ホットクック・レシピ【サーモンとポテトのガーリックバター炒めの作り方】バター醤油との相性抜群!

サーモンとポテトのガーリックバター炒めアイキャッチ和食

我が家の味採点
★★★★★  調理時間:35分 準備 15分 + Hot Cook  20分


ケン
ケン

しょうゆバターとガーリック風味でコーティングされた炒め物。しゃけがふんわり食感で美味しいです。さらにポテトはやわらかくてホクホクの仕上がり。使う調味料の種類も少なくて手軽に簡単に作れる美味しい一品です。

バター醤油とガーリックがジャガイモと相性抜群なのは言うまでもありませんが、想像していた以上に美味しく仕上がりました!

この「サーモンとポテトのガーリックバター炒め」レシピは国際薬膳学院とのコラボメニュー、国際薬膳学院の赤堀真澄先生が考案されたレシピです。

赤堀先生が考案されたホットクックレシピは薬膳的効能があるだけでなく、どれも美味しくて我が家のお気に入りです!

ちなみに、今回作った「サーモンとポテトのガーリックバター炒め」の薬膳効果は、鮭は胃腸を整え体内の水はけを改善、じゃがいもは体力をつけて消化力の低下を改善する効果、むくみのシーズンに最強の組み合わせとシャープさんのホームページに書いてあります!

スポンサーリンク

ホットクック【サーモンとポテトのガーリックバター炒め】ワンポイント・アドバイス

  • 炒め物ですが「まぜ枝ユニット」は使わない作り方になっています。蒸し焼きのような感じです。そこで、調味料を入れるとき、調味料が具材(特に生さけ)のひとつひとつにまんべんなくかかるように、すこしづつ振りかけるように入れると、味がよりしみ込んで美味しいです。
  • バターも、鍋の中で4か所ぐらいに分散して入れると良いです。全体にバターがいきわたります。
  • 公式レシピではじゃがいもは1個を8つ切りにします。ホクホクの仕上がりには、切った後の厚みが1~2cmぐらいの間がちょうど良いと思うので、じゃがいものサイズが大きくて厚みがある場合は、さらに半分に切り分けます。

ホットクック【サーモンとポテトのガーリックバター炒め】材料 2人分

  • 生ざけ(1切れ約80g):2切れ *1切れを4つに切り分けます
  • 酒:大さじ1 *最初に生ざけにふりかけておく分量です
  • じゃがいも:2個(約220g) *1個を8つ切りにします
  • にんにく:ひとかけ(約5g )*みじん切りにします

◆調味料

  • 酒:大さじ2
  • しょうゆ:大さじ1
  • バター:10g

◆仕上げ用トッピング(お好みで)

  • ゆでたオクラ:2~4本 *半分に切って飾ります

ホットクック【サーモンとポテトのガーリックバター炒め】作り方

STEP 1:具材を準備する
  • 生ざけ1切れを4つ切りにして、酒(大さじ1)をふりかけておきます。

生ざけを切る

  • じゃがいもの皮をむいて、1個を8等分に切ります。切った後の厚さは1~2cmとなるように大きい場合はさらに半分に切ります。

じゃがいも1個8つ切り

  • にんにくをみじん切りにします。

にんにくみじん切り5g

STEP 2:ホットクック鍋に入れる
  • 最初に、じゃがいもを入れます。

最初にじゃがいもを入れる

  • 次に、しゃけを入れます。

次にさけの切り身を入れる

  • 最後に、にんにくとすべての調味料を具材全体にいきわたるように入れます。

にんにくすべての調味料を入れる

STEP 3:スタート ♪

ホットクックにセットします。まぜ枝は使いません。

 

調理前鍋の中

 

メニューを選ぶ → メニュー番号で探す → 番号「481」サーモンとポテトのガーリックバター炒め  → 調理を開始する → ス タート

サーモンとポテトのガーリックバター炒め操作画面

 

STEP 4:完成!

出来上がりのチャイムが鳴ったらフタを開けて、器に盛り付け、お好みでゆでたオクラを半分に切って添えて完成です。

 

すぐに食べても美味しいですが、しばらく保温にしてから食べてもポテトにさらに味がしみて美味しかったです。

サーモンとポテトのガーリックバター炒め食卓

国際薬膳学院の赤堀先生が考案されたホットクックレシピは他にもあってどれも美味しいです!

ケン
ケン

特に「海老としいたけの腸活アジアン春雨蒸し」は我が家のお気に入りの一品でこれまで何回も作って楽しんできます。先生ありがとうございます!

 「海老としいたけの腸活アジアン春雨蒸し」の記事はこちら!

ホットクック・レシピ【海老としいたけの腸活アジアン春雨蒸しの作り方】完璧な仕上がり!美味しいです!
複雑な味わいでくせになる一品。いったん口に運ぶと箸がもう止まりません。乾燥春雨はちょうど良く蒸しあがっています。具材のひとつひとつに味がしっかり染みていてとても美味しいです。仕上げにレモンまたはレモン汁を使うのが絶対おすすめです。調理時間が15分というところも驚き。あっという間に美味しく出来上がります!

 「薬膳スパイスチキンカレー」の記事はこちら

ホットクック・レシピ【薬膳スパイスチキンカレーの作り方】くせになる食感!スパイス効能を確かめてから食べるのがおすすめ!
いつものカレーと違って使うスパイスの種類が多いので、それだけでもなんとなくからだに良い感じがしてきます。おすすめは食べる前に、使うスパイスの効能を良く確かめてからいただくこと。するとからだの中に薬膳スパイスの効果が広がる感じがしてきます。

 「ターメリックライス」の記事はこちら

ホットクック・レシピ【ターメリックライスの作り方】カレーとの相性抜群!もちろんそのまま食べても美味しいです。
鮮やかな黄色が見た目にも心地よい美味しいライスが出来上がりました。ほどよくガーリックの風味があってそのまま食べても美味しいです。でもいちばんはカレーと一緒にいただく食べ方!サフランに比べると断然安価で手に入るところも嬉しいスパイスです。1本あれば気軽に何度も楽しめます!

 

2021年9月発売のホットクック新モデル

1.6L(2~4人用)の最新モデルにブラックが登場です!

人気の定番カラー2.4Lタイプ(2~6人用)、最新モデルです

 

この記事を書いた人
Ken

「インドア・エンジョイライフ」をご覧いただきましてありがとうございます。

ブログ名の通り、家の中を中心に楽しく充実した毎日を過ごすための情報を発信しています。

趣味は料理(ホットクックにすっかりはまっています)、海外ドラマ・洋画・洋楽鑑賞、ドライブ、ギター演奏。

現在は、昔からの夢だったドラムを買って練習するためにおこづかいを貯めている最中です!

和食魚介
INDOOR ENJOY LIFE