ホットクック・レシピ【たらのネギ油蒸しの作り方】タラの切り身で簡単絶品ガルーパ風香港料理!

たらのネギ油蒸し アイキャッチ魚介

我が家の味採点
★★★★★  調理時間 25分:準備 15分 + ホットクック 10分


ケン
ケン

本格香港料理が手軽に楽しめます!淡白な白身魚と上にのせる味付けしたたっぷりのネギ、そしてうまみたっぷりの美味しいタレが白ご飯と良く合います!おすすめの食べ方はたれごとたっぷり白ご飯にかけていただく食べ方!途中からお箸をスプーンに持ち替えてペロリといただきました。

土曜日にシャープと薬膳マスター赤堀先生コラボのZoomによる料理教室、今回のテーマは「春節を祝う香港薬膳料理4品」で、早速4品の内、「たらのネギ油蒸し」&「さつまいもと生姜の薬膳スイートスープ」との2品を作って楽しみました。

香港に住まわれていた赤堀先生直伝のレシピは、手軽につくれるだけでなく、体を薬膳効果で温めてくれる健康にも良い嬉しいレシピの数々です。先生いつもありがとうございます!

今回作った蒸し魚料理は、本場香港では、旧正月やお祝いの席に必ず登場するおめでたい魚料理とのことでした。

普通であれば鍋やフライパンを使って、魚を蒸したり、味付けしたネギ油を別に作ってのせなければならない料理ですが、ホットクックであれば一度にぜんぶ自動でやってくれます。

改めてホットクックの凄さを思い知ることにもなった美味しい一品となりました!

 「さつまいもと生姜の薬膳スイートスープ」の記事はこちら!

ホットクック・レシピ【さつまいもと生姜の薬膳スイートスープの作り方】金運を呼ぶ?春節開運スープ!
金色に輝く甘くておいしいスープです!どこか日本の正月料理の定番「栗きんとん」を思い起こさせる感じ。金塊をイメージした厚切りのさつまいもはキラキラ輝き、中までホクホクとても美味しくいただけます。甘いスープはしょうがが効いていて美味しいです!
スポンサーリンク

ホットクック・レシピ【たらのネギ油蒸し】ワンポイント・アドバイス

  • 普通のタラ(塩たらでない)の場合は、下味で酒大さじ1&塩を1つまみほど両面にふりかけておくと良いです。塩分が気になる方は、出来上がりの味をみて、タラの味が薄かったらしょうゆをお好みでかけても良いです。
  • タラの他にも、金目鯛、スズキ、タイなどでも美味しく作れると教室で教えていただきました。
  • 長ネギの細切りは、約6cmほどの長さに切った後、むきを変えて包丁の背を使ってネギをつぶした後、右端横から細切りすると上手く準備できると教えていただきました。

たらのネギ油蒸し ネギの切り方

  • 盛り付ける前に、器にあらかじめ熱湯を入れたり、水を入れて電子レンジでチンしたりした後、水気をペーパータオルなどで切って、器を温めておくと料理とタレが食べ終わるまで温かいままいただけて良いですよ~

ホットクック・レシピ【たらのネギ油蒸し】材料 2人分

  • たらの切り身:2枚 *酒大さじ1&塩ひとつまみをまぶしておきます
  • 長ネギ(青い部分):1本分(約40g) *長さ6cmほど幅3mmほどに細切り
  • しょうが:ひとかけ(8g)*細いせん切り

◆ネギ油あわせ調味料

  • しょうゆ:大さじ1.5
  • 米油:大さじ1 *普通のサラダ油でもOK
  • 酒:大さじ1
  • みりん:小さじ1

ホットクック・レシピ【たらのネギ油蒸し】作り方

STEP 1: 具材を準備します
  • たらの切り身に酒を大さじ1両面にまぶしておきます。普通のタラの場合は塩をひとつまみふっておくのがおすすめです。

タラに酒をまぶす

  • しょうがを細切りにします。
  • 長ネギを長さ6cm、幅3mmほどに細切りします。
  • ボールに長ネギ、ショウガ、すべての調味料を入れて、お箸で良く混ぜ合わせておきます。

調味料を入れて混ぜ合わせる

STEP 2:鍋に入れてスタート ♪
  • 最初に、たらの切り身を鍋に入れます。

最初にタラを入れる

  • 次に、ボールに合わせておいたネギをすべて入れます。
  • 箸で全体に広げるようにします。

あわせたネギを入れて広げる

STEP 3:スタート ♪
  • ホットクック本体にセットします。
  • まぜ枝は使いません。

たらのネギ油蒸し調理前鍋の中

 

手動で作る → 煮物を作る → まぜない → 10分 → スタート

 

たらのネギ油蒸し操作画面

STEP 4:完成!

出来上がりのチャイムが鳴ったらフタを開けてあらかじめ温めておいた器に盛り付けて完成です。

たらのネギ油蒸し食卓

明日は料理教室で学んだ残りの2品、「長寿八宝スープ」&「ひき肉とザーサイのインゲン炒め」を作る予定です。

今回初めてシャープさんのホットクック教室に参加しましたがとても楽しくて勉強になりました。赤堀先生の本場香港の話もとても興味深く面白くて、あっという間の1時間30分の教室でした!

また次の教室にも参加してみようと思っています!

