ホットクック・レシピ【豚肉と大根の和風カレーの作り方】そば屋の絶品カレー!

豚肉と大根の和風カレーアイキャッチカレー

我が家の味採点
★★★★★  調理時間:60分 準備 15分  +  Hot Cook  45分


ケン
ケン

かつおのだしと風味が効いた一品。やわらかく仕上がった「だいこん」に和風のうまみがしっかりとしみ込んでいます。肉のあぶらと玉ねぎの甘さにカレーの辛さがあいまって、もう止まらないおいしさです。洋風カレーとはひと味違う、ほっとする味わいの絶品カレーです!

そば屋の定食ででてくる「そば屋のカレー」が昔から大好きです。カレーそばやカレーうどんも良いのですが、そば屋で白ご飯にかけて食べるカレーは、家で食べるカレーとひと味違って好きでした。

今回は、そんな和風だしがしっかり効いた「そば屋のカレー」をホットクックで作りました。

大根は、大きめに切ると、見た目がじゃがいもの代わりになりますが、小さく切った大根も混ぜて作ると、色々な食感が楽しめてよりおいしくいただけます。

スポンサーリンク

ホットクック【豚肉と大根の和風カレー】ワンポイント・アドバイス

  • 味の決め手は「かつおぶしパック」からでた和風だし。お茶用パックがない時は、普通のキッチンペーパーを使って簡単に「かつおぶしパック」を作ることができます。

かつおぶしパック作り方

ホットクック【豚肉と大根の和風カレー】材料 4人分

◆具材

  • 豚バラ肉:200g *3cm幅に切ります。
  • 大根:1/3本(約300g) *1~3cm幅のいちょう切り
  • 玉ねぎ:1/2個(約100g) *うす切りにします
  • 塩・こしょう:少々
  • かつおぶし:約4g *かつおぶしパック1~2パック

◆調味料

  • 市販のカレールー:1/2箱
  • しょうゆ:小さじ2
  • 水:1.5カップ(300ml)

◆福神漬け(お好みで)

ホットクック【豚肉と大根の和風カレー】作り方

STEP 1:具材を準備
  • かつおぶしをお茶用パックなどに入れて「かつおぶしパック」を作ります。
    *ペーパータオルを1枚使うと簡単にパックが作れます。
  • 豚バラ肉を3cm幅に切って、塩、こしょうを軽くふっておきます。
  • たまねぎをうす切り、ダイコンを1~3cm幅のいちょう切りにします。
  • 大根は大き目もおいしいですが、小さめに切ったものを混ぜてもおいしいです。
STEP 2:ホットクック鍋に入れる
  • 最初に、ダイコンを入れます。
  • 次に、玉ねぎをいれます。

玉ねぎを入れる

  • 最後に、豚バラ肉、かつおぶしパック、すべての調味料、水を入れます。

豚肉と大根の和風カレー調理前鍋の中

STEP 3:スタート ♪

メニューを選ぶ → メニュー番号で探す → 調理NO.「603」豚肉と大根の和風カレー  →  調理を開始する → ス タート

豚肉と大根の和風カレー操作画面

STEP 4:完成!

出来上がりのチャイムが鳴ったらフタを開けて、「かつおぶしパック」を取り出し、器に盛り付けて完成です。

豚肉と大根の和風カレー食卓

今回、我が家でもお茶パックがなかったので普通のキッチンペーパーを使って「かつおぶしパック」をつくりました。

出来上がりのフタを開けると、「かつおぶしパック」が具材の一部に見えるので、取り出すのを忘れてお皿に盛りつけて食べないように注意してください(笑)

お役立ちメモ

ケン
ケン

ホットクック旧型モデルのステンレス製内鍋をお使いの方に朗報です!待ちに待ったホットクックのフッ素コート専用内鍋が別売りで発売スタートしました!

我が家でも、早速購入しました!

これで、鍋底にくっついて困るような料理も気にせず作れるようになります。気になる方は要チェック!

フッ素コート内鍋が家に届いてから3カ月の間使ってみた感想、レビューは、こちらをどうぞ!

ホットクック【ステンレスvsフッ素コート内鍋】3か月使ったレビュー!
この記事では、ホットクックから新発売された「フッ素コートの内鍋」を使い続けてみた感想・レビュー、さらにステンレス製の内鍋で作った場合との比較についてお伝えしています。特に違いのある料理については、写真も使って詳しくご紹介します。

フッ素コート内鍋は、型番の末尾がFBになっています。購入するときは念のため間違えないようにしてくださいね。Fが「フッ素のF」を指します。

1.6L用フッ素コート専用内鍋(型番:TJ-KN1FB)

2.4L用フッ素コート専用内鍋(型番:TJ-KN2FB)

 

タイトルとURLをコピーしました