※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

ホットクック・レシピ【えびとセロリのうま煮の作り方】わずか15分!ごま油の風味豊かな美味しい炒め煮です。

えびとセロリのうま煮アイキャッチ中華料理

我が家の味採点
★★★★☆  調理時間:30分 準備 15分  +  Hot Cook  15分


ケン
ケン

だしを使うので和風味と思いきや、ごま油の風味が豊かで中華料理の趣もある一品。片栗粉のとろみでぜんたいがまろやかに仕上がっていて、とても美味しいです。ホットクックの調理時間が15分と短いのも嬉しいです。おつまみとしても、白ご飯にも良く合います。

セロリと長ネギが中途半端に冷蔵庫に残っていたので、ホットクックで何か作れないか探してみたところ「えびとセロリのうま煮」の公式レシピを発見。

ちょうど冷凍エビも5尾だけ冷凍庫に残っていて、年末に買った乾燥きくらげも残っていたので、「えびとセロリのうま煮」に挑戦してみることにしました。

公式レシピでは、4人分で「えびを12尾」使うようになっています。今回えびは5尾しかなかったので、セロリ、長ネギを公式レシピの半分の量に、きくらげは4人分の量で作ってみることにしました。

調味料も半分にしようと思ったのですが、えび、セロリ、長ネギという具材を考えると、味はしっかり目につけた方が美味しくなるのではと思い、調味料は4人分の量で作ってみました。

結果、美味しいうま煮が出来上がりました!

スポンサーリンク

ホットクック・レシピ【えびとセロリのうま煮】ワンポイント・アドバイス

  • エビに酒をふりかけ少しおいて臭みをとったあと片栗粉をまぶすのがおすすめです。

ホットクック・レシピ【えびとセロリのうま煮】材料 2人分

具材は2人分ですが、調味料は4人分の量で作りました。

◆具材

  • えび:6尾ほど *カラと背ワタをとります
  • 酒:大さじ1
  • 片栗粉:大さじ1/2
  • セロリ:1/2本 *斜め薄切り
  • 白ネギ:1/2本 *斜め薄切り
  • 乾燥きくらげ:5枚 *水でもどしてからせん切りにします。
  • しょうが:ひとかけ *みじん切りにします。チューブ式小さじ1でもOK。

◆調味料(下記は4人分の量です。今回はこの分量で作りました)

  • 酒:大さじ2
  • ごま油:小さじ1
  • 砂糖:小さじ/1/2
  • 塩:小さじ1/2
  • こしょう:少々

ホットクック・レシピ【えびとセロリのうま煮】作り方

STEP 1:具材を準備
  • 乾燥きくらげを水で戻しておきます。
  • えびの殻と背ワタを取って酒約大さじ1をふりかけ5分ほどおき、臭みを取ります。
  • えびに片栗粉をまぶして5分ほどおきます。
  • きくらげ、長ネギ、しょうがを切ります。

えびとセロリのうま煮食材

STEP 2:ホットクック鍋に入れる
  • 最初に、セロリ、長ネギ、きくらげを鍋に入れます。

セロリ、長ネギ、きくらげを入れる

  • 次に、調味料をすべて入れます。
  • 最後に、片栗粉をまぶしたえびを入れます。

えびとセロリのうま煮調理前鍋の中

STEP 3:スタート ♪

メニューを選ぶ → メニュー番号で探す → 番号「217」えびとセロリのうま煮 → 調理を開始する → ス タート

えびとセロリのうま煮操作画面

STEP 4:完成!

出来上がりのチャイムが鳴ったらフタを開けて、器に盛り付けて完成です。
えびとセロリのうま煮食卓

同じくホットクックで作った、「サラダチキン」、「帆立と海苔の柚子胡椒チャウダー」と一緒に美味しくいただきました!

今回は、冷蔵庫の残り物だったので、2人分の具材に、調味料は4人分で作りましたが、味は思っていたほど濃くなく、おいしく頂けました。

公式レシピ通りの分量で作ると、もっとさっぱりと美味しく頂ける感じになると思います。

サラダチキンの記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【サラダチキンの作り方】新機種でも旧機種でも美味しく作れました!
サラダチキンを作りました。ジューシーでやわらかく、とても美味しくできました。調味料は自分好みの調味料で味付けできるのでいろいろな味のバリエーションを楽しめそうです!簡単に出来て2~3日であれば冷蔵庫で保存できるので、これまでに何回も作っています!

帆立と海苔の柚子胡椒チャウダーの記事はこちら↓

ホットクック・レシピ【帆立と海苔の柚子胡椒チャウダーの作り方】海苔の風味豊かな和風チャウダー!
帆立のうまみが口の中いっぱいに広がります。長いもの食感が抜群。仕上げに入れる海苔の風味がたまりません。海苔を入れると不思議と和風味の濃厚なチャウダーに早変わりします。そこに柚子胡椒のピリッとした辛味が味を引き締めてくれる美味しい和風チャウダーです。たくさんできたので2日に分けてたっぷり楽しみました!

お役立ちメモ

ケン
ケン

ホットクック旧型モデルのステンレス製内鍋をお使いの方に朗報です!待ちに待ったホットクックのフッ素コート専用内鍋が別売りで発売スタートしました!

我が家でも、早速購入しました!

これで、鍋底にくっついて困るような料理も気にせず作れるようになります。気になる方は要チェック!

フッ素コート内鍋が家に届いてから3カ月の間使ってみた感想、レビューは、こちらをどうぞ!

ホットクック【ステンレスvsフッ素コート内鍋】3か月使ったレビュー!
この記事では、ホットクックから新発売された「フッ素コートの内鍋」を使い続けてみた感想・レビュー、さらにステンレス製の内鍋で作った場合との比較についてお伝えしています。特に違いのある料理については、写真も使って詳しくご紹介します。

フッ素コート内鍋は、型番の末尾がFBになっています。購入するときは念のため間違えないようにしてくださいね。Fが「フッ素のF」を指します。

1.6L用フッ素コート専用内鍋(型番:TJ-KN1FB)

2.4L用フッ素コート専用内鍋(型番:TJ-KN2FB)

1.0L用フッ素コート専用内鍋(型番:TJ-KN05FB)

 

この記事を書いた人
Ken

「インドア・エンジョイライフ」をご覧いただきましてありがとうございます。

ブログ名の通り、家の中を中心に楽しく充実した毎日を過ごすための情報を発信しています。

趣味は料理(ホットクックにすっかりはまっています)、海外ドラマ・洋画・洋楽鑑賞、ドライブ、ギター演奏。

現在は、昔からの夢だったドラムを買って練習するためにおこづかいを貯めている最中です!

中華料理和食魚介
INDOOR ENJOY LIFE