

 

肉みそ食卓

おすすめの食べ方「サラダ菜肉みそ巻き」について紹介します。野菜もたっぷりとることができます!

今回我が家では、ホットクックで別につくった「きのこの佃煮」と市販の「桃屋のしびれと辛さががっつり効いた麻辣風味(マー・ラー・シャン油)」を一緒に巻いていただきました!

  1. サラダ菜を水洗いしたあと、水分をきっておきます。

サラダ菜

  1. お好みで肉みそ以外の薬味も用意します。

きのこの佃煮野菜巻き用

  1. 肉みそと白ご飯、お好みでその他の薬味をサラダ菜に巻いていただきます。

サラダ菜巻き食卓 サラダ菜巻き薬味

ホットクック1.6L (2~4人家族用)

 

タイトルとURLをコピーしました