ホットクック・レシピ【けんちん汁の作り方】手抜き方式でつくりました!

けんちん汁アイキャッチホットクック

我が家の味採点
★★★★☆  調理時間:30分 準備 5分 + Hot Cook  25分


ケン
ケン

だしと塩だけのやさしい味付けです。シンプルなやさしい味付けなので、けんちん汁は、みそ汁とくらべると、より野菜がもっている素材の味をしっかりと楽しむことができます。

本来であれば野菜を一口サイズにきってから、あらかじめ別にとった「だし汁」を加えてつくるのが正式レシピのけんちん汁のつくりかたです。

今回は、かなり手抜きしてつくってみました。

とくに「だし汁」のつくりかたはすこし邪道かもしれませんが、疲れているときなどはおすすめです。

まず野菜やこんにゃくは、もちろんあらかじめカットしてパックされている「けんちん汁の具」を使います。近頃はカット野菜も味がおいしいです。

そしてけんちん汁に使う「だし汁」は、具材の野菜類や豆腐と一緒に、「水」、「かつおだしの素(顆粒)」、「コンブ」をホットクック鍋に加えることで、鍋の中で「だし」をとりながら、同時進行でけんちん汁をつくりました。

かつおだし顆粒

できあがりホットクックのふたを開け、おそるおそるひとくち、口に含んでみるとかなりおいしい出来栄えです。だしの味がしっかり効いたおいしいけんちん汁です。

けんちん汁の中に沈んでいる「コンブ」をとりだしてから、器にうつしていただきました!

それから入れる「塩」の分量は、最近おいしくてすっかりはまっている「勝間和代さんの塩分量」で調理しました。

勝間さんの塩分量は、(具材+水)の重さの0.6%の塩を使います。

これで具材が本来もっているうまみを感じることのできるおいしい料理ができあがります!是非お試しください!

スポンサーリンク

【ホットクック・レシピ・けんちん汁】ワンポイント・アドバイス

  • 豆腐は入れるとおいしいです。絹ごしでも、木綿でもどちらでもおいしくいただけます。

【ホットクック・レシピ・けんちん汁】材料 4人分

  • お好みの具材:約400g *今回は「けんちん汁の具」をスーパーで買って使いました。
  • にんじん:1本 *乱切りにします。
  • 豆腐:150g *3個パックの豆腐のうち、1パックを使います。
  • 酒:大さじ1
  • ごま油:大さじ1/2
  • しょうゆ:小さじ1
  • 水:600ml
  • 本かつおだしの素(顆粒):5g  *市販の「リケン 素材力だし 本かつおだし」を使いました。
  • だし昆布:小1枚
  • 塩:約7.0g *勝間和代さん式塩分量です。具材+水=約1200gの0.6%の塩

【ホットクック・レシピ・けんちん汁】作り方

STEP 1:具材を準備する
  • けんちん汁の具(だいこん、ごぼう、にんじん、こんにゃくなど)をザルに開けて水洗いします。今回はにんじんを1本乱切りにして追加で加えました。

 

けんちん野菜

 

 

  • 豆腐はあらくくずしておきます。
STEP 2:具材をホットクックの鍋に入れる

すべての具材を鍋にいれてから調味料を加えます。

水、かつおだしの素、だし昆布もそのまま鍋に入れます。

最後に塩を加えます。

 

けんちん汁だし

STEP 3:スタート ♪

メニューを選ぶ → カテゴリーで探す → スープ  →  けんちん汁  → スタート

 

けんちん汁液晶画面1 けんちん汁液晶画面2 けんちん汁液晶画面3

けんちん汁液晶画面4 けんちん汁液晶画面5 けんちん汁液晶画面6

STEP 4:完成!

出来上がりの音が鳴ったらフタを開けて完成です。

 

けんちん汁食卓

 

野菜はお好みで増やしたり減らしたりしてもまったく大丈夫です。今回は野菜を多めにとりたかったので、にんじん1本を乱切りにして追加でホットクック鍋に投入しました。

メイン料理は「いわしの梅煮」だったのですが、いわしの梅煮は味がすこし濃い目だったので、けんちん汁のシンプルなだしと塩加減が良くあいました。

いわしの梅煮食卓2

ホットクック・レシピ【いわしの梅煮の作り方】甘酢っぱさがやみつきになります
もう白ご飯がとまりません!梅干しだけでなく、梅干しから出たトロトロのエキスも、いっしょにホットクックの鍋に加えて調理したところ、梅の甘酢っぱさがさわやかな、おいしい「いわしの梅煮」ができあがりました。

けんちん汁は4人分を2人でいただいたのですが、たくさんできたので、翌日の晩も楽しむことができました!

 

 

ホットクック・レシピ本

ホットクック1.6L (2~4人家族用)

タイトルとURLをコピーしました