ホットクック・レシピ【ラタトゥイユの作り方】無水調理と勝間和代さんの塩は最強!

ラタトゥイユアイキャッチホットクック

我が家の味採点
★★★★★  調理時間:50分 準備 10分 + Hot Cook  40分


ケン
ケン

調理に水は入れません! 野菜からでる水分だけで調理する、ホットクックの得意技、「無水調理」でつくります。使う調味料は勝間和代さん式の塩だけ。野菜たっぷりのおいしいラタトゥイユができあがりました。

使った野菜は、玉ねぎ、かぼちゃ、セロリ、なす、赤ピーマン、黄ピーマン、ピーマン、そしてトマト水煮缶を1缶丸ごと。ズッキーニがちょっと苦手なので、代わりにカボチャを使いました。

ラタトゥイユ野菜

ホットクック正式レシピには、「白ワイン」を入れるようになっています。家に白ワインが無かったので入れませんでしたが、とてもおいしく出来上がりました。

おいしくつくる味付けのコツは、コンソメは使わずに、素材のうまみをそのまま引き出すことのできる、勝間和代さん式の「塩だけ」で調理するところです。

塩の使い方と分量の計算方法は簡単。使う具材の0.6%の塩を使います。

まず、調理しながら、ホットクック鍋に入れる具材(野菜・肉・水分)の「重さ」を計っていきます。

今回のラタトゥイユで使ったの具材の重さはぜんぶで「1,184g」でした。野菜ぜんぶの重さ、トマト水煮缶の450g、ソーセージ2本の重さをすべて足した重さです。

重さが分かったら、電卓を用意しておいて、その重さに「0.006」を掛けて計算された分量の「塩」を使います。

使う塩の分量 方程式=(具材の重さ X 0.006)

今回のラタトゥイユの場合は、=(1,184g X 0.006) =7.104=約7g

もし計算の結果、例えば7.4gになった場合などは、少な目の7.0gにするようにしています。

塩の分量を少な目にしておけば、後で万が一出来上がりの味が薄くても、塩を足して調整することができます。

でも、他のホットクックの記事でも、勝間和代さん式の「塩かげん」について書いていますが、これまでこの塩かげんで失敗したことはなく、出来上がりの味を調整したことはありません。

スポンサーリンク

ホットクック・レシピ【ラタトゥイユ】ワンポイント・アドバイス

  • トマト水煮缶は実を粗くきざんだほうがおいしくできます。今回は、最初から中身がきざんんであるトマト水煮缶を使ったので楽でした。

ホットクック・レシピ【ラタトゥイユ】材料 4人分

  • ピーマン:2個 *1-2cm角切り
  • 赤ピーマン:1/2個 *1-2cm角切り
  • 黄ピーマン:1/2個 *1-2cm角切り
  • 玉ねぎ:1個 *くし切り
  • セロリ:1本 *うす切り
  • なす:2本 *1-2cm厚みの輪切り
  • かぼちゃ:1/4個 *ひと口サイズ
  • ソーセージ:2本 *1cm幅に輪切り(ベーコン2枚でもOK)
  • トマト水煮缶:1缶 *実は粗くきざみます
  • にんにく(きざみ):大さじ1
  • オリーブオイル:大さじ1
  • ローリエ:1枚
  • 塩:約7g  (すべての具材の重さ X 0.006)

ホットクック・レシピ【ラタトゥイユ】作り方

STEP 1:具材を準備してホットクックの鍋に入れる
  • 最初にローリエの葉を鍋に入れます。
  • 次に、ピーマン、赤ピーマン、黄ピーマンを入れます。

ラタトゥイユ緑黄色野菜

  • その上に、玉ねぎ、なす、ソーセージを入れます。

ラタトゥイユタマネギなすソーセージ

  • 最後に、トマト水煮缶、にんにく、オリーブオイル、塩を加えます。

ラタトゥイユ調理前鍋の中

STEP 2:スタート ♪

メニューを選ぶ → カテゴリーで探す → 煮物  →  野菜 → ラタトゥイユ → スタート

 

ホットクック操作液晶ラタトゥイユ

STEP 3:完成!

出来上がりの音が鳴ったらフタを開けて、器に盛りつけて完成です。

ラタトゥイユ食卓

手作りパンにバターときざみにんにくをぬってトースターで焼いた、ガーリックトーストと一緒においしくいただきました。

赤ワインもけっこう飲んでしまいました!

ラタトゥイユ食卓ガーリックトースト

 

 

ホットクック・レシピ本

ホットクック1.6L (2~4人家族用)

タイトルとURLをコピーしました