ケン
ケン

赤堀先生が考案されたホットクックレシピは薬膳的効能があるだけでなく、どれも美味しくて我が家のお気に入りです!他にもレシピがたくさんあるので是非ご参考にしてください!

 「海老としいたけの腸活アジアン春雨蒸し」の記事はこちら!

ホットクック・レシピ【海老としいたけの腸活アジアン春雨蒸しの作り方】完璧な仕上がり!美味しいです!
複雑な味わいでくせになる一品。いったん口に運ぶと箸がもう止まりません。乾燥春雨はちょうど良く蒸しあがっています。具材のひとつひとつに味がしっかり染みていてとても美味しいです。仕上げにレモンまたはレモン汁を使うのが絶対おすすめです。調理時間が15分というところも驚き。あっという間に美味しく出来上がります!

 「しっとりやわらか鶏ハム 2種の発酵タレ添え」の記事はこちら!

ホットクック・レシピ【しっとりやわらか鶏ハム 2種の発酵タレ添えの作り方】漬けこんだだけの価値ある美味しさ!
特製2種類のつけタレでいただくともう最高の味わい!塩こうじと甘酒でひとばん漬け込んだ鶏肉は、そのまま何もつけないで食べてもうまみたっぷり、やわらかく仕上がっていますが、さらに特製ダレにつけていただくと美味しさが倍増します!2種類のつけダレはどちらもまったく違った味わいの温かい和風タレ。食べる直前に調味料にお湯をかけて作ります。簡単にできてとても美味しかったですよ~!

 「タンドーリチキン」の記事はこちら!

ホットクック・レシピ【タンドーリチキンの作り方】我が家今年のクリスマス食卓にノミネートされた美味しくて華やかな一皿!
ナイフとフォークを使ってワインと一緒にゆっくり楽しみました!冷蔵庫で2~3時間漬け込んだ鶏肉の表面はカレーソースの焼けた香ばしさがなんとも言えない美味、中はやわらかくてジューシーです。我が家つけあわせの定番マッシュポテトもホットクックで作ってソースにつけて美味しくいただきました!

 「サーモンとポテトのガーリックバター炒め」の記事はこちら!

ホットクック・レシピ【サーモンとポテトのガーリックバター炒めの作り方】バター醤油との相性抜群!
しょうゆバターとガーリック風味でコーティングされた炒め物。しゃけがふんわり食感で美味しいです。さらにポテトはやわらかくてホクホクの仕上がり。使う調味料の種類も少なくて手軽に簡単に作れる美味しい一品です。

 「じゃがいものアンチョビチーズクリームソース」の記事はこちら!

ホットクック・レシピ【じゃがいものアンチョビチーズクリームソースの作り方】白ワインがおすすめ!濃厚ソースがパンと合います!
アンチョビ風味に包まれた濃厚だけどあっさりしているチーズクリームソースが絶品です。小さめに切ったじゃがいもはくずれることなくホクホクの仕上がり。ソースと良く合います。じゃがいもをひとつ口に運んだら、必ず白ワインをひとくち飲みたくなります。結果いつもよりお酒がすすんでしまいました!

 「黒豆とさつまいもの温活デトックスおこわ」の記事はこちら

ホットクック・レシピ【黒豆とさつまいもの温活デトックスおこわの作り方】秋の味覚いっぱいの上品な一品!
黒豆の香ばしいかおりが口の中に広がります。さつまいもはホクホクな仕上がり、甘くておいしいです。米はうっすらとした紫色に色づいていてとても上品な味わい。塩こうじが素材の甘みと美味しさを十二分に引き出してくれています!体がポカポカ温まる健康的なおこわです。

 「薬膳スパイスチキンカレー」の記事はこちら

ホットクック・レシピ【薬膳スパイスチキンカレーの作り方】くせになる食感!スパイス効能を確かめてから食べるのがおすすめ!
いつものカレーと違って使うスパイスの種類が多いので、それだけでもなんとなくからだに良い感じがしてきます。おすすめは食べる前に、使うスパイスの効能を良く確かめてからいただくこと。するとからだの中に薬膳スパイスの効果が広がる感じがしてきます。

 「ターメリックライス」の記事はこちら

ホットクック・レシピ【ターメリックライスの作り方】カレーとの相性抜群!もちろんそのまま食べても美味しいです。
鮮やかな黄色が見た目にも心地よい美味しいライスが出来上がりました。ほどよくガーリックの風味があってそのまま食べても美味しいです。でもいちばんはカレーと一緒にいただく食べ方!サフランに比べると断然安価で手に入るところも嬉しいスパイスです。1本あれば気軽に何度も楽しめます!

 

2021年9月発売のホットクック新モデル

1.6L(2~4人用)の最新モデルにブラックが登場です!

人気の定番カラー2.4Lタイプ(2~6人用)、最新モデルです

 

この記事を書いた人
Ken

「インドア・エンジョイライフ」をご覧いただきましてありがとうございます。

ブログ名の通り、家の中を中心に楽しく充実した毎日を過ごすための情報を発信しています。

趣味は料理(ホットクックにすっかりはまっています)、海外ドラマ・洋画・洋楽鑑賞、ドライブ、ギター演奏。

現在は、昔からの夢だったドラムを買って練習するためにおこづかいを貯めている最中です!

魚介
INDOOR ENJOY LIFE
タイトルとURLをコピーしました