ホットクック・レシピ【にんじんと豚肉の炒め物の作り方】鮮やかでおいしい野菜炒め

にんじんと豚肉の炒め物アイキャッチ和食

我が家の味採点
★★★★★  調理時間:9分 準備 5分 + Hot Cook 4分


ケン
ケン

ごま油の風味に塩がきいていて、いくらでも食べられるやさしい味付け。たっぷりのにんじんの甘さがきわだちます!片栗粉でとろみのついた豚肉もとてもおいしいです。調理時間はわずか4分なので、夜遅くなった時やお弁当のおかずとしても活躍する一品です。

にんじんを切っていて、「こんなににんじんを入れてちゃんと炒めることができるのか」と、ちょっと心配になりましたが、結果はまったく大丈夫でした。

「4分」の炒め時間で、しっかりとすべての具材が仕上がっています。

豚肉にまぶした片栗粉が、にんじんから出た水分を含んで、ちょうど良い感じのトロミがついていておいしいです。

にんじんをたっぷり使いますが、片栗粉のおかげで煮汁はまったくなく、全体がおいしく炒めれています。

スポンサーリンク

ホットクック【にんじんと豚肉の炒め物】ワンポイント・アドバイス

  • 豚肉は少し多めに用意して、片栗粉をまぶす前に、軽く塩とこしょうをふって下味をつけるとさらにおいしいくいただけます。

ホットクック【にんじんと豚肉の炒め物】材料 4人分

◆具材

  • にんじん:2本(約400g) *輪切りにした後半分に切ります
  • ピーマン:2個 *2~3cm角に切ります
  • 豚もも肉:150g~200g *3~4cm幅のうす切りにします
  • 片栗粉:小さじ2
  • 塩、こしょう:少々

◆あわせ調味料

  • 酒:大さじ2
  • ごま油:大さじ1
  • 塩:小さじ1/2
  • 鶏がらスープの素:小さじ1/2 *シャンタンがおすすめです

ホットクック【にんじんと豚肉の炒め物】作り方

STEP 1:具材を準備
  • にんじんとピーマンを切ります。

にんじんとピーマン

  • 豚肉を切って、塩、こしょうをかるくふり、片栗粉をまぶしておいておきます。
  • ボールに調味料をすべて入れ、良く混ぜ合わせておきます。

豚肉と合わせ調味料

STEP 2:調味料、具材を入れる
  • 最初に、にんじんとピーマンを入れます。

にんじんとピーマンを鍋に入れる

  • 次に、豚肉をほぐしながら広げます。
  • 最後に、混ぜ合わせておいた調味料を入れます。

にんじんと豚肉の炒め物調理前鍋の中

STEP 3:スタート ♪

手動で作る → 炒める → 調理時間「4」 → ス タート

にんじんと豚肉の炒め物ホットクック操作画面

STEP 4:完成!

出来あがりのチャイムが鳴ったらフタを開けて、お玉などでぜんたいを混ぜ合わせ、そのまま皿に盛りつけて完成です。

にんじんと豚肉の炒め物食卓

ステンレス製の内鍋だと、調理後に鍋底に片栗粉の残りと具材がこびりつきます。

無理してこすらずに、一晩水につけておくと簡単にとれます。

ちなみにフッ素加工の内鍋であれば、こびりつきは発生しません!

すぐにできるので、後日、冷蔵庫の残りで、朝お弁当用にさっとつくって、白ご飯の上にのせました。にんじんと豚肉の炒め物お弁当

お役立ちメモ

ケン
ケン

ホットクック旧型モデルのステンレス製内鍋をお使いの方に朗報です!待ちに待ったホットクックのフッ素コート専用内鍋が別売りで発売スタートしました!

我が家でも、早速購入しました!

これで、鍋底にくっついて困るような料理も気にせず作れるようになります。気になる方は要チェック!

フッ素コート内鍋が家に届いてから3カ月の間使ってみた感想、レビューは、こちらをどうぞ!

ホットクック【ステンレスvsフッ素コート内鍋】3か月使ったレビュー!
この記事では、ホットクックから新発売された「フッ素コートの内鍋」を使い続けてみた感想・レビュー、さらにステンレス製の内鍋で作った場合との比較についてお伝えしています。特に違いのある料理については、写真も使って詳しくご紹介します。

フッ素コート内鍋は、型番の末尾がFBになっています。購入するときは念のため間違えないようにしてくださいね。Fが「フッ素のF」を指します。

1.6L用フッ素コート専用内鍋(型番:TJ-KN1FB)

2.4L用フッ素コート専用内鍋(型番:TJ-KN2FB)

 

この記事を書いた人
Ken

「インドア・エンジョイライフ」をご覧いただきましてありがとうございます。

ブログ名の通り、家の中を中心に楽しく充実した毎日を過ごすための情報を発信しています。

趣味は料理(ホットクックにすっかりはまっています)、海外ドラマ・洋画・洋楽鑑賞、ドライブ、ギター演奏。

現在は、昔からの夢だったドラムを買って練習するためにおこづかいを貯めている最中です!

和食豚肉野菜(根菜類)
INDOOR ENJOY LIFE
タイトルとURLをコピーしました